青木宣親が可哀そう?ブルージェイズ移籍後の年棒やトレードの理由は?

この記事は3分で読めます

こんにちは!かっぱぺんぎんです。

 

今日から8月です!

もう8月かとただただ驚くばかり・・・
8月は高校野球の夏の甲子園で盛り上がりますよね。

私の住む県でも先日甲子園出場校が決定しました。
優勝目指して頑張れ~!!

 

高校野球もですが、
夏はプロ野球もよく話題になりますよね。

特に今週はトレードや移籍の話を
よく聞きますね。

 

月曜日は日ハムの谷本選手が中日へ金銭トレード、
火曜日はダルビッシュ有選手が
レンジャースからドジャースへ移籍することが発表されました。
関連記事:谷元圭介金銭トレードの金額はいくら?なぜ移籍?

 
ダルビッシュ選手の移籍で盛り上がっている中、
なんとアストロズの青木宣親(あおき のりちか)選手が
ブルージェイズにトレードということも発表
されました!

ダルビッシュに青木に大忙しですね。。。

 

今回は青木選手のトレードについて
まとめてみました!

スポンサードリンク

青木がかわいそうと言われる理由は?

本日2017年8月1日に発表された
青木選手の電撃トレード。

このトレードの発表に青木選手及び
ファンは大きなショックを受けています。

 

まずは青木選手のコメントから、

「まさか自分がそういう風になるとは思っていなかった」

「優勝を目指して頑張ってきたので、残念な気持ちはありますけど、
メジャーリーグではこういうことが起こりえるということは理解しているので、
前向きに頑張っていきたい」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

本人にとって予想外のトレード発表だったことが
このコメントから感じられますね。

今まで頑張ってきたチームからトレードを通告されるのは
非常に辛かったでしょう・・・

 

続いてファンのコメントです

 


出典:Twitter

 


出典:Twitter

 

青木選手のトレードに対する驚きの声、
可哀そうだという声が多く見られました。

首位のチームから下位のチームへの移籍というのが
一番引っかかるようですね。

 

優勝争いをするほどの強豪チームで
優勝を目指して本人も頑張ってきただろうに、
下位のチームへ移籍となると
モチベーションの低下もあるでしょうね。

 

青木選手はメジャーリーグに挑戦してから、
これで6回目の移籍となりました。

2012-13 ブルワーズ
2014   ロイヤルズ
2015   ジャイアンツ
2016   マリナーズ
2017   アストロズ、ブルージェイズ

ほぼ毎年移籍をしていますよね。
青木選手ほどの実力のある選手が
こんなにも頻繁にチームが変わることって
珍しいのではないでしょうか?

 

モチベーションもそうだし、
チームメイトとも打ち解けてきた・・・
という頃に移籍というのは可哀そうですよね。

本拠地がころころと変わるのも落ち着かないですよね。
ブルージェイズはトロント(カナダ)が本拠地なので、
体が慣れるまでが大変そうです。

 

「青木をトレードに出さなければよかった!!」
と思われるくらいの活躍を
今後してもらいたいです!

スポンサードリンク

なぜトレードになったの?誰とトレードされた?

今回のトレードでは、
以下の選手がトレードの対象になりました。

ブルージェイズ:フランシスコ・リリアーノ投手
↑↓
アストロズ:青木宣親、テオスカー・ヘルナンデス外野手

 

青木選手がなぜトレードの対象になったのかは
よく分かりませんでしたが、
今期は以下の成績を残していました。

打率 .272、2本塁打、19打点、5盗塁 

これを見る限り決して悪い成績ではないと
思うんですけどね。

 

メジャーリーグはやることのスケールが
日本と全然違うので、
素人にはよく理解できません。。。

 

年棒はいくらになるの?

青木選手のアストロズでの
2017年の年棒は
”550万ドル”

2017年8月1日時点の為替が
1ドル110.27円なので、
仮にこれで計算すると

約6億円!!

ものすごい金額ですね。
庶民には想像もつかない額です・・・

 

イチロー選手が200万ドル、
川崎宗則選手が50.75万ドル
なので、野手としてはかなり高い方だと思われます。

ちなみにダルビッシュ選手の年棒は1000万ドル、
田中将大選手は2200万ドル
だそうです。

この辺はもう桁違いですね・・・

 

ブルージェイズ移籍後の年棒については
まだ発表されていませんが、
そこでもかなりの額の年棒での契約となるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は青木宣親選手の
トレードに関する記事を書かせていただきました!

昨日の谷本選手の金銭トレードに続き、
こちらも驚きのトレードでした。

世間はダルビッシュ選手のトレードに注目しがちですが、
青木選手のトレードにももっと関心を持つべきだと
私は思う。

 

首位のチームでこれまで頑張ってきたのに、
いきなり下位のチームへ移籍は
あまりにもかわいそう・・・

いったいどういう基準で
トレードに出す選手を決めているのか気になりますね。

 

青木選手はこれまでにも
チームを転々としてきましたが、
そのたびに活躍をすることができる選手なので
ブルージェイズでも頑張ってもらいたいです!

 

青木宣親選手の今後のご活躍を
心よりお祈り申し上げます!!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。