野田あすかコンサートチケット予約情報!発達障害のピアニスト

この記事は2分で読めます

こんにちは。

12月2日に放送された金スマで紹介された
発達障害のピアニスト
「野田あすか」さん。

 

私は彼女の存在を知らなかったのですが、
今回の放送を見ていろいろと
考えさせられる部分がありました。

 

まず、ただピアノが上手というだけでなく、
心に響くメロディーを奏でる才能を持った人
だということ。

そして、ピアノを演奏し終わった時の笑顔が
まるで純粋な子供の様にキラキラしたものであるということ。
思わずこちらまでにこっとしてしまうくらい
素敵な笑顔なんです。

 

彼女がどんな人物なのかまとめてみました。

スポンサードリンク

野田あすかさんの生い立ち

彼女は生まれつき、
自閉症などのコミュニケーション障害を持つタイプの
発達障害を患っていました。

 

しかし、それに気づく人はおらず、
”コミュニケーションをとるのが苦手な子”
と周りには認識されていました。

 

中学時代には人に理解してもらえないというストレスから
自傷行為に悩まされることも。

 

知的障害はないため、成績優秀だったあすかさんは
宮崎大学に進学。
その後環境変化による過呼吸を起こし、
解離性障害と診断されました。

 

時には鉄格子のついた病室に閉じ込められることもあり、
大学は中退することに。

 

彼女が発達障害と診断されたのは22歳の時でした。
留学先のウィーンで発作を起こし、診断されたのです。

 

当時の日本では精神医学があまり発達しておらず、
発達障害と診断されるのは難しかったんですね・・・

 

その後あすかさんは、さまざまなコンクールで
グランプリを獲得し、
今年の10月11日に自身初となるソロコンサートを
開催したのです。

スポンサードリンク

今後の活動は?

2017年3月18日に
浜離宮朝日ホールにて(東京・築地)
あすかさんのコンサートが行われます!(全席指定3,500円)
チケット発売日は2016年12月2日の午前10時~
チケットぴあなどで購入することができます。

 

CDブックも発売されているので、
こちらも要チェックですね♪

 

クラシックとあすかさん作曲の曲の演奏
ぜひ会場で聞いてみたいです。

まとめ

あすかさんの演奏は、人よりも敏感な感性を持った
彼女だからこそ奏でることのできるメロディーなんだろうな
と思いました。

 

私は番組中で演奏されたあすかさん編曲の曲
(指が11本無いと引けないと言っていた曲)
が気に入りました。
もっと聴きたかったなー。

 

普段の無邪気な表情から一変、
演奏が始まると別人のように真剣な表情になり、
演奏が終わると再びくしゃっとした笑顔を見せ
拍手をしながら喜ぶあすかさんの姿。

ぜひコンサート会場で見てみたいですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。