東山動植物園で鳥インフルエンザ!感染は大丈夫?開園・休園状況は

この記事は2分で読めます

こんにちは。

 

イケメンゴリラのシャバーニで有名な

名古屋市にある「東山動植物園」

ご存知の方も多いのでは?

 

私はここの動植物園が好きで、

年に数回行きます。

たまーに、動植物に癒されたくなるんですよね。

 

今回はその東山動植物園で衝撃的なニュースが流れました。

 

それは、

 

「コクチョウが鳥インフルエンザ感染」

 

今園がどうなっているのか気になっているという人も

多いはず。

 

今回は現在の東山動植物園の状況をお伝えします。

スポンサードリンク

発覚したのはいつ?

飼育されているコクチョウのうち、

1羽の元気がないのを職員が発見。

検査の結果、鳥インフルエンザの陽性反応が出ました。

そのコクチョウは12月6日夜に死亡しました。

 

鳥インフルエンザがまさか名古屋で出るなんて

びっくりですね・・・

しかも有名な動植物園での発覚だったので、

より衝撃が大きかったです。

 

園の対応は?

12月7日の早朝に園内の消毒が行われ、

通常通りに開園されました。

入場の際には、手や靴の消毒をするように指示されます。

一部の鳥の飼育エリアは立ち入り禁止になっています。

 

入園者数に変化があったかはわかりませんが、

本日も入園されている方はいらっしゃいましたね。

 

東山動植物園に行く予定があった方は

これからの情報に注意してくださいね。

 

現在、今回発覚した鳥インフルエンザに関して

詳しく調査中ですが、

もしも今回の鳥インフルエンザが高病原性であった場合は、

休園するそうです。

 

また、東山動植物園だけでなく、名古屋市内にある

鳥と触れ合うことができるイベントは現在中止されています。

 

高病原性鳥インフルエンザとは、

致死性と感染力が高く、個々の場所だけではなく、

広範囲にわたって影響を及ぼす恐ろしいものです。

スポンサードリンク

私たちが気を付けるべきこと

鳥インフルエンザは、人には感染しないといわれています。

しかし、ウイルスの変異によって、

人にも感染する可能性があります。

 

手の消毒、手洗いうがいをしっかりしましょう。

 

まとめ

今回発生した鳥インフルエンザ、場所が場所だけに

周囲への影響が心配されます。

 

発生源はどこだったのかというのも気になりますね。

もしも野鳥が原因だとしたら、

これからどんどん被害が拡大する可能性もあるので・・・

 

他の飼育されている動物への影響ももちろんですが、

名古屋コーチンや鶏卵など、食の面でも

心配されます。

 

東山動植物園のファンは多いと思いますし、

大事にならないことを祈るばかりです。

 

一日も早く今までと変わらない、

東山動植物園に戻るといいですね。

 

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。