西川悟平(ピアニスト)コンサートチケット予約方法は?病気・結婚の事も

この記事は4分で読めます

こんにちは。

 

みなさんはピアノのコンサートを聴きに行くことは

あるでしょうか?

 

今回はピアニストの”西川悟平”さんについてご紹介します。

彼は、2016年12月26日に放送される

“ハートネットTV”に出演します。

 

彼は指が動かなくなる病気を発症しながらも、

両手で7本の指が動かせるまでに回復しました。

 

彼が一体どのような人物であるのか、

コンサートはいつ行われているのかについて調べたので、

どうぞご覧ください。

スポンサードリンク

プロフィール・経歴

プロフィール

名前:西川悟平(にしかわ ごへい)

生年月日:1974年10月25日 41歳

出身地:大阪府

血液型:O型

最終学歴:大阪音楽大学短期大学部ピアノ科

西川さんのブログによると、

ご結婚はまだされていないようです。

ピアノを始めたきっかけ

父は浪曲師5代目吉田奈良丸の西川幹彦。

西川さんがピアノの練習を始めたのは15歳の時でした。

 

楽器の演奏分野で活躍する方って

幼少期から演奏をしているイメージがありましたが、

彼の場合は違うんですね。

 

ピアノを始めるきっかけになったのは、

ショパンの”英雄ポロネーズ”でした。

 

この曲を死ぬまでに弾けるようになりたい!

と思った西川さんは、

毎日15分は絶対に弾くとルールを決め、

練習に励みました。

実際は一度弾き始めると何時間も

練習していたそうです。

 

そして3年後にはこの曲を

コンサートで演奏するまでに上達しました。

さらに、高校在学中には

ニューフィルハーモニー管弦楽団とハイドンピアノコンチェルトニ長調を共演

ピアノを始めてからまだ間もないのにすごいですよね!

天性の才能があったのでしょうか。

 

大学卒業後

22歳の時、台湾の友達の所へホームステイをすることに。

友達が仕事で外出中に教会へ行き、

そこでピアノを弾くようになったのです。

 

すると西川さんの演奏を聴いた人が集まってき、

友達になったそうです。

 

さらに、台湾の人気ラジオ番組に

30分出演するなど、台湾でも一躍人気者に。

 

帰国後の西川さんが次に向かったのは

イギリスでした。

ちょうどクリスマスだったということもあり

教会のコーラス隊と一緒に歌うという経験をしました。

 

その後ロンドンでデザイナーとして活動する男性と出会います。

西川さんにはピアニストのほかに

メイクアップアーティストとしての顔を持っていました。

そしてそのメイクテクニックを買われ

ロンドンのメイクアップアーティストとしてスカウトされたのです。

 

しかし、大阪での演奏会を控えていたため、

その誘いを断り帰国しました。

 

発病とその後

西川さんは1999年にYAMAHA音楽フェスティバルにて演奏を行いました。

その時に故ピアニストのデイヴィッド・ブラッドショー 氏と、

コスモ・ブオーノ氏に才能が認められ

ニューヨークにて演奏する機会を約束され渡米しました。

 

そして2000年にリンカーンセンターアリスタリーホール

およびカーネギーホールにて

アメリカデビューを果たしました。

 

2001年にはアメリカにて、120カ国より集まった聴衆の前で

アジア 伝統遺産フェスティバルのオープニングで演奏を行いました。

 

ピアニストとして順調に名声を集めている中、

西村さんに悲劇が襲い掛かりました。

 

”ジストニア”という神経障害の病にかかり、

一時期は両手を動かすことができなくなってしまったのです。

 

しかし、その後の賢明なリハビリとカウンセリングによって

右手の機能が回復

現在は左手の人差し指と親指も動かせるようになり、

計7本の指で演奏ができるようになるまで回復しました。

 

病気発症後も音楽活動を続け、ピアニストとしての活躍だけにとどまらず、

2006年、オペラ”黒船”のオーディションに合格し、

武士役としてリンカーンセンターでオペラに出演。

オペラ歌手としても活動を始めたのです。

 

2008年の夏にはイタリアでのデビューも飾っています。

 

現在は演奏だけでなく、教育者としても活躍しています。

 

ジストニアとは

西川さんを襲った”ジストニア”という病気は、

いったいどのようなものなのでしょうか?

 

◆ジストニアとは

脳や神経系統の何らかの障害により、

持続的または不随的に筋肉が収縮したり

硬くなってしまう難病です。

 

◆原因

発症する原因はまだ解明されていませんが、

西川さんの場合は過度のストレスと緊張が

原因ではないかと考えられています。

 

◆治療法

ジストニアの治療法には、

・内服療法

・ボツリヌス毒素療法

・外科的治療法

などがあります。

しっかりと治療を受ければ治る病気です。

スポンサードリンク

 

コンサート情報

直近の西川さんのコンサート情報は以下の通りです。

コンサート1

西川悟平 ジャパン・ニューイヤーコンサート

~魂を揺さぶる奇跡のピアニスト~

 

開催場所

横浜みなとみらいホール(小ホール)

 

開催日時

2017年1月19日(木)

開場18:00/開演19:30

 

チケット情報

全席指定 前売り¥6,000/当日\7,000(税込)

※未就学児の入場不可

◆チケットぴあ 0570-02-9999

Pコード301-586

 

コンサート2

西川悟平 ジャパン・ニューイヤーコンサート

~NYを熱狂させ、魂を揺さぶる7本指の奇跡のピアニスト~

 

開催場所

名古屋ブルーノート

 

開催日時

2017年1月28日(土)

1stステージ 開場16:00/開演17:00

2ndステージ 開場19:00/開演20:00

 

チケット情報

¥6,300

チケットの申し込みは名古屋ブルーノートにお問い合わせください。

 

西川さんからのメッセージ

西川さんは、病気になったことをとてもポジティブにとらえています。

 

『この病気になったから普段会うことのない人と出会えた。

指の合理的な動かし方、心のケアの方法などを学べた。

これらはどんなに偉大なピアニストからも学ぶことはできない。』

 

『(ピアノを)弾けなくなったときは一度立ち止まって深呼吸してみて下さい。

そして1音1音に愛情を込めてゆ〜っくりと練習してみて下さい、

きっと音楽の神様が微笑んでくれる瞬間があるから。

絶対に諦めないで!!!』

 

『何があっても、乗り越えられない試練はないはず。

最悪の事態がおきても、それは最高の幸せがくる前触れ、

もしくは準備期間と思うようにしてみてください。

人生楽しくなっちゃいますよ。』

西川さんのブログより引用

 

病気を乗り越えた西川さんの言葉だからこそ、

説得力がありますよね!

私も辛いときには、この言葉を思い出そうと思います。

 

まとめ

西川さんの人生は決して平凡なものではなく、

その行動力に驚かされました!

 

自分がいいな、やりたいなと思ったことに対して

まっすぐ進んでいく姿勢は見習いたいと思いました。

 

また、ジストニアは治すことができる病気だということが分かったので、

また西川さんの全ての指が動かすことができるようになればと

心からお祈り申し上げます。

 

これからも西川さんのご活躍を楽しみにしています!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。