トリ・ボウイ(陸上)の身長や記録について!結婚や世界陸上画像も!

この記事は3分で読めます

こんにちは!かっぱぺんぎんです。

 

先週から始まった世界陸上、
日本でも盛り上がっていますね~

今回は今まで世界陸上を盛り上げてきた
スター性のある選手の引退があったり、
本命不在の種目があったりと
何かと話題になりがちですね。

 

そんな中、注目されている選手の一人が
アメリカの”トリ・ボウイ”選手です。

現在女子の短距離走では
絶対的強さを持った選手が不在ですが、
ボウイ選手は優勝候補の一人として
名を挙げられるほどの選手です。

彼女がどのような人物なのか、
調べてみました!

スポンサードリンク

トリ・ボウイ プロフィール・経歴

”トリ・ボウイ”の名で知られているボウイ選手ですが、
本名は”フレントリシュ・ボウイ(Frentorish Bowie)”
と言うんですって。

フレン「トリ」シュだからトリ・ボウイという
愛称なんですね。

 

アメリカ合衆国ミシシッピ州出身で、
1990年8月27日生まれの26歳です。

※2017年8月8日時点。
もうすぐ誕生日ですね。おめでとうございます!

 

身長は175cm、体重は55kgという
高身長が特徴の一つです。

背が高いとその分手足も長くなるから、
スポーツ向きの体型なんでしょうね~

 

ボウイ選手はピスガ高校在籍時代に
100mと200mで州大会優勝、
4×100mリレーでは3回州大会優勝
を果たしています。

また、陸上だけでなく、
バスケットボールの選手としても活躍していた時があり、
チームを州大会優勝に導くほどの
実力の持ち主だったそうです。

 

大学は南ミシシッピ大学に進学し、
心理学の学士号を取得して卒業しています。

大学時代は主に走幅跳の選手として活躍し、
卒業後の2013年にプロのアスリートとなりました。

 

ボウイ選手が結婚しているかどうかは分からず。。。
結婚するなら相手もアスリートですかね?

すごい遺伝子を持った子どもが生まれそうだ・・・

 

 

走幅跳の選手として出場していた時もあったんですね~
最近ボウイ選手の事を知ったという人の中には
初めて知った!という方も
いらっしゃるのではないかと思います。

こうやって今活躍している選手が
どのような経歴があるのかって知ることは
面白いですね♪

 

大会の成績・記録

ボウイ選手のこれまでの主な大会の記録は
以下の通りです。

 

◆2014年
・世界室内選手権 走幅跳 13位(予選) 

 

◆2015年
・世界選手権(世界陸上) 100m 3位

 

◆2016年
・オリンピック 100m 2位/200m 3位/4×100mリレー 1位

 

◆2017年
・世界選手権(世界陸上) 100m 1位

 

自己ベストは以下の通りです。

・60m 7秒11(2016年)
・100m 10秒78(2016年)
・200m 21秒99(2016年)
・走幅跳 6m95(2016年)

どれも昨年に自己ベストを更新しているんですね。
まだまだ記録を伸ばすんじゃないかと期待です!

スポンサードリンク

世界陸上2017 100mで優勝!

ロンドンで開催された世界陸上の
女子100mに出場したボウイ選手。

オランダのシパーズ選手や
ジャマイカのトンプソン選手など
優勝候補と呼ばれる選手が
何人もいる中での決勝レースに進出しました。

 

そして世界中が注目する決勝レースでの
ゴールシーンがこちら!↓


出典:Twitter

 


出典:Twitter

 

大きく体を前に乗り出し、
見事優勝に輝いたボウイ選手。

2位のタル―選手とのタイム差は
なんと”0.01秒!”

 

気迫の差で勝ち取った優勝と言っても
過言ではないのではないでしょうか。

何度見ても素晴らしいレースです。

 

優勝おめでとうございます!

 

まとめ

今回はアメリカのスプリンター
トリ・ボウイ選手について
記事を書かせていただきました!

 

現在の女子短距離走は
優勝確実!と言われるような
本命選手がいないので、

どんな結果になるのか予想がつかず
見ていて面白いですねー!

 

とはいえ、世界陸上2017では
優勝候補の選手が敗北するなど、
波乱の展開が待ち受けていることもあります。

ボウイ選手が今後
他者を寄せ付けないようなスプリンターになっても、
今回の100mの時のような走りを
し続けて欲しいなと思いました。

 

トリ・ボウイ選手の今後のご活躍を
心よりお祈り申し上げます!!

スポンサードリンク



この記事を読んだ方にオススメの記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。