嵐新曲つなぐの振付がかっこいい!どんな動きなの?大野智が担当で話題

この記事は3分で読めます

こんにちは。かっぱぺんぎんです!

 

映画「忍びの国」の主演を、
嵐のリーダーを担当している
大野智さんが演じると決まって
どれくらいの月日がたったでしょうか・・・

 

映画の公開まであと1ヶ月を切り、
楽しみにしているファンはたくさんいると思います。

大野さんは運動神経抜群だし、
どんな忍者アクションを披露してくれるのか
想像しただけでわくわくしますよね♪

 

嵐のメンバーが出演するドラマ・映画といえば、
主題歌も嵐が担当することがほとんどなので、
主題歌となる新曲も楽しみですよね。

 

そして!映画公開まであと2週間に迫った
2017年6月16日に
映画主題歌&新曲の「つなぐ」のMVが
解禁されました!

このMVのダンスがかっこいいと話題になっていますが、
いったいどのような振付なのでしょうか?

スポンサードリンク

大野智が振り付けを担当!

今回発表された嵐の新曲「つなぐ」は、
なんと!大野智さんが振り付けを担当しています!

大野さんと言えば歌もダンスも上手い
オールマイティーな能力の持ち主で、
これまでにも振り付けの担当をしたことがありますよね。

 

今回は自身が主演を務める曲とあって、
かなり気合の入った振り付けとなっています!
動画は貼れないのですが、
まだ見たことがないという人は
MVや歌番組なのでチェックしてみてくださいね!

スポンサードリンク

どんな振り付けなの?

映画のテーマが「忍者」ということもあり、
今回の振り付けもまるで忍者のような
”忍スタイル”となっています。

 

冒頭は印を結ぶところからスタート!
忍者の印ってこんな感じです↓

出典:Twitter

つなぐの振り付けをマスターしたい人も、
忍びの里をより深く楽しみたいという人も
覚えておいて損はありませんよ!

 

そして印を結ぶところからの分身の術!
大野さんが印を結び終わったら
後ろから4人のメンバーが登場!

 

MVでは光と影の効果で
まるで分身の術を使ったかのように見えます。

縦に一列並び、
後ろに並んでいた人がぱっと出てくる
振付はこれまでに他のグループが取り入れることも
あったと思いますが、

印を結ぶところからスタートすることで
忍者らしさが出ていますよね~

この印があるからこそ、
分身の術という演出が完成されているとも
言えますよね!

 

そして、注目すべきはソロのシーン!
煙幕を操るメンバーがかっこよすぎます♪♪

煙幕もまた、忍者要素の一つですよね!

 

櫻井さんを4人が取り囲み、
印を組んだらその4人がぱっと離れるという
振り付けも面白いです!

これも何かの術を表しているんでしょうね。

 

二宮さん、櫻井さん、相葉さんの間を
松本さん、大野さんがすり抜けるように
現れるという振り付けも
今までにない独特の動きですよね。

 

振り付け1つ1つに忍者を感じさせるものが
取り入れられており、
忍を演じた大野さんだからこそ
作ることが出来た振り付け!
といった感じがしますよね。

 

映画のように派手なアクションのような
動きがあるわけでなく、
静かなんだけど力強さやしなやかさがある、
そんな不思議な印象を受けました。
手の動きなんかも細かいんですよね~。

細部までこだわった
大野智の”忍ワールド”が、
「つなぐ」の中で表現されているとも言えます。

まとめ

今回は2017年6月28日に発売される
嵐の新曲&映画「忍びの国」主題歌の
”つなぐ”の振り付けについて記事を書かせていただきました!

 

貴族探偵の主題歌として発売された
「I’ll be there」もカッコいい曲&振り付けでしたが、
それとはまた違ったかっこよさがこの曲にはありますね!

 

難しくてハードなダンスというよりは、
ところどころにこだわりがあるというダンスなので、
真似して踊ってみるのにちょうどいい
難易度かなと思います。

大野さんが振り付けしたダンスって
曲のテーマや雰囲気に合っているだけでなく、
個性もあるので見ている側も面白いし、
思わず踊りたくなりますよね。

芸術家としても活躍する大野さんだからこそ
出来る表現なのかなと思います。

 

新曲の発売日やMVのフルが待ち遠しいですね!
Mステなどでの公開の日も楽しみにしています!

 

スポンサードリンク



この記事を読んだ方にオススメの記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。