マエ=ベレニス・メイテ(フィギュア)のコーチは誰?出身や経歴も!

この記事は3分で読めます

こんにちは。

 

世界選手権が終わり、
いよいよフィギュアスケートもシーズンオフですね。

浅田真央さんの引退発表があったり、
2016-2017シーズンは
激動の年でしたね。

 

来シーズンはオリンピックがあるので、
ここまでに各選手が
どこまで成長してくるのか
楽しみです!

 

と、その前に・・・
本日4月20日は、
世界フィギュアスケート国別対抗戦2017
が行われます!

この大会では団体戦となるので、
いろいろな選手と種目を一度に見ることができて
楽しいです(笑)

 

今回はこの国別対抗戦の出場選手の中から、
「マエ=ベレニス・メイテ」選手について
ご紹介したいと思います!

 

彼女は一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

マエ=ベレニス・メイテ プロフィール・経歴

名前:マエ=ベレニス・メイテ

生年月日:1994年9月21日(22歳)※2017年4月時点

出身:フランス パリ

身長:168cm

出典:Wikipedia

メイテ選手がスケートを始めたのは1999年から。
4、5歳くらいの時ですかね。

現在はフランスのモンペリエ大学に通う大学生です。
学部は経営学部のようです。

日本のフィギュアスケート選手は
スポーツ科学系の学部に在籍する方が多いので、
なんだか珍しく感じてしまいます!

 

褐色の肌が特徴的なメイテ選手ですが、
出身はパリなんだとか。

アフリカ系フランス人ということですかね?
両親がどこの血を受け継いでいるのかまでは
分かりませんでした。

 

銀盤の上で彼女のような肌の色の選手は
非常に目立ちますよね。

思わず見入ってしまうこと間違いなしです!
国別対抗戦ではどんな演技を見せてくれるのか
とても楽しみです。

 

大会成績

メイテ選手の主な戦績を以下にまとめてみました。

2006-2007
フランス選手権 4位(ジュニア)
ニース杯 優勝(ノービス)
トリグラフ杯 優勝(ノービス)

 

2007-2008
フランス選手権 5位

 

2008-2009
フランス選手権 2位
世界ジュニア選手権 12位

 

2009-2010
フランス選手権 2位

 

2010-2011
世界選手権 14位
欧州選手権 9位
フランス選手権 3位

 

2011-2012
欧州選手権 13位
世界国別対抗戦 9位
フランス選手権 2位
ネペラ記念 優勝

 

2012-2013
世界選手権 11位
欧州選手権 10位
世界国別対抗戦 8位
フランス選手権 2位
チャレンジカップ 2位

 

2013-2014
ソチオリンピック 10位
世界選手権 15位
欧州選手権 5位
フランス選手権 優勝

2014-2015
世界選手権 10位
欧州選手権 6位
フランス選手権 優勝

2015-2016
世界選手権 25位
欧州選手権 6位
フランス選手権 優勝

2016-2017
欧州選手権 16位
フランス選手権 2位
ニース杯 優勝

 

フランス選手権では表彰台の常連のようですが、
世界大会になると伸び悩むという
印象を受けます。

しかし、ソチオリンピックに出場した経験がある
実力者というのも事実です。

今回の国別対抗戦では
どんな成績を残すのか気になるところです!

スポンサードリンク

コーチや振付師は誰?

メイテ選手のコーチ兼振付師は
ジャネッタ・フォレ氏です。

浅田真央さんのサブコーチを務めていたこともある方で、
「ザンナさん」という愛称で親しまれていました。

 

浅田さんと同じコーチに指導を受けていると聞くと、
ものすごい期待をしちゃいます(笑)

コーチが指導するときって、
今まで指導してきた他の選手を例にすることって
あるのかしら??

うーん。気になる。

 

まとめ

今回はフィギュアスケートから、
マエ=ベレニス・メイテ選手について
記事を書かせていただきました!

 

フランスの選手ってあまり話題にならないので
(ロシアやアメリカ、カナダが強すぎますもんね・・・)、
今回国別対抗戦に出場すると聞いて
楽しみにしています!

それにしても、メイテ選手について検索すると、
関連キーワードに「男」って出てくるのが気になります。

男前な選手なのかしら???

 

フランスの選手はあまり知らないので、
今回の大会をしっかり見ておこうと思います!

 

マエ=ベレニス・メイテ選手の
今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます!!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。