ICBMとは何?北朝鮮ミサイル問題で今後はどうなる?アメリカとの関係は?

この記事は3分で読めます

こんにちは。かっぱぺんぎんです!

 

今日は台風に北朝鮮のミサイルに、
自然も人間も荒れに荒れていますね。

いったいこれからどうなってしまうのか・・・
と心配している方も多いはず。

 

午前中だけでも慌ただしかったのに、
なんと北朝鮮が4日午後3時30分から
特別重大報道をするとの予告が!!

ミサイルが発射されたばかりだというのに、
一体どんなことを語るのか・・・
と、注目を浴びました。

 

そして、発表されたのは
「ICBM発射に成功」
というもの。

 

このICBMが一体何なのか
疑問に感じた方もいらっしゃると思います。

というか、私です。

 

今回発表された、
北朝鮮のICBM問題について
まとめてみました!

スポンサードリンク

ICBMとは?何の略なの?

「ICBM」とは、

”Intercontinental Ballistic Missile”
の略で、

「大陸間弾道ミサイル」
という意味です。

 

その名の通り、大陸と大陸との間を
飛ぶことが出来るミサイルを示しており、

5,500km以上の有効射程があるものが
(アメリカとソ連の最短距離)、
ICBMと呼ばれます。

 

北朝鮮のICBMで有名なものは、
”テポドン2号”ですね。

これまでに何度も打ち上げが発表されては
失敗したとの報告がありました。

 

今回発射に成功したと発表されたICBMは
「火星14」と呼ばれるもので、

今回の飛行距離は約930キロと言われています。

 

しかし、通常の角度で発射されれば
飛行距離は7000~8000キロ以上となり、
アメリカ本土にまで届く
分析されているようです。

 

北朝鮮のミサイルって
ほとんど失敗しているイメージでしたが、
いつの間にかこんなにも技術を進歩させていたんですね・・・

 

 

ICBMという言葉を今回聞いたとき、
もしかしたら初音ミクの
”千本桜”という曲を思い出したという方も
いらっしゃると思います。

歌の中の世界だけのものかと思いきや、
まさか北朝鮮が実現してしまうとは。。。

 

今後も北朝鮮関連のニュースは
用心しなくてはいけませんね。

スポンサードリンク

アメリカと北朝鮮の関係はどうなる?

ミサイルが発射された7月4日は、
偶然なのか、狙ったのかアメリカの独立記念日でした。

ただ、ミサイルが発射された時、
アメリカではまだ7月3日だったようですが・・

 

ミサイルは日本にとっても脅威ですが、
アメリカもこの発表を聞いていい気分はしないでしょう。

しかも今のアメリカ大統領は
トランプ大統領ですからね。

彼もまた北朝鮮の挑発に対して
どんな行動に出るか分からないので
恐ろしいものです。

 

ちなみに、今回のミサイル発射に対して
トランプ大統領は

「この男(金正恩総書記)は他にやることがないのか」

と厳しい批判と怒りをあらわにしています。

 


出典:Twitter


出典:Twitter

Twitterでコメントを出すというところが
時代の流れを感じますね。

 

さらに、トランプ大統領は
北朝鮮に対して不法な取引をしていた
中国に対しても不満を口にしています。

 

今後アメリカと中国・北朝鮮の関係は
さらに悪くなっていきそうです。
今回のミサイル発射で円高になったり、
日本に経済的な影響も発生することが
既に分かっています。

これからどうなってしまうのでしょうか・・・

 

まとめ

昔は飛翔体が発射されるたびに
「あれはミサイルではない、ロケットだ」
と主張していた北朝鮮ですが、

最近はそのようなことを言うこともなく、
堂々とミサイルを発射していますね。

 

いったいこの国は
何がしたいのだろう。。。

 

今年は本当に北朝鮮のミサイル関連の
ニュースが多いですよね。

2017になって半年が経ちましたが、
年末にはどうなってしまっているのか不安ですね。

 

日本ではミサイルに関するCMが流れるようになったし、
かと思えばミサイルが発射されても
Jアラートは鳴らないし、
北朝鮮に関する問題は山積みのようです。

関連記事:Jアラートが鳴らない理由は?受信設定方法も確認!

 

ミサイルに脅えることのない、
平和な世界になって欲しいと願うばかりです。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。