久保俊治の年収や家族は?!経歴情報も!猟師ってどうやってなるの?

この記事は4分で読めます

こんにちは。

 

みなさんは命がけで
何かをやったことがあるという
経験はありますか?

私はありません。
ぼーっとしていてもなんとかなるような、
ぬるい人生を送っています。

 

「命の危機を感じる体験したら、人生が変わった」
ということを
テレビやネットで聞いたことがありますが、

なんらかの刺激を受けるということは、
力強く生きることに影響するのかなと
思います。

人生って、いろいろと
考えさせられますね。。。

 

さて!今回の話題は
2017年4月17日に放送される

「プロフェッショナル 仕事の流儀」(月曜22時25分~NHK)
に出演する

「久保俊治」さんについてです!
彼は一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

久保俊治プロフィール・経歴

名前:久保俊治(くぼ としはる)

生年月日:1947年生まれ 69歳 ※2017年4月時点

出身:北海道小樽市

出典:情熱大陸

久保さんは狩猟歴41年の大ベテラン猟師です。

狩猟に興味を持つきっかけとなったのは、
趣味が狩猟だった父からの影響だったそうです。

 

20歳の時に銃の所有許可証を取得し、
小樽商科大学卒業後は
猟師になることを決意しました。

そして、ヒグマ猟師として生きるため、
知床半島への移住をしました。

 

1975年にはアメリカへ留学しており、
「アウトフィッターズ・アンド・ガイズ・スクール」
という狩猟ガイド養成学校に、
東洋人初の学生として入学しました。

 

帰国後は北海道標津町で牧場を経営しつつ、
狩猟も行っています。

 

猟師さんって、狩猟以外のお仕事をするものなのですね。
特に久保さんがターゲットにしているヒグマは、
命がけの狩猟となるので、
こちらに専念するものばかりだと思っていました。

 

私は北海道に行ったときに
動物園でヒグマを見たことがありますが、
ガラス(?)越しでもかなり怖かったですね。

この生物に立ち向かっていこうとする人がいるなんて、
敬意を示さずにはいられません。

 

狩猟のこだわり

久保さんはヒグマの狩猟を行う際、
こだわっていることがあります。

それは、クマと1対1で向き合うということ。

このやり方は40年以上にわたって行っており、
「対等な関係でありたい」
という思いが理由なんですって。

 

通常のヒグマの猟は、
7~8人程度で行うものなんだそうです。

それを考えると、1人で行動するのが
いかに勇気のいることかということが分かりますね。

 

確か、「三毛別羆事件」で
ヒグマを仕留めた猟師も、
単独行動でしたよね。

孤高の猟師って、
私たちには想像もできないような
精神力と体力の持ち主なのでしょうね。

凄すぎます・・・

 

久保さんの半生を書いた
「羆撃ち」という本が出版されているので、
気になる方はチェックしてみてください。↓

出典:楽天ブックス

スポンサードリンク

家族について

久保さんは結婚しており、
2人の娘にも恵まれています。

奥さんは2006年に亡くなっており、
現在は一人で暮らしているそうです。

 

現在30代の長女「深雪」さんは
久保さんのドキュメンタリー番組に出演した経験があり、

「大草原のみゆきちゃん」という
ドキュメンタリービデオが発売されているようです。

 

私は今回のプロフェッショナルで
久保さんの事を初めて知ったのですが、

かなり前から久保さんの生き方は
注目されていたんですね。

しかも、家族も一緒にピックアップされて
ドキュメンタリー化されているなんて
びっくりです。

 

今後も久保さんの人生は
注目され続けそうですね。

 

猟師ってどうやってなるの?

職業としての猟師は
減少傾向にあり、高齢化が進んでいると、
いつかニュースで見たことがあります。

そもそも、猟師ってどうやってなるの?
と思ったので、調べてみました!

 

猟師になるには

猟師になるには、
まず銃を持つための「所持許可証」と、
猟をするための「狩猟免許」および「狩猟者登録証」
が必要になります。

 

狩猟のための所持許可証は以下の流れで取得します。

初心者講習会

教習射撃資格認定申請

教習資格認定書(技能検定通知書)

教習修了証明書(技能検定合格証明書)

 

狩猟免許の取得には、
試験を受ける必要があります。

試験は知的試験、適性試験、技能試験の3種類で、
毎年9月ごろに行われるんだそうです。

事前に猟友会の講習を受講することが
おすすめされています。

 

資格取得後は、
猟友会に入ったり、マタギに弟子入りすることで、
活動ができるようです。

 

こちらのサイトに詳しく書かれているので、
興味がある方はこちらもチェックしてみてください。↓
マイナビニュース

 

銃という生命を奪う可能性のあるものを扱うので、
猟師になるには様々ななステップを
クリアしなければならないようです。

ゼロから猟師デビューするのにかかるお金は
約36万円と言われています。

 

試験を受けたり、必要なものを購入すると考えると、
やはりそれなりにはお金がかかりますね。

 

年収はどれくらい?

猟師の収入は完全歩合制のようなものなので、
はっきりとした年収を出すのは難しいようです。

害獣駆除系の場合だと、
ボランティアに近いので、
お給料はほとんどもらえないのだとか。

 

また、狩った獲物を売ることで
利益が得られますが、
こちらも利益はそこまで期待できないようです。

 

猟師の収入のみで生活するのが厳しいからこそ、
久保さんも牧場経営をしているのかなと思いました。

いろいろと厳しい世界のようです・・・

 

まとめ

今回は猟師の久保俊治さんについて
記事を書かせていただきました!

猟師の世界って身近ではないため、
あまり意識したことはなかったですが、
非常にシビアな印象を受けました。

 

この生活を40年以上も続けているなんて、
久保さんは私たちには理解できないような
価値観などを持っておられるのでしょうね。

猟師だからこそ悟っていることとか
あるのではないでしょうか。

 

久保さんが何歳まで現役の猟師を
続けるのかについても気になりますよね。

今や猟師は貴重な存在なので、
将来猟師という仕事がどうなっていくのかも
考えさせられます。

 

久保俊治の今後のご活躍を
心よりお祈り申し上げます!!

スポンサードリンク


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。