エリザベート・トゥルシンバエワ(フィギュア)の身長やコーチは?画像も!

この記事は2分で読めます

こんにちは。

今日は一日中眠たくて眠たくて、
どうしてもやる気が出ませんでした。

気分転換に外出したところ、
半径数百メートルの範囲しか移動していないのに
だいぶ頭がすっきりしました!

やっぱり部屋にこもっているとよくないですね。
外に出て体を動かして、
新鮮な空気を吸って、
太陽の光を浴びるって大事だなぁと思いました。

 

さて、今回は久しぶりにフィギュアスケートの話題です!
2017年2月16日から四大陸選手権が始まりますね!
その出場選手の中から今回は
「エリザベート・トゥルシンバエワ」選手についてご紹介したいと思います!

他の選手に関する記事はこちら!↓
ガブリエルデールマン

ケイトリン・オズモンド

カレン・チェン

マライア・ベル

エフゲニア・メドベージェワ

アンナ・ポゴリラヤ

マリア・ソツコワ

彼女は一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

エリザベート・トゥルシンバエワ プロフィール

名前:エリザベート・トゥルシンバエワ

生年月日:2000年2月14日(17歳)

出身:ロシア

国籍:カザフスタン

身長:147cm

コーチ:ブライアン・オーサー

出典:フジスケ

先日誕生日を迎えたばかりなんですね。
おめでとうございます!

名前が貴族っぽくて素敵だなーと思いました。
(私の勝手なイメージ)

身長が147cmで、とても小柄な選手です。
それでも高い跳躍力とスピードのあるスケーティングに
定評のある選手であり、
ユース五輪2016では銅メダルを獲得しています。

 

経歴紹介

トゥルシンバエワ選手の主な経歴は以下の通りです。

2012‐2013
ロシアジュニア選手権 13位

2013‐2014
カザフスタン選手権 優勝
トリグラフ杯 優勝(ジュニア)
ガルデナスプリング杯 優勝(ジュニア)
ニューイヤーズ杯 優勝(ジュニア)
世界ジュニア選手権 11位

2014‐2015
カザフスタン選手権 優勝
ネスレ杯 優勝(ジュニア)
NRW杯 優勝(ジュニア)
メラーノ杯 優勝(ジュニア)
ニース杯 優勝(ジュニア)
世界ジュニア選手権 4位

2015‐2016
世界選手権 12位
CSオータムクラシック 優勝
ユースオリンピック 3位
世界ジュニア選手権 5位

2016‐2017
CSオータムクラシック 3位

さすが四大陸選手権に出場を決めただけあって、
多くの好成績を残していますね。
シニアデビューを果たしたのは昨シーズンだそうです。

パーソナルベストは
トータルスコア:183.62
ショートプログラム:64.31
フリー:121.99
であり、いずれも2016年に記録しています。

まだまだ伸びてくる選手なので、
これからの活躍が楽しみですね!

 

出典:Twitter
↑こちらがトゥルシンバエワ選手。
まだ少し幼さが残る感じの容姿で可愛らしいですね。
今後は大人びた演技にも期待できそうです!

スポンサードリンク

コーチや振付師について

トゥルシンバエワ選手の現在のコーチは、
ブライアン・オーサーさんです。

彼は羽生結弦選手やハビエル・フェルナンデス選手の指導も行っているので
ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、トレイシー・ウィルソンさんからの指導も受けているようです。

振付師は、デヴィット・ウィルソンさんと
メアリー・アンジェラ・ラーマーさんです。

ウィルソンさんは多くの日本人選手の振り付けを担当したこともあり、
非常に人気のある振付師です。

今シーズンはどのようなプログラムを披露するのか
とても楽しみですね!

 

まとめ

トゥルシンバエワ選手はジュニア時代から活躍している選手なので、
日本人選手にとって強力なライバルになる可能性が
あるのではないでしょうか?

四大陸選手権ではどんな演技を見せてくれるのか
とても楽しみです!

まだ若い選手ですし、
今後どこまで成長するのかにも注目です。

頑張れ!エリザベート・トゥルシンバエワ選手!!

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。