便が硬くて出そうで出ないときの対処法!自力で解決するための方法は?

この記事は2分で読めます

こんにちは。

今回は少し汚いタイトルになってしまいましたが、
これを見ていただいているということは
みなさんも同じ悩みを抱えていらっしゃるのではないでしょうか。

はじめにお伝えしておきますが、
これから書くことは全て実体験です。
私は医療関係者でもないただの一般人ですので、
そのことをご了承して頂ければと思います。

スポンサードリンク

便秘になってしまった!

便意を催しトイレへ向かったある日の朝。
そういや久しぶりだな~なんて思いながら
さっさと済ませてしまおうとしていました。

が、なかなか出ない。

便意はものすごくあるのに、便が硬くてなかなか出てこない!
力んでも力んでもちゃんと出ているのか怪しいレベルです。

普段はどちらかというとお腹は緩い方なので、
便秘には慣れておらずちょっとパニックに。

とにかに力んでは休み、力んでは休みを繰り返していましたが、
全くするっと出てくる気配はありません。

しかも半端に出ているので、トイレから出ることもできない始末。
これは困った!

 

便との戦い

この時はすぐに終わるだろうと思って、
スマホのようなネットに繋げれるものを何も持っていなかったんですね。

だからネットから情報収集をすることが出来ず、
自分で何とかしなくてはならなかったのです。

なんとか便を引っ込めて病院に駆け込むか、
どこかの医療関係者に電話してアドバイスをもらわなきゃいけないんじゃ・・・
なんて考えが頭の中を巡っていました。

でもそれは恥ずかしい。できることなら自力で解決したい。

そう思い何度も力みました。
腰をくねくねさせながら力んでみましたが駄目でした。

こうして思いついたのが、
もっとも簡単に行えそうかつできればやりたくない方法でした。

スポンサードリンク

実践編

やりたくないけどやらざるを得ない方法・・・
それは自分で便を掻き出すこと!

これって摘便って言うんですっけ?
本当ならちゃんとした資格がなければやってはいけなかった気がします。

しかし、相手は自分であり、状況が状況なので
そんなの関係ありません。

意を決してトイレットペーパーを厚めに手に取り、
ペーパー越しにおしりを拭いてみました。
少し出かかっている便をぽろっと取ることを意識しながら。

トイレットペーパー越しに伝わってきたのは
ものすごく硬い触感でした。

「え?これ便?こんなに硬いの???」

あまりの固さにパニックになりました。
直腸が飛び出してたらどうしようとか考えました。

それに、あのぬぐい方で出かかっていた便がちぎれたのかも
よく分かりませんでした。

再び力んでみたら、またさっきと同じように
先っぽだけが出て詰まっている感じ・・・

そしてまたペーパーで取る→力む
を4回くらいはやったと思います。

 

自力で解決!

繰り返しているうちに私は思ったのです。

これ、もしちゃんと便が出せたとしても
流した時に紙とか詰まっちゃうんじゃない?

さすがに後処理まで面倒なことになっては嫌なので、
先に1度流すことにしました。

少し腰を浮かせ、体をひねってトイレのレバーをひねって水を流す。
そして再び着席。

すると、おしりの方がさっきまでとは違った感覚に。
さっきまではカッチカチで全くするっと出てくる気配のなかった便が
今なら出てきてくれる気がしたのです。

そこで力んでみると、先ほどまでとは明らかに違います!
少しずつだけど、出ている気がする!

そういや洋式は和式と比べて便が出しにくいって聞いたことあるな
というのを思い出し、
背筋を伸ばしてみたり、腰を浮かしてみたりしていたところ、
無事に排出することに成功したのです。

体感では1時間ぐらいでしたが、実際は30分の戦いでした。

出て本当に良かった!

 

まとめ

こんなにも硬い便秘に苦しめられたのは初めてで、
本当に最悪の事態も想定してしましました。

腸の構造的に考えると、姿勢を変えるというのは有効的だったようです。
便がほぼ引っ込んでいる状態なら立ち上がってもよかったかもしれません。

もう便秘にはなりたくないと思った日でした。
あの日仕事や学校がなくてよかった!!

みなさんも、くれぐれも便秘にはご注意ください。
日頃の生活習慣ってほんと大事です。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。