ミニレターの購入方法は?どこで買える?同封できるものや重さ情報も!

この記事は3分で読めます

こんにちは。

 

今年6月からはがきが値上げになりましたね。

昔は50円だったはがきが52円になった時は
違和感を感じずにはいられませんでしたが、
今回はまさかの10円値上げ!!

はがきが62円になるなんて
もうびっくりですよ・・・

 

普段はがきを使うことは
ほどんどないのですが、
ここまで値上がりとなると
さすがにショックを隠し切れない・・・

今まで当たり前だと思っていたことが
そうではなくなったときって
なんでこうも悲しいのだろう。。。

 

そんなはがきの値上げが話題になる中、
”ミニレター”が再評価されています!

今回はこのミニレターについて
情報をまとめてみました!

スポンサードリンク

ミニレターって何?

ミニレターとは、
「郵便書簡」とも言う郵便物で、

・切手
・封筒
・便せん

がセットになった商品で、
切手は封筒に印刷されています。

 

価格が62円なので今までは価格の安い
はがきが使用されていましたが、

今回のはがきの値上げによって
はがきとミニレターが同じ料金となりました。

 

そのため、
はがきよりも書けるスペースが多く(約3倍)、
手紙以外のものも同封できるミニレターが
今注目を集めているのです!

 


出典:Twitter

みなさんはこのミニレターなるものを
使ったことはありますか?

私はないんですよね~
そもそも手紙自体を出す機会がなくて・・・

なので今回話題になって初めて
ミニレターの存在を知りました!

出す相手がいるわけでもないのに、
見ていると欲しくなっちゃう。不思議(笑)

 

購入方法は?販売しているお店はどこ?

ミニレターは、郵便局にて購入が可能です。

コンビニでも販売している店舗が一部あるようですが、
置いていない店舗の方が多いとの情報もあります。

なので、コンビニで買うよりは
郵便局に行った方が確実でしょう。

 

また、Amazonなど
ネットで購入することも可能なようですが、
送料がかかったり割高であったりするので、
直接店舗で買った方が安く済みそうです。

 

スポンサードリンク

同封できるものは何?重さや厚さの制限はある?

ミニレターは、写真やチケットなどを
同封して送ることが出来ます。

ここがはがきとの大きな違いですね!

 

はがきと同様、定形郵便物(小型郵便物)として
ポストに投函することが出来ますが、

厚さは1cm、重さは25gまでという制限があり、
これを超えると定形外郵便物扱いとなってしまうので
ご注意ください。

 

ミニレター自体の重さは4.5gなので、
結構いろいろなものが入れられそうですね。
写真だと5,6枚まで入れることが出来ます。

 

はがきだとどうしても書いた面が汚れてしまったり、
角が折れてしまう可能性がありますが、
ミニレターだとその心配がないというのも
メリットの一つですね。

封が出来るので他人にあまり見られたくないものを
書いたり同封したりすることが出来ますし、
ミニレターの使い勝手はなかなか良さそうです!

 

まとめ

今回はミニレターについて記事を書いてみました!

はがきをよく使う人にとって
今回の10円値上げはかなり痛いですよね。
今後さらに上がることはあるのでしょうか・・・

 

そんな中再注目されているのが
ミニレターです!

実はこれ、50年前からある商品なんですって、
はがきと同じ値段になったことで
ようやく利用者が増えそうな予感がします。

だけど、ミニレターを使う人が増えたら
今度はミニレターを値上げ・・・
ってことになったりするのかな。

そうなったら嫌だな~

 

ミニレターは郵便局で購入が出来るので、
ミニレターを使ったみたいという方は
ぜひチェックしてみてください!

コンビニは現在置いている店舗は少ないとのことですが、
今後ミニレターの需要が高くなれば、
多くのお店で取り扱うようになるかもしれませんね。

 

最後に!
ミニレターははがきと同様にポストに投函することができ、
手紙以外のものを同封することが可能です。

しかし、厚さ1cm以上、重さ25g以上になると
定形外郵便物となってしまうので、
入れ過ぎないようにしてくださいね。

 

私も一回ミニレター使ってみようかな(笑)
興味がある方はぜひ使ってみてください!

スポンサードリンク



この記事を読んだ方にオススメの記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。