三宅純(作曲家)の年収や結婚について!君が代や他の作品の動画も!

この記事は3分で読めます

こんにちは。

みなさんは昨年のリオオリンピックを見ましたでしょうか?
多くの日本人選手がメダル獲得を獲得し、
すごくいい大会になりましたよね!

特に、印象に残ったものの1つとして、
閉会式を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

非常に凝った演出で、あの閉会式を生中継で見れてよかったな~と思います。

 

さて、今回の話題はそのリオオリンピック閉会式に流れた君が代の編曲を手掛けた
「三宅純」さんについてです!
彼は2017年1月29日放送の「情熱大陸」(日曜午後11時~TBS系)に出演します。
彼がどのような人物であるのかまとめてみました!

スポンサードリンク

三宅純プロフィール・経歴

名前:三宅純(みやけ じゅん)

生年月日:1958年1月7日(59歳)

出身地:京都府

職業:作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、トランペット奏者

出典:Wikipedia

生まれは京都ですが、育ちは神奈川県の鎌倉なんだそうです。
高校生の頃からジャズトランペット奏者を目指し、
尊敬する日野皓正サンの推薦でアメリカの大学に進学しました。

1981年にはマサチューセッツ州アーティスト・ファウンデーション主催の
作曲コンクール・ジャズ部門で優勝し、その年に帰国しました。

その後はジャズミュージシャンとしての活躍だけにとどまらず、
作曲、編曲にも力を入れ始め、
1983年にはCM音楽を始めるようになりました。

そして、そのCM音楽が好評を得て、3000作以上のCM曲を作曲しました。
中には、カンヌ国際映画祭などで受賞した作品もあるそうです。
すごいですよね!

そして、最近の実績で有名なのが2016年のリオデジャネイロオリンピック閉会式の
君が代の編曲及び後奏曲の「ANTHEM OUTRO」の作・編曲です。

東京オリンピックで再び三宅さんの曲を聴くことが出来るのかどうか
楽しみですよね!

オリンピックの舞台づくりに関わっている人って凄い人ばかりなんだな~
って改めて感じさせられました。

 

出身高校・大学はどこ?

高校は神奈川県立光陵高等学校で、大学はバークリー音楽大学です。
高校、大学共に多くの著名人を輩出している名門校です。

音楽や芸術の才能がある人って海外の大学に進学することが多いですよね。
やはり、日本では学べない多くのことがあるんでしょうね。

言葉の壁などいろいろ問題がありそうですが、
それでもスキルアップのために海外へ行く行動力が凄いと思います。

自分もこれくらい行動力があったらなぁ~って思わされます。

スポンサードリンク

年収はどれくらい?

三宅さんの年収についてははっきりとは分かりませんでしたが、
ものすごく稼いでいるというのは間違いないと思います。

日本国内だけでなく、海外でも活躍している人物ですからなね。
年収は億単位なのではと想像してみました。

バークリー音楽大学の学費や生活費が年間1000万円と言われていますが、
その学費を出せるだけのお金はとっくに稼いでいるでしょう。

特に三宅さんの場合、CM曲でのお仕事が非常に多いので、
お仕事1つあたりの単価も高そうですよね。

音楽の世界は狭き門ですが、これだけ成功していると
やはり年収も一般人とは桁違いになるんだろうなと思いました。

 

結婚はしているの?

三宅さんが結婚しているかどうかについては分かりませんでした。
ごめんなさい。

Twitterでプライベートな部分はちょこちょこ呟いていらっしゃいますが、
家族に関するものはありませんでした。

私たちが気にするようなことではないのかもしれません。

 

君が代や他の曲の動画や音源について!

日本中で話題を呼んだリオオリンピックの君が代動画や、
他の代表作をピックアップしてみました!
ぜひチェックしてみてください!
【神アレンジ】君が代 ver.リオ・オリンピック閉会式【日本国国家】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29499881

effacing sketch 他5曲
http://www.junmiyake.com/

 

まとめ

リオオリンピックの君が代を今回の記事を書くにあたり
久しぶりに聞いてみましたが、やはり素晴らしいアレンジですよね!

国家をこんなにも素敵なアレンジができる人ってそういないんじゃないでしょうか。
東京オリンピックでもぜひ、何らかの形で関わってもらいたいですよね。

今後はどんな作品で私たちを楽しませてくれるのか、
わくわくがとまりません。

これからも三宅さんのご活躍を楽しみにしています!!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。