東京都の梅雨入り梅雨明け2018はいつ?予想時期は何月何日ごろ?

この記事は2分で読めます

こんにちは!かっぱぺんぎんです。

 

昨夜は雨が降り、今朝は曇り空でのスタートでした。
いつも通り出勤のために車に乗り込もうとすると、
車の周りに小さい虫がめっちゃたくさんいる!!!

 

今までにこんなことがなかったので
パニックになりましたね。

とりあえず車に乗ろうとしたら、
ドアを開けた瞬間
虫たちも同時に侵入してくるし。。。

 

車を発進してから窓を全開にし、
追い出そうとするも、
結局会社にまで着いてきた虫たち。。。

この虫っていったい何なんですかね?
明日もこんなのだったら嫌すぎる…

 

さて!今回の話題は、
東京都の梅雨入り・梅雨明けの時期についてです!

じめじめしとしとして
この時期が好きではない人も
多いかと思いますが、
2018年はいったいどうなるのでしょうか?

スポンサードリンク

東京の2018年梅雨入りはいつ?

気象庁の発表によると、
東京都(関東甲信)は6月6日に梅雨入りしました。

これは平年より2日早く、
昨年より1日早いとのことです。

つまり、ほぼ平年並みということですね。

東海・近畿地方も
同日に梅雨入りしました。

 

私は関東在住ではないので
最近の東京の天気がどんな感じなのかは
分からないのですが、
地元では降るときと降らない時の差が
はっきりしすぎている感じ。

 

降るときはザーッと一気に降って、
降らない時は天気予報で雨だと言っても
降らないという今年の梅雨。

天気予報があてにならないというのは
非常に困る。。。

頑張れ気象庁!!

スポンサードリンク

梅雨明けはいつごろ?

早く終わって欲しいと思う梅雨ですが、
平年関東地方では7月21日ごろ
梅雨明けが宣言されています。

 

しかし、2017は梅雨入りが平年並みだったにも関わらず、
梅雨明けは平年より約2週間早く宣言されました。
昨年は梅雨入りが発表されてから、
ほとんど雨が降りませんでしたよね~。

 

今年は平年並みの梅雨入りで
空梅雨といった感じではなさそうなので、
梅雨明けも平年並みになると予想されます。

じめじめしたのは苦手なので、
早く梅雨明けしてくれるといいな~

 

とりあえず、東京では
7月下旬ごろに梅雨明けするはず!
と、覚えておくのが良さそうです。

 

※2018年6月29日追記

なんと!本日6月29日に
関東甲信地方の梅雨明けが発表されました!!

平年より約1か月早い梅雨明けです。
まさかこんなに早く宣言されるとはびっくり…

 

昨年は梅雨明けが宣言されてから
雨が降るようになったので、
同じようなことが起こらないといいなー

 

まとめ

2017年の東京都の梅雨入りは6月6日ごろ、
梅雨明けに関してはまだ発表されていませんが、
7月下旬になると予想されます。

 

梅雨と言っても雨が降る日の頻度や
1回当たりの雨量によって
印象がかなり変わりますよね。

梅雨が明けたからといって
蒸し暑さがなくなるわけではないし、
本州に住んでいる以上は
むしむしじめじめは避けるのが難しそうですね。

北海道の人が羨ましい・・・(笑)

 

梅雨を乗り切れば、
楽しい夏が待っているはず!

東京はフェスやイベントがたくさん開催されるから
良いですよね。

梅雨の期間中でもいろいろ遊べるところがあって
いいなぁ~

と、東京に行ったことがない
田舎者が言ってみたり(笑)

 

実際田舎と東京って
梅雨だからといって何か変わるのかしら??

東京全てがテレビでよく見る
都会ではないと知ってはいますが、
やはり都心に近いというのは良い気がする。。。

何言っているのかよく分からなくなってきたので
ここらで終わりたいと思います!

みなさん良い梅雨ライフを!!

 

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。