徳久倫康(クイズ)の年齢や職業は?結婚や高校大学についても!

この記事は3分で読めます

こんにちは。かっぱぺんぎんです!

 

今日は朝から雨が降っていましたが、
お昼前には雨がやみ、
日が出ることもありました

今週はずっと雨が降る降ると
言われてきて降らなかったので、
やっと降った!って感じです。

でもどうせ降るなら、
夜中に降って欲しかったな。
朝雨だと洗濯物が干せないんですよね。。。

 

明日以降も雨マークがついているので、
梅雨らしい天気が続きそうです。

早くこのじめじめから解放されたい―!!

 

さて!今回の話題は、
2017年6月28日に放送される
「くりぃむ VS 林修!超クイズサバイバー」(水曜19時~テレビ朝日)
に出演する、

徳久倫康さんについてです!

彼は一体どのような人物なのでしょうか?

他の出場者の記事はこちら↓
山内奈緒子
ワロドム・ジアムサクン

スポンサードリンク

徳久倫康プロフィール・経歴

徳久倫康(とくひさ のりやす)さんは、
1988年5月10日生まれの29歳です。
※2017年6月時点

 

クイズが趣味で、
これまでに様々なクイズ大会に出演した経験があり、

”競技クイズ最強の男”
と呼ばれることもあるんですって!

 

調べてみたところ、
初めて見るクイズ大会や番組の名前が
たくさん出てきて、

どれに出場して、どんな記録を残したのか
いまいち理解しきれず・・・

 

とりあえず分かったことは、

「クイズ大会って想像していた以上に存在する」

ということ。

クイズって年齢問わずだれでもできるし、
テレビ番組で企画されることも多いから
やっぱり人気なのね。

 

クイズ番組に関する経歴は
よく分からなかったのですが、
学歴や職業などについては分かったので、
これから書いていきたいと思います!

 

出身高校・大学はどこ?

徳久さんは東京都立日比谷高等学校卒業後、
早稲田大学文化構想学部に進学・卒業しました。

文化構想学部ってイマイチどんな学部なのか
想像できない。。。
(在校生・卒業生・関係者の皆様ごめんなさい)

ただ、早稲田大学出身ということで、
頭はかなりいいってことは伝わってきました!!

 

大学でクイズの研究なんかも
していたんでしょうか。

なんとなくやっていそうなイメージがあります(笑)

 

最近クイズ番組で高学歴の人を良く見ますが
(前からそうだっけ?)、
クイズが得意な人に高学歴が多いのか、
高学歴の人をあえてテレビに出しているのか
どっちなんだろう・・・

地味な疑問(笑)

スポンサードリンク

職業は何?

徳久さんは現在、
株式会社ゲンロンという出版社に
勤務しているようです。

批評再生塾やSF創作講座などの
担当をしていると
Twitterのプロフィールに書かれていました。

 

出身学部と就職先が
関連しているような感じですね。

文学関係の勉強をされていたのでしょうか?
卒論もクイズにまつわるものだったとか?!

 

自らクイズ関連の原稿を書くこともあるそうで、
「QUIZ JAPAN(クイズジャパン)」という雑誌にも
関わっているようです。

 

自分の好きなことをお仕事にしているという
感じなのかな?

良いなぁ。楽しそう(笑)

 

結婚はしているの?彼女はいる?

Twitterを見る限りでは、
彼女や奥さんらしき女性の影は
見当たりませんでした。

指輪をしている画像も見つからなかったし、
少なくとも結婚はしていないのではないかな?
と予想。

 

もし徳久さんが結婚して、
子どもが生まれたら

子どもにめっちゃクイズを出しそうな
イメージがあります(笑)

 

本人が出版社勤務というのもあって、
文系科目がすごく得意な
子に育ちそうな予感(笑)

クイズ関係でテレビやイベントに
良く出演しているようなので、
出会いも多そうな気がしますが、
気が合う人は見つからないのかなー。

 

クイズに関する友達なら
めちゃくちゃいると思うんですよね。

というか、クイズ界では
神のような扱いをされているんじゃないかと思う。

なんたって
”競技クイズ最強の男”
ですし。

 

親子2代でのクイズ大会出演する日が
来るといいなって思いました!

 

まとめ

今回は競技クイズ最強の男と呼ばれる
徳久倫康さんについて
記事を書かせていただきました!

 

テレビ番組に出ている素人を
どんな人なのか調べるのって
結構楽しいんですよね。

情報がほとんどないことが多いのですが。。。

 

わずかに見つかった情報から
その人の人間性が見えてきたり、
こんな人なのかな?と想像してみたり。

 

今回の徳久さんの場合だと
クイズ界では有名人だということで、

普段はどんなクイズを解いているのだろう?
とか、
自分でもクイズを作ることはあるのかな?

など、いろいろ考えさせられましたねー。

 

クイズも奥深いものだと思いますが、
それに関わる人もなかなか奥深いものですね(笑)

 

「クイズ」「クイズ」
って書き続けていたら、

「クイズ」って単語がゲシュタルト崩壊してきた。。。

 

徳久倫康さんの今後のご活躍を
心よりお祈り申し上げます!!

スポンサードリンク



この記事を読んだ方にオススメの記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。