僕たちがやりました(ドラマ)の真犯人は誰?爆破事件の動機や真相は?

この記事は3分で読めます

こんにちは。かっぱぺんぎんです!

 

6月も既に半分が過ぎ、
残すところあと2週間となりました。

私が住んで着る地域では
6月の初めに梅雨入り宣言があったのですが、
それから全然雨が降らなくて空梅雨気味でした。

 

雨の日が多いと嫌になっちゃうので
これぐらいがちょうどいいなと思っていたら、
今週から天気が悪くなるとの予報が・・・

これから雨の日が続くのかなー
と思うと憂鬱になってしまいます。

なので、楽しいことを考えたいと思います!

 

というわけで!今回の話題は
7月から始まる新ドラマ
「僕たちがやりました」(7月18日スタート火21時~フジテレビ)
についてです!

人気マンガが原作の
逃亡サスペンス物ということもあって、
楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

 

この記事では、
このドラマの重要な部分である
「爆破事件」について書いてきたいと思います。

スポンサードリンク

ドラマのあらすじ

主人公の増渕トビオ
「そこそこ生きていければいい」
と思いながら生活している高校生。

 

ある日、トビオの友人”マル(丸山友貴)”
矢波高校の不良・市橋哲人
ボコボコにされてしまう。

これに対してトビオ、パイセン(小坂秀郎)伊佐美翔
マルの復讐をしようと決意する。

 

そして、トビオたちが用意したのは
威力の弱い小型爆弾だった。

不良たちを驚かせようと思って
計画を実行しようとした当日、
起こるはずのない大爆発を目撃する。

 

こうしてトビオたちは爆破事件の容疑者として
追われる身となってしまい、
彼らの逃亡生活が始まった・・・

 

という、ストーリーです。

トビオたちが小型爆弾を仕掛けたのは事実ですが、
起きるはずのない大爆発が起こったのはなぜ?

ということですね。

 

こういうサスペンス要素のある話は
個人的に大好きなので、
どんな展開になるのかとても気になります!

 

キャストも気になる!

17歳の高校生トビオを演じるのは
なんと28歳(今年29歳)の窪田正孝さん!

アラサーで高校生役が出来るってすごいですよね。
制服姿が良く似合っています。

そしてトビオたちを追う刑事・飯室成男役を演じるのは、
三浦翔平さん!

ドラマの役では32歳という設定ですが、
実年齢は29歳。
窪田さんと同じ年なんですね~

でもドラマ内では15歳も年の差があるという設定です。
この差を感じさせない演技ができるって
俳優さんはすごいですね。

 

また、トビオたちが爆破事件の容疑者となった
きっかけを作ったともいえる
市橋を演じるのは、新田真剣佑さんです。

 

そして、トビオが所属するフットサル部の
個性豊かな仲間を
演じるキャストは以下の通りです。

・マル=葉山奨之
・パイセン=今野浩喜
・伊佐美=間宮祥太朗

 

パイセン役の人ってキングオブコメディの人じゃん!!
って驚きましたが、
これまでに何本も映画やドラマなどに
出演したことがあったんですね。

俳優業もやっているなんて知らなかった~
今回は役作りのために胸毛を全部剃ったそうです(笑)

 

葉山さんのことはこのドラマで初めて知ったのですが、
この髪型がデフォルトではないんですね(笑)

これは役作りのために整えたのか、
ヅラなのか地味に気になります(笑)

 

間宮さんはドラマの予告などを見ていると
メンディーヘアーにしているときがありましたね。

彼らの個性が強すぎるのに対し、
「自分だけ特徴がないので(3人が)羨ましい」
と窪田さんは語っていたそうです(笑)

スポンサードリンク

爆破事件の真犯人は誰?動機は?

「僕たちがやりました」の原作マンガは既に完結しており、
ドラマの内容が原作と全く同じならば、
原作を見ればネタバレとなってしまいます。

ドラマの展開がどうなるかは
まだ分かりませんが、
以下は原作のネタバレです。

まだ知りたくない!
という方は見ないでくださいね。

 

 

 

 

 

ここからネタバレ。

 

大爆発が起こってしまった原因は、
パイセンがプロパンガスの近くに
爆弾を仕掛けてしまったから。

つまり、真犯人というものはなく、
大爆破事件を起こしたのは
トビオたち自身だったのです。

 

しかし、パイセンはプロパンガスの近くに
爆弾を仕掛けた覚えがなく、
トビオたちにそれぞれ300万年を渡すことで
口止めの買収をし、彼らの逃亡生活が始まりました。

 

後に真犯人を名乗るものが現れますが、
それはパイセンの父親が用意したもの。

ホームレスに金を渡し、整形をさせ、
真犯人に仕立て上げたのです。

 

父親がこのようなことをしたのは
息子を守るためではなく、
自分が殺人犯の親になることを回避したかったため。

うーん。これは酷い。

 

結局この爆破事件に真犯人という人は
いなかったということですね。

ちょっとしたイタズラのつもりが
多数の死者を出す大惨事に・・・

原作はなんだかもやっとする最後でした。

 

まとめ

今回はドラマ「僕たちがやりました」
についてまとめてみました!

原作の方では大爆発を起こした原因は
自分たち自身でしたと言う展開でしたが、
ドラマではどうなるのでしょうか。

 

ドラマではトビオたちが原因で大爆発が起きたのではなく、
本当に真犯人がいるという展開なら
先が読めなくて面白そうなんですけどねー。

原作がある作品は
ラストや途中経過が改編されることもあるので、
これからの放送が楽しみです!

スポンサードリンク


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。