浜松城公園花見の場所取りおすすめや見所は?トイレもチェック!

この記事は3分で読めます

こんにちは。

 

今日は天気予報をよく確認せず洗濯をし、
干そうと思ったらなんだか曇っていた。。。

雲が薄そうなので、
そのうち晴れるだろうと思い、
構わず外に干したのだけれど
今日の予報は曇りのち雨だった!

 

室内用物干しを出すのが面倒なので
現在も外に干しっぱなしなのですが、
雨が降る前に乾くかな?

部屋干しするのも
乾燥機にかけるのも面倒なので
乾け~!と願うばかりです(笑)

 

さて、今回の話題は
浜松城公園のお花見についてです!

 

見頃やアクセスについてはこちら↓
浜松城公園の桜の見頃やアクセスについて!

 

ライトアップと屋台についてはこちら↓
浜松城公園ライトアップと屋台の期間は?

 

この記事では、
場所取りについて書いていきたいと思います!

スポンサードリンク

どこでお花見するのがおすすめ?

浜松城公園は桜と浜松城を同時に
観賞できるのが魅力的な
お花見スポットです。

 

お城と桜の組み合わせっていいですよね~
日本ならではの風情ある景色です。

桜の咲く時期にしか楽しめないからこそ、
ベストポジションでお花見をしたいですよね!

 

お花見をするのにおすすめの場所を紹介します♪

 

日本庭園

滝・四阿・池を観て回ることが出来る
深山式回遊型の日本庭園です。

春は枝垂れ桜の鑑賞を楽しむことが出来ます。

秋の紅葉も綺麗ですよ♪

 

中央芝生広場

敷地は約7,000㎡!

桜と浜松城の両方を
のんびり眺めながらの花見が楽しめます。

子どもたちの遊びの場としても最適ですよ♪

 

こちらは場所が広いということもあり、
大人数での花見のための場所取りを行う人も
出てきます。

 

早朝から場所取りをする人もいますが、

絶対にいい場所が取りたい!
大人数で利用したい!

という場合でない限りは、
焦って場所取りをしなくても大丈夫なようです。

 

また、場所取りは禁止されていませんが、
ブルーシートを敷いた場合、無人はNG
となっています。

必ず誰かがいるようにしましょう!

 

若き日の家康公像

天守門・天守閣の東側の本丸の位置には
若き日の家康公像があります。

桜をバックに像の撮影をすることが出来ます。
シャッターポイントとしておすすめです♪

スポンサードリンク

桜以外にもお楽しみが?!

石垣の秘密

浜松城の石垣には
あるものが隠れていることを
皆さんはご存知でしょうか?

 

それは

「ハート型の石」

です。

 

意図して取り入れられたわけではなく、
偶然ハート型に見えるだけだと思いますが、
面白いですよね(笑)

 

このハート型の石は
天守台の石垣に2つ隠れています。

せっかく浜松城までこられたのならば、
こちらも探してみてはどうでしょうか?

見つけることが出来れば、
恋愛が成就するというジンクスもあるようですよ♪

 

家康くんに会える?!

浜松市のご当地キャラクターとして
親しまれている
「出世大名 家康くん」

 

毎週日曜日に浜松城にて
家康くんに会える可能性があるんですって!
(雨天の場合は天守閣内に登場)

 

さくらまつり期間中は日曜日以外も登場する
可能性があります。

詳しい情報は家康くんの
公式TwitterやFacebookをチェックしてみてください!

 

トイレの場所もチェック!

急にトイレに行きたくなった時、

トイレがどこにあるのか分からない!

なんてことにならないように、
事前にトイレの場所を確認しておきましょう。

 

こちらが園内マップです↓

2017-03-13

出典:浜松城公園 園内マップ

浜松城に1カ所、
浜松城公園に1カ所、
浜松城公園駐車場に1カ所、
その他2カ所

にトイレがあります。

 

お花見シーズンは混みあうことが予想されるので、
水に流せるティッシュを持参しておくと
安心だと思います!

 

まとめ

浜松城公園付近のおすすめ花見スポットは

・日本庭園

・中央芝生広場

・若き日の家康公像前

です。

場所取りはそれほど混雑していないとの
情報がありましたが、

確実に撮りたいという場合は
早めの行動がいいでしょう。

 

また、お花見以外にも
石垣のハートの石探しや、
家康くん出現などを楽しむことが出来ます。

 

トイレの場所は計5カ所!
事前にチェックしておくと
いざというときに安心です!

 

みなさんが浜松城公園で
楽しいお花見ができますように♪

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。