液体ミルクの販売開始はいつから?値段やメーカーはどうなる?

この記事は2分で読めます

こんにちは。

みなさんは子育てを経験されたことはあるでしょうか?
赤ちゃんの時は自分の時間を取ることが出来ないくらい大変ですよね。

今は紙おむつやベビーフードなどが開発され、
昔と比べるとだいぶ楽になったかもしれません。

それでも人を育てることに変わりはありませんし、
最近は共働きの家庭も多いので
昔とは違った苦労もあると思います。

さて、今回の話題は「液体ミルク」についてです。
赤ちゃんに与えるミルクと言えば、
母乳か粉ミルクを思い浮かべる人が多いと思います。

では液体ミルクとはいったいどういうものなのでしょうか。
調べてみました!

スポンサードリンク

液体ミルクとは?

液体ミルクとは、既に液状になったミルクのことで
欧米では普及している商品ですが、日本ではほとんど利用されていません。

なぜなら、国内メーカーでは作られておらず、
利用するには海外のものを使わなければならないからです。

今までにも液体ミルク導入に関しては
たびたび話題に挙がっていましたが、結局導入には至っていませんでした。

それが今回、2020年に開催される東京オリンピックに向けて
海外客に対応するためという理由で導入が決定したようです。

日本の子育て環境の向上のためではなく、
海外客のためにというのがひっかかりますよね。
賛否両論のある液体ミルクですが、
まずは日本人のために検討してほしかったです。

 

発売開始はいつから?

液体ミルクの販売開始目標は2020年だそうです。
政府が乳業メーカーに製品開発を促しているようですが、
メーカー側は液体ミルクのための設備投資をしなくてはならないため
慎重に対応する姿勢をとっています。

そりゃオリンピックを見に来る海外の人のために
なんて言われたら慎重にもなりますよね。

海外の方たちが日本に滞在するのはほんの数日でしょうから、
そのためにいくらになるか分からない莫大な金額を投資するとなると
採算が合うかどうかが気になりますよね。

日本人の間でも普及すればいいでしょうが、
液体ミルクはいらないと言われてしまったら損しかしませんもんね。

さらにメーカー側は、「2020年に間に合うという保証はできない」
とも発言しています。

参考:Yahoo!ニュース

なので導入が決定しても、販売開始が2020年以降になる可能性も
あるわけです。

それだともうオリンピックは関係なくなりますよね。
今後どうなるのでしょうか・・・

スポンサードリンク

どのメーカーから販売されるの?

ニュースでは大手乳業メーカーと政府が話し合いをしていると報道されており、
具体的にどこのメーカーが関わっているかということは
現時点(2017年2月2日)では明らかになっていません。

現在粉ミルクの販売を行っている大手乳業メーカーは
・明治
・森永
・雪印メグミルク
などがあります。

おそらく液体ミルクもこのあたりのメーカーから
販売されるのではないでしょうか。

 

値段はいくらくらいになる?

現在日本で販売されている海外メーカーの液体ミルクの価格は
200mL(1パック)で600~800円くらいです。

粉ミルクで200mlのミルクを作ろうとすると、
大体80円くらいで、100円もかかりません。

そう考えると、液体ミルクは割高という印象があります。
日本でもおそらく粉ミルクより高くなるでしょう。

粉ミルクで作る余裕がないくらい忙しい人、
作るのが面倒に感じる人向けの商品になりそうですね。

 

まとめ

液体ミルクの導入の経緯に納得がいかないという人は
多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの体に問題を起こすものでなく、
日本人の育児を助ける商品になってくれればいいのですが・・・

まだまだ販売までにはいろいろな問題が出てきそうですよね。
液体ミルクが育児環境改善につながることを期待しています。

スポンサードリンク



この記事を読んだ方にオススメの記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。