深瀬欽吾(オカリーナおじさん)の年齢-年収は?CDやイベントについても

この記事は3分で読めます

こんにちは。

 

人気番組”マツコの知らない世界”が

2016年12月27日に”マツコの知らなすぎる世界”として

24時10分~25時40分の深夜に放送されます。

 

なんでもマツコさんからの提案で

深夜に放送することになったとか。

 

予告だけでもディープすぎる世界を取り上げるんだな

ということがひしひしと伝わってきます。

 

そこで今回はこの放送で取り上げられるテーマの一つである

”オカリーナおじさんこと深瀬欽吾”さんについてご紹介したいと思います!

 

同日放送された『エスカレーターの世界』の”田村美葉”さんについてはこちら♪↓

田村美葉(東京エスカレーター)の年齢-年収は?大学や結婚についても!

 

第三弾”換気扇と人生を歩み続ける鍼灸師”はこちら♪

村上淳一(換気扇-鍼灸師)の鍼灸院はどこ?年収や結婚についても!

スポンサードリンク

プロフィール・経歴

名前:深瀬欽吾(ふかせ きんご)

生年月日:昭和32年3月8日(59歳)

出身地:広島県

愛称:オカリーナおじさん

 


深瀬さんが音楽の世界に足を踏み入れたきっかけは

幼稚園の時に始めたピアノでした。

 

中学からはフルートに転向し、

その後フルートメーカーの”プリマ楽器”に入社。

これがオカリーナとの出会いのきっかけでした。

 

得意なジャンルはポップスです。

ポップスを吹かせると右に出るものはいないくらいの

ニュー・ミュージック・オカリーナの騎手

と言われています。

現在オカリーナ歴45年の大ベテランです。

 

オカリナとオカリーナの違い

”オカリーナおじさん”

と聞いた時、

「”オカリナ”と”オカリーナ”って別物なの?」

と思いませんでしたか?

 

私はこの疑問を抱いたので、何が違うのか調べてみました!

 

その結果…

オカリナ:「Ocarina」を日本語読みにしたもの

オカリーナ:「Ocarina」をイタリアの発音に近くしたもの。

 

つまりは、どちらも同じということです。

「Ocarina」は元々イタリア語なので、

それを日本風呼ぶかイタリア風に呼ぶかの違いだったんですね。

 

メーカー・製作者によって呼び方はバラバラで、

統一化はされていないようです。

 

年収はどれくらい?

深瀬さんはプリマ楽器の社員だけでなく、

読売日本テレビ文化センター横浜オカリーナ講師として

活動しているとの情報がありました。

また、オカリナの演奏者としてイベントに参加したり、CDを発売してます。

 

講師のお給料は、一般的にはあまり高くはなく、

むしろ安い場合のほうが多いそうです。

だいたい受講料の30-40%と言われています。

 

現在の深瀬さんの講座の情報を探してみたのですが、

見つけることができませんでした。

 

イベントでの演奏や教室を

中心に活動されているのかもしれません。

なので年収については全く予想できず。。。

ごめんなさい。

 

しかし、自分の好きなことをしてお金がもらえるっていいなーと思います。

 

でも深瀬さんはきっとお金にこだわらず

自分の好きなオカリーナを広めることを

生きがいにしているのではないかなと思います。

スポンサードリンク

CDについて

深瀬さんは現在、

『マシュケナダ』(2,913円+税)というCDを出しています。

「未来予想図」や「卒業写真」などの

みなさんも聞いたことのある曲が全11曲収録されています。

 

オカリーナの魅力をもっと知りたいという方は

一度聴いてみてはいかがでしょうか?

 

イベントについて

深瀬さんは全国各地で行われる

オカリーナのイベントに出席されることが多いです。

 

今まで気にしたことなかったんですが、

意外とオカリーナの演奏イベントってあります!

 

今後のイベント情報は見つけられなかったのですが、

最近では2016年10月の福岡音楽の秋フェスティバルに

出演されています。

 

これから出演情報が出てくるかもしれないので、

気になる方はチェックしてみてください!

 

まとめ

「オカリーナおじさん」こと深瀬欽吾さんについて

まとめてみました!

 

不確かな情報が多くてごめんなさい…

しかし、今回のテレビ出演によって

これからどんどん情報が増えてくるかもしれません!

 

みなさんもこれを機に

オカリーナの魅力にはまってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。