白石阿島(ボルダリング)の国籍はどっち?大会の成績や両親の情報も!

この記事は4分で読めます

こんにちは。

 

スポーツなどで日本人が活躍していることを知ると、
ついつい見ちゃいませんか?

でもそれって、
日本在住の日本人であることが多いですよね。
国内にいる方が取材しやすいし、
国内大会の中継もしやすいので
当然と言えば当然なのかもしれません。

 

しかし、日本国外に住んではいるけれど
日本国籍を持っていたり、
親が日本人だったりする人もいるんですよね。

そういう人たちって
世界レベルになって始めて
日本で注目され始めるので、
「こんなにすごい人がいたんだ!」
とめちゃくちゃびっくりします。

 

今回ご紹介する
ボルダリング選手の”白石阿島”選手も
そのうちの一人。

彼女は2020年の東京オリンピック出場を
期待されているほどの実力がある選手です。

一体どのような人物なのか、調べてみました!

スポンサードリンク

白石阿島プロフィール・経歴

白石阿島(しらいし あしま)選手は、
2001年4月3日生まれの16歳(2017年6月時点)で、
生まれも育ちもアメリカのニューヨークです。

現在日本でいうと高校1年生にあたり、
そのビジュアルはとても可愛らしいです。


出典:Twitter

↑前髪ぱっつんが良く似合っていますよね!
この前髪はお父さんが切り揃えているんだそうです。

まさかこの子が世界最高レベルのクライマーだなんて
思わないですよね。

あどけない顔で岩場をすいすいと登っていくのだから驚きです!

 

クライミングだけでなく学校の成績も優秀で、
「オナーロール(成績最優秀の生徒)」
としてもその名が知られています。

好きな科目は英語、歴史、ライティングで、
日本語を話すこともできます。

あらゆる才能があるんですね~

 

そんな白石選手がクライミングを始めたのは
6歳の時。

父親にセントラルパークの岩場に連れて行ってもらったことが
きっかけだったそうです。

 

なんと、フィギュアスケートや体操、水泳など
様々なスポーツを習ったことがあるんですって!

他のスポーツに専念していたら
今頃どうなっていたのか気になりますね。

 

そんな中でクライミングを選んだのは、
競技者が少ないということと、
難しいことを極めることが出来るからだそうです。

若いのに自分のやりたいことを
しっかり理由を付けて決められるって立派ですよね。

将来がとても楽しみです!

 

主な成績

白石選手は14歳の時に挑戦した
ボルダリング「V15」の壁を制覇しています。

「V」というのはボルダリングのグレードの事で、
V15は最難関レベルなんです!

日本だと「段/級」で表すこともありますが、
V15というグレードは5段+にあたります。

 

白石選手のこの記録は世界最年少かつ、
女性では世界初の成功者という
快挙を達成しました。

プロのクライマーでも難しいV15を
14歳の少女が達成するなんて、
クライマー界では大きな衝撃を受けたでしょうね。

 

さらに大会でも優秀な成績を残しており、
リード、ボルダリングの世界大会では
ユースの部で2連覇中という成績を持っています。

 

V15をクリアした女性クライマーが
他にいないのだからまさに敵なしですね。
男子と勝負しても引けを取らないのではないでしょうか?

このような経歴を持つ彼女は、
2015年の「もっとも影響力のある10代」
の一人として
選ばれた過去もあり、
既に世界中で名が知られています。

まだまだ若いですし、
これからの活躍が楽しみです!

スポンサードリンク

両親はどんな人?なぜ移住したの?

白石選手のご両親は二人とも日本人で、

父は愛媛県出身の久年さん
母は福島県出身のツヤさんです。

 

白石選手の名前は
お父さんの故郷である新居浜市 阿島
が由来なんだそうです。

変わった名前だな~と思っていたら、
そういうことだったんですね。

アメリカに住んでいても、
日本を思う気持ちが感じられます。

 

ご両親はなぜアメリカに?
と疑問に感じたのですが、

久年さんは若いころ
暗黒舞踏家のPoppoとして活躍しており、
アートの最先端の地であるマンハッタン・チェルシー
に渡ることをツヤさんに誘われ
1978年に移住したんだそうです。

 

調べていてびっくりしたのですが、
ご両親は二人とも66歳なんですって!
(2017年6月時点)

白石選手が今16歳ですから、
50歳の時の子供ということですね。

最初は養子なのかな?
と思いましたが、
実際どうなのかは分かりませんでした。

ちなみに白石選手は一人っ子とのことです。

現在白石選手は久年さんと一緒に
週5日クライミングジムに通っています。

白石選手は岩を上るとき、
「ダンスをしているように感じる」
答えたことがあり、

これも父の影響なのかもしれませんね。

 

白石選手のクライミングの活躍の影には
ご両親の大きな支えがあったんですね~

素敵な親子関係ですよね。
これからも親子の絆を大切にしてもらいたいです。

 

国籍はどっちなの?

白石選手は現在、
アメリカと日本の国籍を持っています。

これから注目されるのが、
白石選手はどちらの国籍を選択するのか
というところだと思います。

 

というのも、2020年の東京オリンピック出場は
今の彼女の実力ならほぼ確実なものだからです。

そうなると、
日本人として出場するのか、
アメリカ人として出場するのか
大きな選択をしなければなりません。

 

両親が生まれ育った日本の代表になるか、
自分が生まれ育ったアメリカの代表になるか・・・

簡単に選ぶことはできないと思います。
こういうのってすごく複雑ですよね。

 

白石選手はずっとアメリカで生活しているわけではなく、
年に数回日本を訪れますし、日本語を話すこともできるので
難しいですよね~

これが日本にはほとんど行ったことがなくて、
日本語も話せないとなったら
すんなりアメリカ国籍を選択できるような気もしますけどね。

 

でも、白石選手がどちらの国籍を選択しても、
応援し続けていきたいと思います!

 

まとめ

今回はクライマーの白石阿島選手について
記事を書かせていただきました!

ニュースサイトを見ていて
たまたま彼女の事を知ったのですが、
こんなにすごい人がアメリカにいたんですね~

でも両親は日本人っていう。
どっちの国籍を選ぶんだろ~?

 

10代半ばから次々に記録を残し、
将来はレジェンドになること間違いなしの
アスリートですね。

彼女のさらなる成長が楽しみすぎます!

2020年の東京オリンピックにて、
白石選手の姿を見ることができますように!

 

白石阿島選手の今後のご活躍を
心よりお祈り申し上げます!!

スポンサードリンク


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。