新東名高速道路お盆渋滞予測2017!ピークの日時はいつごろ?

この記事は3分で読めます

こんにちは。かっぱぺんぎんです!

 

この記事を書いているのは7月の下旬で
もう梅雨明け宣言がされたのですが、
まだ雨が降りますねー。

なんだかまだ梅雨明けしたって実感が
あまりないです。

 

そもそも日本の夏って
じめっとしている地域が多いし、
快適な夏を過ごすことは
なかなか難しい。。。

 

北海道はじめっと感がないっていいますよね~

一度夏の北海道に行ってみたいけど、
お盆のようにみんなが休みの時は
めちゃくちゃ混むだろうし、
悩むなぁ・・・

 

みんなと違う時期に
夏休み取れたらいいのになー(笑)

 

 

さて!今回の話題は、
お盆での新東名高速道路の混雑予想についてです!

お盆は目的地だけでなく、道中も非常に混雑しますよね。

出かけてから
こんなに渋滞しているとは思わなかった・・・

なんてことにならないように、
事前に渋滞が発生しそうな時間や場所をチェックしておきましょう!

他の高速道路の渋滞予測はこちら↓
・名神高速道路
・九州自動車道
・関越自動車道
・中央自動車道
・東名高速道路

スポンサードリンク

新東名高速道路のお盆渋滞発生日時はいつごろ?

地域によっては7月にお盆を
行うというところもありますが、

一般的に8月をお盆休み(夏休み)
とするところが
多いんじゃないかなと思います。

 

8月のお盆は一般的に、
8月13日~16日
を示します。

2017年は祝日の「山の日(8月11日)」が
金曜日にあたるので、
8月11日からお盆休みが始まるという方も
いるかと思います。

 

もし16日まで休みなら、
8月11日~16日の6連休になりますよね!

1週間近く夏休みとなると、
遠出をしたり、
家でゆっくりしたり。
いろいろなことが出来ますね。

 

というわけで、2017年のお盆渋滞予測は、
8月11日前後~16日前後で見ていきたいと思います!

※ピーク時の渋滞の長さ、
渋滞が発生する日、ボトルネック箇所、渋滞発生区間、ピーク時刻
の順に記載

 

上り 御殿場JCT方面

1位 10km
・8月11日(金) 観音山TN付近(豊田東JCT~新城IC) 8時
・8月12日(土) 観音山TN付近(豊田東JCT~新城IC) 8時

3位 5km以下

8月11日(金)~16日(水)午前9~10頃の北沼上TN付近、新清水JCT付近

 

上りでは、ひどい渋滞が発生する確率は低そうです。
長くても10kmで、
混雑が発生しやすいのは午前中になりそうです。

午後は快適な移動が出来ると予想されます。

 

下り 豊田東JCT方面

1位 10km
・8月11日(金) 新清水JCT付近(新富士IC~新清水JCT) 18時
・8月11日(金) 観音山TN付近(新城IC~東岡崎IC)   17時
・8月12日(土) 新清水JCT付近(新富士IC~新清水JCT) 18時
・8月12日(土) 観音山TN付近(新城IC~東岡崎IC)   17時
・8月15日(火) 新清水JCT付近(新富士IC~新清水JCT) 16時
・8月16日(水) 新清水JCT付近(新富士IC~新清水JCT) 17時

 

2位 5km
・8月13日(日) 新清水JCT付近(新富士IC~新清水JCT) 17時
・8月14日(月) 新清水JCT付近(新富士IC~新清水JCT) 17時

 

 

下りも20kmを超えるような長い渋滞は
発生しなさそうです。

こちらは上りとは対照的に、
夕方~20:00ごろに混雑しやすく、
夕方に渋滞のピークが発生すると予想されます。

 

渋滞予想のデータは、
日本道路交通情報センターより引用させていただきました。

さらに詳しい情報を知りたいという方は、
こちらをご覧ください。↓
日本道路交通情報センター 東名高速道路 http://www.jartic.or.jp/guide/yosoku/index1.php

スポンサードリンク

渋滞を回避するためには?

お盆の時期はみんな一斉に出かけるので、
どこに行っても混雑しますよね。

新東名高速道路は幸いにも
大きな渋滞があまり発生しなさそうなので、
そこまで過剰に渋滞を警戒する必要は
ないのかもしれません。

 

 

参考までに、渋滞を避ける為には、
あらかじめ混雑しそうな時間を把握し、
その時間の利用を避けるということが
一番重要であると思われます。

 

でも、どうしても混雑が発生する時間に出かけたい!
という時ってありますよね。

みんな出かけたい時間が一緒だからこそ、
渋滞が発生してしまうのです。

 

このような場合は、
一般道を使うという手もあります。

全て一般道で行くと時間がかかりすぎて嫌だ!
という場合は、
渋滞が発生しやすい場所では一般道利用し、
渋滞がない場所から高速に乗るのがいいと思います。

 

渋滞に一度はまってしまうと、
なかなか車から降りることが出来なくなってしまいます。

休憩できる場所を事前に調べておいたり、
水分補給が出来るものを用意しておき、
少しでも快適な旅にできるようにしましょう!

 

まとめ

今回は新東名高速道路における
お盆の渋滞予測についてまとめてみました!

東名高速道路なんかは
30km以上の渋滞が発生すると予想されていますが、
新東名高速道路は長時間にわたる
渋滞の心配はあまりしなくても良さそうです。

 

東京~名古屋間を移動するのならば、
東名高速道路よりも
新東名高速道路を利用する方がいいかもしれませんね。

 

みなさんのお盆のお出かけが
楽しいものになりますように!

気を付けていってらっしゃい!

スポンサードリンク



この記事を読んだ方にオススメの記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。