GW東名高速道路渋滞予測2018!ピークの日時はいつごろ?

この記事は3分で読めます

こんにちは。かっぱぺんぎんです!

 

※本記事では2017年の情報を掲載しています。
2018年の情報は分かり次第更新いたします。

 

もうすぐゴールデンウィークですね~
みなさんはゴールデンウィークの予定は決まっていますか?

今年は5月1日と2日に休みを取ることが出来れば、
9連休になりますが、
こんなに休みを取れる人って
どれくらいいるんだろう・・・

 

前半と後半で分けたとしても、
後半は5連休にできる可能性があります。

ここで長期休暇を取ることが出来る人は、
遠くへお出かけしたい!!
と考えるのではないでしょうか?

これだけ休みがあれば、
いろいろなところへ行けますもんね~

 

移動には高速道路を利用するという方も
多いと思いますが、
どのくらい渋滞・混雑するのだろう?
ということが気になりますよね。

 

今回は、東名高速道路の渋滞予測について
記事を書いていきたいと思います!
ゴールデンウィーク各道路の混雑予想はこちら↓
中央自動車道

関越自動車道

新東名高速道路

名神高速道路

九州自動車道

スポンサードリンク

GW渋滞のピーク日時は?

目的地に早くたどり着くためには、
信号がなく、ほぼ真っすぐ走ることが出来る
高速道路が便利ですよね!

しかし考えることはみんな同じで、
その結果渋滞に・・・

 

渋滞にはまらないようにするためには、
ピークを避けることが必須です。

今年の東名高速道路の渋滞ピークについて
まとめてみました。

 

渋滞ピーク日時予想ランキング

上り(東京IC方面)

1位 5月5日(金) 17時ごろ 大和TN付近 40km

2位 5月4日(木) 18時ごろ 大和TN付近 35km
5月6日(土) 17時ごろ 大和TN付近 35km

4位 4月30日(金) 17時ごろ 大和TN付近 25km

※TN=トンネルという意味

 

5月5,6日は昼前~深夜まで渋滞が発生すると予想されています。
早朝が比較的空いています。

また、5月3日は大和TN付近が午後、
東京ICおよび岡崎IC付近では午前中に
10~15kmの渋滞が発生すると予想されています。

 

 

下り(小牧IC方面)

1位 5月3日(水)   7時ごろ 伊勢原BS付近 35km
5月4日(木)   7時ごろ 伊勢原BS付近 35km

3位 5月5日(金)   7時ごろ 伊勢原BS付近 25km

4位 5月3日(水)   8時ごろ 尾西BS付近(名神高速道路)   20km
        

※BS=バス停という意味

 

下りは5月3日~6日の間、早朝から昼頃にかけて
渋滞が発生すると予想されています。

5月3日の伊勢原BS付近は午前4時ごろから渋滞が
発生する可能性があり、
約半日は渋滞があることを覚悟しておいた方が良さそうです。

 

渋滞予想のデータは、
日本道路交通情報センターより引用させていただきました。

さらに詳しい情報を知りたいという方は、
こちらをご覧ください。↓
日本道路交通情報センター 東名高速道路 http://www.jartic.or.jp/guide/yosoku/index1.php

スポンサードリンク

渋滞を避けるにはどうすればいい?

渋滞を避けるための方法として考えられるのは、
ピーク時間帯に高速道路を利用しないことです。

ピークを避けるには早朝が狙い目ですが、
東名高速道路の下り場合、
5月3日は早朝にピークが発生するので、
例外となってしまします。

 

混雑しない日に出かけることが出来れば
一番いいのですが、
多くの人がゴールデンウィーク開始日となる
5月3日から出かけたいと思うので、
それも難しいですよね。

 

もしも高速道路にこだわらないというのならば、
一般道を利用するのも1つの手です。

信号があるので面倒ですが、
高速道路の渋滞に巻き込まれた場合
なかなか進むことが出来ないので、
所要時間はほとんど変わらない可能性があります。

 

また、渋滞が発生しやすいエリアを避けて、
空いているエリアから高速に乗るというのも
1つの手ですね。

新東名高速道路は東名高速道路と比較して
空いているので、
こちらで問題がなければ新東名を利用するのも
いいかもしれません。

 

まとめ

今回はゴールデンウィークにおける
東名高速道路の渋滞予想について
記事を書かせていただきました!

 

首都圏は人が多いので、
高速道路も渋滞しがちになりますよね。

とはいえ新幹線もチケットが取れないくらい
混雑しますし、
長期休暇に多くの人と同じ行動をしようと思ったら
避けられないことですよね。

 

もし渋滞にはまってしまった場合、
なかなか動けず長時間車内で過ごすことになるので、
熱中症対策をしておいてくださいね。

 

みなさんの旅がいいものでありますように!
お気をつけて!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。