タージン(ロケの達人)の本名は?経歴・家族(妻)や大学についても!

この記事は2分で読めます

こんにちは。

 

テレビを見ていると、時々

この人誰?

と思う人がいませんか?

 

地元ではすごく人気があるけど、

全国区の番組に出ないため、

他県の人には知られていないタレントさんって

たくさんいますよね。

 

今回ご紹介するのは”タージン”さん

関西では大人気のリポーターで、

「ロケの達人」

と呼ばれているそうです。

 

では、彼が一体どんな人なのか

見てみましょう!

スポンサードリンク

タージンの経歴

1962年6月18日生まれの54歳。大阪府大阪市旭区出身。

大阪市立大宮中学校→大阪市立高等学校→桃山学院大学卒業

大学時代は落語研究会に所属していた。

関西でリポーターや司会者として活躍する。

関東での仕事があまりないため、

関東での知名度はほぼ0に近いそう。

 

しかし、独特のリポート方法が特徴的な彼は

西日本では大人気なんですって。

そのリポート方法ってどんな風なのでしょうか?

 

編集いらずのリポート

タージンさんの最大の特徴といえば、

”編集いらず”と言われているリポート。

カメラの映像が映し出された時、

「あれ?誰も映っていない?」

と思わせてからの

”下から登場!!”

というフレームイン手法

 

逆に、ドアップで写ってからの、

カメラ目線のまま後ろにすスーッと

ズームアウトするという手法

 

いかにも関西で受けそうな動きですよね。

人気があるのも納得です。

 

タージンの本名は?由来は?

タージンさんの本名は

『石川雄三(いしかわゆうぞう)』

と言います。

 

なぜ、タージンという芸名なのかというと、

理由は大学生時代にありました。

 

経歴でも書きましたが、タージンさんは

落語研究会に所属していました。

 

その時の芸名が

『地獄家但馬春(じごくやたーじまはる)』

で、これを略したのが今の芸名になったのです。

 

この大学時代の芸名は、先輩に嫌がらせでつけられたもので、

本人も当時は嫌だったそうです。

しかし、今は慣れ親しまれた名前に生まれ変わったので

良かったのではないでしょうか?!

スポンサードリンク

家族・妻について

タレントさんがネタにすることの多いものの一つに

「身内(家族)」がありますよね。

大阪出身のタージンさんもその話題を出しているのでは?!

 

と、思いきや

家族については話されていないようです。

 

需要がないからなのか、プライベートについて語りたくないのか、

理由は分かりませんが、

タージンさん自身が人気者なので

わざわざ語る必要はないかもしれませんね。

 

まとめ

関西の人気者、タージンさん。

東日本に住む方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、

本当に面白い方です!

 

今後西日本に行く機会があったり、

タージンさんが全国区の番組に出演されるときは

ぜひチェックしてみてください♪

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。