マクロン大統領(フランス)当選で今後の為替予想は?円相場への影響

この記事は2分で読めます

こんにちは。

 

ゴールデンウィークが終わってしまいました。
結局何もしなかったという・・・
これほど予定皆無のゴールデンウィークが
これまでにあっただろう。。。

終わってしまったものはしょうがないので、
気持ちを入れ替えていきたいと思います!!

 

さて、私がごろごろしている間にも
世間ではいろいろな動きがあったようですね。

そのうちの1つがフランスの大統領選挙!

無所属のマクロン候補と、極右政党のルペン候補の
決選投票の行方が世界中で注目されましたね。

 

2007年5月7日に行われた決選投票では、
マクロン候補が勝利確実となりました。

エマニュエル・マクロン大統領誕生というわけですね。

 

この大統領選挙で、
為替の動きに注目しているという方も
多いかと思います。

アメリカのトランプ大統領の時は
円高になるとの予想がほとんどでしたが、
円安となりましたもんね。

 

マクロン大統領の誕生によって、
円相場はどうなったのでしょうか?

スポンサードリンク

マクロン大統領と円相場

マクロン氏の勝利が確実になったことにより、
外国為替市場ではドルやユーロを買う動きが強くなっています。

そのため、円相場は値下がり傾向にあり、
一時は1ドル=113円台前半、1ユーロ=124円半ば、
円安ドル高、円安ユーロ高となりました。

 

ルペン氏が勝利した場合はEUの混乱は避けられないと言われていましたが、
マクロン氏が勝利確実となったことで
ひとまずは安心だという見解が強いようですね。

スポンサードリンク

今後はどうなる?

マクロン大統領誕生により、
自国の利益を最優先にする動きにストップがかかりました。

難民の受け入れもEUの方針に従って
寛容に行っていくとのことですが、
ドイツのようにならないといいですね・・・

 

フランス大統領選挙による為替の動きは、
アメリカ大統領選挙の時と比べると
一時的なものに終わると予想されます。

マクロン大統領による政治によって
大きな動きがあれば別でしょうが、
政策を見る限りでは特になさそうです。

 

韓国の大統領選挙の投票が9日に行われるし、
今後はこちらにも注目していきたいですね。

 

まとめ

フランス大統領ではマクロン候補の当選確実ということで、
ユーロもドルも円安の方向に動いています。

今後のマクロン大統領の政治によって、
フランスにどのような影響が及ぼされるか
気になるところですね。

 

現在39歳という史上最年少で大統領当選確実となった
エマニュエル・マクロン候補。

フランスの景気低迷をどのように変えていくのか注目です。

スポンサードリンク



この記事を読んだ方にオススメの記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。