寺田翠(バレエ)のプロフィールや経歴は?結婚や受賞歴についても!

この記事は3分で読めます

こんにちは。かっぱぺんぎんです!

 

最近運動不足解消と
体の柔軟性を高めたいという思いで、
最近独学でバレエっぽいことをしようとしています。

バレエ自体は以前から興味があったのですが、
習いにいくのも大変だしなー・・・
ということで、保留状態が続いていたんです。

そんなある日、
バレエ風のエクササイズが出来るDVDがあることを知り、
昨日通販でポチっとしてきました(笑)

届くのはまだ先ですが、
とても楽しみです♪

 

さて!今回の話題は、
バレエダンサーの寺田翠さんについてです!

2017年6月21日現在、
彼女が大きな注目を浴びています!

いったいのどのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

寺田翠プロフィール・経歴

寺田翠(てらだ みどり)さんは、
大阪府豊中市出身、
1992年6月24日生まれの24歳です。
(2017年6月21日時点。
もうすぐ25歳ですね。おめでとうございます!)

身長や体重などは分かりませんでしたが、
細くて手足がすらっとしていますよね~
バレエのポーズを決めても、
ただ立っているだけでも素敵です。
寺田さんを見ていると、
姿勢って大事だなぁ~と感じさせられます。

 

寺田さんがバレエを始めたのは3歳の時で、
田中バレエアートスタジオ出身です。

2007年にモスクワ国立舞踊アカデミー(ボリショイバレエアカデミー)
へ留学し、この時現在のパートナーである
大川航矢さんとペアを組みました。

関連記事:大川航矢のプロフィールや経歴は?結婚や受賞歴についても!

 

アカデミー卒業後は
ウクライナ国立歌劇場に2013年まで在籍し、
現在はタタール国立歌劇場バレエ団に所属しています。

 

寺田さんはエキゾチックな顔立ちで、
外見の海外受けも良さそうですね~

バレエの実力もあるし、
このような方が世界で活躍していると知って
なんだか嬉しくなりました♪

 

受賞歴について

寺田さんは2010年に開催された
国際コンクール等で様々な賞を受賞している
ようなのですが、

彼女の受賞歴が掲載されている
サイトがロシア語で書かれているため、
自動翻訳をしてみたものの
合っているかどうかよく分からず。。。

 

寺田さんが現在所属している
タタール国立歌劇場バレエ団の公式サイトに
経歴が載っているので、
気になる方はチェックしてみてください。↓
タタール国立歌劇場バレエ団公式サイト
2017年6月に開催された
モスクワ国際バレエコンクールでは、
女性シニア部門のデュエットにて3位入賞(銅賞)を果たしました!
おめでとうございます!

 

また、ペアを組んだ大川さんは男性シニア部門金賞
モスクワ出身の日本人ハーフバレエダンサー
千野円句(ちの まるく)さんも男性ジュニア部門にて金賞を獲得しました!

関連記事:千野円句の両親や身長は?経歴や彼女についても!

 

バレエってロシアのイメージが強いので、
日本人が上位入賞と聞いてとても嬉しいです!

これからの活躍も楽しみですね!

スポンサードリンク

結婚はしているの?彼氏はいる?

大川さんと5年以上ペアを組んでいる寺田さんですが、
結婚しているわけではなさそうです。

あくまでもバレエのパートナーであって、
人生のパートナーではないということですね。

 

最近は更新が滞っているようですが、
寺田さんのブログのプロフィール欄には
「未婚」と書かれていました。

ということは、少なくとも
旦那さんはいなさそうです。

 

現在はロシアに住んでいるので、
もしかしたら外国人の方とお付き合いしている
可能性もありますよね。

将来は国際結婚なんてニュースが
聞ける日が来るかもしれません。

 

旦那さんになる人もバレエ経験者だったら、
ものすごい才能を持った子が生まれそうな予感です!

バレエでも、プライベートでも
嬉しい報告が聞けると良いですね♪

 

まとめ

今回はバレエダンサーの寺田翠さんについて
記事を書かせていただきました!

 

バレエに関するニュースって
普段は聞く機会が少ないのですが、
モスクワ国際バレエコンクールという
大きなコンクールで日本人が入賞を果たしたことにより
大きな話題となりましたね~

本当におめでとうございます!

 

これからバレエブームが来たりしますかね?!
寺田さんたちの活躍を
もっと多くの人に見てもらいたいです。

私も独学バレエ頑張ろうっと(笑)

 

寺田翠さんの今後のご活躍を
心よりお祈り申し上げます!!

スポンサードリンク



この記事を読んだ方にオススメの記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。