anone(ドラマ)の主題歌や挿入歌は誰?CD発売や配信開始日情報も!

この記事は3分で読めます

こんにちは!かっぱぺんぎんです。

 

11月ももう半ばとなり、
あと一ヶ月半後には2018年です!
早いなあ~

 

2017年の秋ドラマが今
どんどんおもしろくなっている時期ですが、
早くも2018年の冬ドラマに関する話題が出ています!

次期ドラマの情報って出てくるのが早いですよね~
ちょっとずつ詳細が分かっていくので、
放送が始まる前からワクワクしちゃう(笑)

 

今回はそんな2018年冬ドラマの中から、
広瀬すずさんが主演を務める
「anone」の歌情報についてまとめてみました!

ロケ地・出演者目撃情報はこちらをチェック★

スポンサードリンク

anoneあらすじ

anoneはオリジナルドラマということで、
どのようなストーリーなのか気になる方も
多いのではないでしょうか?

まずはあらすじについて見てみましょう!

 

 

家族を失い、社会からもはぐれてしまった少女。
行き方も見失った彼女が出会ったのは
一人の老齢の女性だった。

それはある事件がきっかけだったーー

 

生きることの意味って?
生きていくことで本当に大切なものは何??

真実の人間愛を見つけていく物語。

 

まだ詳細なあらすじについては触れられていませんでしたが、
感動的なヒューマンドラマになりそうな予感!

「生きることとは何か」

という壮大なテーマのもと、
どのような物語が繰り広げられていくのか注目です!

 

まだ仮のタイトルですが、
「anone」
という意味も気になるところですね。

 

キャストや脚本家は誰?

広瀬すず

anoneの主演を務めるのは、
若手女優で最も勢いがある「広瀬すず」さん!

10代最後の連ドラ主演ということで、
かなり張り切っているようです。

広瀬さんはすべてを失った少女を
どのように演じるのか注目ですね!

 

 

田中裕子

広瀬さん演じる少女が出会う老女の役に選ばれたのは
「田中裕子」さんです!

ドラマ「MOTHER」や「Woman」などにも出演したことがあり、
その存在感や演技力は高く評価されています。

 

今回のドラマでも重要な役を演じるので、
田中さんの演技に引き込まれる視聴者が
続出しそうな予感です!

 

 

坂元裕二

「anone」の脚本を担当するのは、
2017年冬ドラマ「カルテット」の
脚本家でもある「坂元裕二」さんです!

 

私カルテットが大好きだったので、
このドラマが本当に楽しみすぎる。

カルテットはところどころに散りばめられた伏線が
綺麗に回収されて
最初から最後までとても面白いドラマだったので、
今回も期待しています!
水田伸生
演出を担当するのは、
2017年秋ドラマ「先に生まれただけの僕」を手掛けた
「水田伸生」さんです!

 

坂元さんとタッグを組むのは
「Mother」「Woman」に続き3回目!

この二人が手がけるドラマならぜひ見たい!
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

どんな作品に仕上げていくのかが見どころですね!

スポンサードリンク

主題歌を担当するのは誰?曲名は?

「anone」の主題歌情報については
まだ情報がありませんでした。

放送の1ヶ月位前に発表されることが多い印象なので、
あと半月くらいしたら分かるかな??

 

主題歌を担当するアーティストや曲のタイトルについては
分かり次第追記したいと思います!

 

挿入歌のタイトルは?誰が歌っているの?

挿入歌についても発表がまだだったので、
こちらも分かり次第追記したいと思います。

 

主題歌だけでなく、
挿入歌もドラマを盛り上げる
大きな要素の一つなんですよね!

一体どんな人の曲が使われるのか気になる・・・

 

発売日や配信日はいつ?

ドラマに使用される楽曲の発売日などについては
分かり次第追記したいと思います。

多くのドラマ主題歌は放送開始日から1ヶ月くらい後に
発売されることが多い印象。

ドラマがヒットすれば
曲もヒットする可能性があるだけに
発売される日が楽しみですね!

 

 

まとめ

今回はドラマ「anone」に使用される
楽曲情報についてまとめてみました!

とはいえ、ドラマが発表された2017年11月14日時点では
まだ情報が全然ありませんでしたが。。。

 

今後少しずつドラマの詳細が明らかになっていくので、
新しい情報が入り次第追記したいと思います!

一体どのようなドラマになるのか
今から楽しみです♪

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。