木原万莉子(フィギュア)のプロフィール-経歴は?難病や大学についても

この記事は2分で読めます

こんにちは。

 

女子フィギュアスケートはジュニアの選手の活躍が目立ちますが、

シニアでも頑張っている選手がいます。

 

今回は「木原万莉子」選手についてご紹介したいと思います。

 

この選手は難病を乗り越えて、競技者として復活した選手です。

彼女がどんな人生を歩んできたのか?

ぜひ注目してみてください。

スポンサードリンク

プロフィール・経歴

プロフィール

名前:木原万莉子(きはら まりこ)

生年月日:1997年9月4日(19歳)

出身地:滋賀県

身長:158cm

コーチ:ブルーノ・マルコット、ニコラス・ヤング、イヤン・コノリー、シルヴィ・フラン

振付師:トム・ディクソン、ジュリー・マルコット

7歳の時に見たアイスショーをきっかけに

フィギュアスケートを始め、

小学6年生の時にアクセルを除く

5種類の3回転ジャンプをマスターしています。

 

幼いころから実力をもった選手だったんですね!

経歴

2012-2013シーズン

全日本ジュニア選手権 10位

 

2013-2014シーズン

全日本選手権 8位

プランタン杯 優勝

全日本ジュニア選手権 4位

 

2014-2015シーズン

全日本選手権 8位

ババリアンオープン 優勝

ジュニアグランプリシリーズ

・B.シュベルター杯 6位

・チェコスケート 4位

 

2015-2016シーズン

全日本選手権 10位

GP NHK杯 10位

CSネーベルホルン杯 6位

トリグラフ杯 優勝

 

2016-2017シーズン

CSオータムクラシック 5位

 

昨シーズンのGP NHK杯と、今シーズンの試合で

パーソナルベストを更新しており、

まだまだ上位が狙える選手です。

今シーズンはどのような成績を残すのか楽しみですね!

スポンサードリンク

病気について

現在は競技生活を送っている木原選手ですが、

中学一年生の時に「大腿骨頭すべり症」という難病を患っていた過去があります。

そのため、一時は選手生命が絶たれる危機にあったのです。

 

2年後には病気を克服し、再びフィギュアスケートができるまでに回復しました。

木原選手を襲ったこの病はどのようなものなのでしょうか?

 

大腿骨頭すべり症について

大腿骨頭すべり症とは、大腿骨の成長板が股関節から離れてしまうことです。

 

肥満症の思春期の男児に起こりやすいと言われていますが、

原因は不明です。

 

初期症状は、股関節に軽い痛みが出ること。

悪化していくと痛みがももの内側から膝にまで拡がります。

放っておくと大腿骨頭に血液が行き渡らなくなり、壊死を起してしまいます。

 

この病気が発覚した場合は、手術による処置が必要になります。

大腿骨頭のずれを直し、金属製のピンで固定します。

術後は数週間~2ヵ月間、安静にしていなければなりません。

 

説明だけで恐ろしい病気だということが伝わってきますね。

フィギュアスケートができるようになるまで回復して

本当に良かったです。

 

大学について

木原選手は同志社中学・高校を卒業しており、

2015年4月に同志社大学スポーツ健康科学部に入学しています。

 

しかし、今はカナダのモントリオールに拠点を置いて

フィギュアスケートの練習に専念しており、

大学は休学中とのことです。

 

まとめ

難病にも負けずに、フィギュアスケーターとして努力を続ける

木原選手、かっこいいですね!

 

19歳ですが、まだまだ成績を伸ばしている選手なので、

今シーズンもどうなるかとても楽しみです!

 

頑張れ!木原選手!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。