春風亭一之輔(落語家)のチケット売上や年収は?結婚や経歴も!

この記事は3分で読めます

こんにちは。

 

今日はそんなにバタバタすることないから、
のんびりしていても大丈夫だろう
と思っていたら、

あっという間に夜になってしまいました。

 

もう何度も時間は無駄にしないと
決めたはずなのに、
3日坊主とかいうレベルじゃないくらいの勢いで、
堕落した生活を送ってしまいます。

 

一体私はいつになったら本気を出せるのだろうか・・・

 

さて!今回の話題は、
2017年4月10日に放送される
「プロフェッショナル」(月曜22時25分~NHK)
に出演する

「春風亭一之輔」さんについてです!

 

彼は一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

春風亭一之輔プロフィール・経歴

名前:春風亭一之輔(しゅんぷうてい いちのすけ)

本名:川上隼一(かわかみ としかず)

生年月日:1978年1月28日(39歳)※2017年4月時点

出身地:千葉県野田市

出典:Wikipedia
春風亭一之輔さんは埼玉県立春日部高等学校を卒業後、
日本大学芸術学部放送学科に進学・卒業しています。

大学時代には落語研究会に所属し、
大学卒業直後に春風亭一朝に入門しています。

 

当時の名前は「春風亭朝左久」。
3年後に二つ目に昇進し、
現在の「一之輔」に改名しました。

 

その後はNHK新人演芸大賞落語部門で
大賞を受賞したり、

国立演芸場花形演芸大賞を2年連続で
受賞するなど、
数々の優秀な成績を収めています。

 

そんな一之輔さんの落語の特徴は、
「古典を守りつつも、現代的な話芸」。

人間国宝の柳家小三治さんが
「久々の本物」
と評するほどの噺家です。

 

口癖は「やりたくない」「帰りたい」
だそうですが、
そんな素顔があるとは思えないほど
面白い落語が次々と飛び出します。

 

今の落語ブームはこの人がいるからこそ!
と言っても過言ではないかもしれませんね。

今後どのように落語を発展させていくのか
楽しみです。

スポンサードリンク

チケットはどれくらい売れているの?

一之輔さんは現在、
年間約900の高座に上がり、
2年先まで仕事が舞い込んでいるという状況だそうです。

 

年間約900ってすごい数ですよね!
業界で最多と言われているそうです。

しかも2年先までスケジュールが埋まっているとは
かなりの売れっ子だということが
よく分かります。

 

チケット販売状況はどうなっているんだろう?
と思って調べてみたら、

ズラーっと出演する公演が出てきました。
一之輔さん独演というものもいくつかあり、
売り切れになっているものも!

大人気だということがよく分かります。

 

さらっと見た限り、
チケットの価格は平均で3,500円くらいという印象。

一之輔さんは年間約900の高座に上がることを
考えると・・・

チケット価格×公演数が約300万なので、
ここに席数を掛けたら
かなりの額になります!!

 

一之輔さん効果でかなりの売り上げがあるのは
間違いなさそうですね。

経済効果凄そうだな~

 

年収はどれくらい?

落語家(噺家)ってどれくらいの
お給料をもらっているんだろう?

って気になったことはありませんか?

 

調べてみたところ、平均で550万円と
書いてあるサイトを発見しました。

 

しかし、落語界の報酬はピンキリで、
格によっても貰えるギャラが違うんだとか。

数十万円の報酬をもらえる人もいれば、
数千円の人もいるそうです。

 

一之輔さんの場合は「格」による報酬のレベルが
どれくらいのものかわかりませんが、

とにかく出演回数が多いので、
平均以上の年収になっているのでは?
と思いました。

 

40歳手前という若さでこの活躍ぶりですから、
将来は人間国宝になる日が来るかもしれませんね。

 

まとめ

今回は噺家の春風亭一之輔さんについて
記事を書かせていただきました!

 

私は笑点をよく見ますが、
まさか落語ブームが来ているとは知りませんでした!

一之輔さんの落語、一度聞いたらハマりますね(笑)
一度生の落語を聞きに行ってみたいです。

 

一之輔さんのように
新しい手法を使っていくことで、
若い人にも受け入れられる落語が
出来上がっていくんじゃないかと思います。

これからも、落語会を牽引していく
存在であってもらいたいです!

 

春風亭一之輔さんの今後のご活躍を
心よりお祈り申し上げます!!

スポンサードリンク


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。