キュボロの在庫や入荷時期は?類似品はある?藤井四段が遊んだと話題!

この記事は3分で読めます

こんにちは。
かっぱぺんぎんです!

 

みなさんは幼いころによく遊んだ
おもちゃってありますか?

 

私は幼稚園くらいまでは
レゴでよく遊んでいた記憶があります。

ですが、誰でも作れるような
ありきたりなものか、

理解に苦しむような
謎の物体しか作ることが出来ず、
当時から芸術系分野の才能が
なかったように感じます。

 

今でも幼稚園~中学生の時に
図工や美術の授業で作った
作品を見るのが恥ずかしいです。

どうしてこうなった。。。

 

さて!今回の話題は、
現在大活躍中の天才棋士、
藤井聡太四段が幼少のころ遊んだ
パズルについてです!

このパズルの商品情報について
まとめてみました!

スポンサードリンク

藤井四段が遊んだパズルとは?

藤井四段の事がニュースになるたびに
3歳のころよく遊んでいたパズルのことも
取り上げられます。

彼が幼いころどうやって育てられてきたのか、
家族はどんな人なのか
みんな気になりますよね。

 

史上最年少でのプロ棋士というだけでも
注目度が高いのに、
次々と記録を樹立していく姿を見て、

「自分の子供も藤井四段のようになってほしい!」

と思う親もいるのではないでしょうか。

 

幼いころに受けた教育の影響って
成長するにつれ出てきますよね。

特に頭を使うパズルや、
読書なんかは脳を活性化させるのに
有効ってよく聞きます。

このパズルが藤井四段の知能発達に
貢献したといってもいいのではないでしょうか。

 

藤井四段が夢中になって遊んだという
パズルについてチェックしてみましょう!

 

藤井四段の生い立ちや家族に関する記事は
こちらをご覧ください↓
藤井聡太の年収や出身校は?両親や成績についても!

 

キュボロの購入方法や値段は?

藤井四段がよく遊んでいた立体パズルは、
スイスのキュボロ社が販売している
”Cuboro(キュボロ)”です。

自分で好きなようにパズルを組み立て、
ビー玉を転がして遊ぶというおもちゃです。

 

仕組みは簡単ですが、
どうやって組み立てよう?
と、非常に想像力を鍛えられるおもちゃです。

幼児の教育にはもちろん、
大人でも楽しく遊べるおもちゃです。

 

キュボロと言ってもいろいろと種類があるようで、
一番人気のスタンダードは約35,000円

”トリッキーウェイ”というタイプのものは
9,720円
でした。

結構高いんですね~

 

もともと高いのか、
今回の需要増で高くなっているのか
分かりませんが、

なかなか高価なものであるということは
間違いなさそうです。

 

子どもの教育に良いとはいえ、
これだけの値段をするものを購入するのは
厳しい!

という方もいると思います。

というわけで、類似品を探してみました!

スポンサードリンク

キュボロの類似品はある?

キュボロの類似品がないか探してみたところ、
いくつか発見!

まずは1つ目、くもん出版のくみくみスロープです。
3歳から遊ぶことが出来ます。
こちらは約3,500円でした!↓

2つ目はサントイの”ビー玉積み木転がし”です。
3歳から遊ぶことが出来ます。
価格は7,300円でした。↓

似たような発想のおもちゃって
結構ありました。

見た目はキュボロが一番スタイリッシュな
感じがしますが、

カラフルな方がいい!安い方がいい!
という方は類似品の購入を
検討してみてはいかがでしょうか?

 

在庫状況は?次の入荷はいつ?

藤井四段がこのパズルで遊んでいたと
話題になったため、
キュボロは売り切れが続出しました。

現在でも入荷待ちの状態が
続いているそうです。

 

キュボロの購入予約はできるようになっていますが、
早くても2018年1~3月ごろ入荷・販売
となっているようです。

今後藤井四段のさらなる活躍により
ますます入手困難になる可能性があるので、
欲しいと考えている方は
早めに予約をした方が良さそうです。

 

並行輸入品の場合は
すぐに購入が出来るようですが、
値段が割高になっているので、
購入する際はよく検討した方が良さそうです。

 

藤井四段は将棋の実力だけでなく、
語彙力の高さや落ち着いた雰囲気なども
評価されていますよね。

まだまだ藤井フィーバーは続きそうな予感です!

藤井四段が遊んだもの、使ったものは
またすぐに売り切れになってしまう可能性が高いので、
要チェックです!

 

まとめ

今回は藤井四段が幼少のころ遊んだおもちゃ
キュボロと類似品についてまとめてみました!

半年以上先まで入手できないって
すごい人気ですよね~。

キュボロ社も日本でこんなにヒットするなんて
思わなかったのではないでしょうか。

 

このおもちゃって楽しそうだから、
大人でも遊んでみたいな~
と思ったのは私だけですかね?(笑)

藤井四段のように
一日中遊び続けるというのは
難しいかもしれないけれど・・・

 

そう考えると、
やはり彼の集中力がいかにすごいものかというのが
幼少のころの話を聞くだけでも
分かりますね。

 

パズルの組み方でビー玉がどう動くか
という考え方や、
1つのものに対する集中力が
このおもちゃで培われたのでしょうね。

 

それにしても、有名人パワーってすごいですね。
そのうち藤井四段が関わったものや
監修したものがめちゃくちゃ売れる!

なんてことが起こりそうです。

藤井四段がどこまで強くなっていくのかにも
注目したいですね!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。