つきじろうとなべひろ(築地)の職業や本名は?ブログ情報も!

この記事は3分で読めます

こんにちは。

 

今日は雨が止んだので、
近所の公園でお花見をしてきました。

思ったほど雨で散っておらず、
人も少なかったのでのんびりと
過ごすことが出来ました。

 

ただ、桜の木の近くに座れる場所が
少なかったため、
どこで花見をしようか
しばらく彷徨っていました(笑)

桜を眺めながらお団子を食べるのは
初めてだったので、
いい経験が出来ました。

また来年もやりたいな~

 

さて!今回の話題は
2017年4月18日に放送される
「マツコの知らない世界」(火曜19時56分~)
に出演する

「築地ホッピングの世界」の「つきじろう&なべひろ」さん
についてです!

関連記事:ひのようこ(袋パンの世界)のプロフィール!

 

彼らは一体、どのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

つきじろう&なべひろ プロフィール・経歴

つきじろう プロフィール

名前:つきじろう

本名:非公表

出身:大阪府

年齢:2013年時点で40代前半

出典:春は築地で朝ごはん

つきじろうさんが
築地でごはんを食べるようになったのは
2005年から。

「築地王」という小関敦之さんの著書
を読んだことがきっかけだったそうです。

 

当時は出勤前の朝食として
築地のご飯を食べていたそうですが、

2011年からは母親の在宅介護のため、
土曜日に築地を訪れるようになったそうです。

 

2年前にもマツコの知らない世界に
出演したことがあるそうですが、

この時は番組を見ていなかったので、
今回初めて彼らの事を知りました。

 

築地の事を語らせたら
止まらなくなるくらい築地が大好きで、
憎めないキャラの方のようですね。

今回はどんな築地トークを披露してくれるのか
とても楽しみです!

 

なべひろ プロフィール

なまえ:なべひろ

本名?:渡邊 博光(わたなべ ひろみつ)

生年月日:1967年8月7日(49歳)※2017年4月時点

出身:千葉県我孫子市

出典:渡邊博光 公式サイト

なべひろさんは
「築地あるき」「築地はらぺこ回遊記」
という本を出版しており、
ウェブ上でもオリジナル漫画を公開しています。

 

本はイラストで築地の飲食店が紹介されています。
イラスト中心のガイド本って
読んでいて面白いので、私は好きです(笑)

 

高校生の時は
美術部と漫画部に在籍しており、
昔から創作活動が好きだったようです。

スポンサードリンク

ブログについて

つきじろうさんは
春は築地で朝ごはん
というブログを書いています。

 

食事の写真と共に
リポートをしているのですが、

写真がとても上手で、
どれもすごく美味しそうに映っています。

 

つきじろうさんのブログを見ていると、
自分も築地でご飯を食べたい!
という気持ちになってきます。

お腹が空いているときに閲覧すると
より食欲がそそられます(笑)

 

職業は何?

つきじろうさんの職業については、
どんなお仕事をされているのか分かりませんでした。

会社員であることは確かだと思うのですが、
一体どんなお仕事なんでしょうね?

 

「つきじろう」と検索すると
「東芝」という関連キーワードが出てきますが、
つきじろうさんが東芝で働いているという根拠は
見つかりませんでした。

 

一方、なべひろさんは
自身の公式サイトで
「土木技術者」と書いています。

資格もかなりたくさん持っているようです。

 

しかし、ブログでは退職をするという
内容のものが書かれていました。

現在も同じ職種で再就職したのか、
全く違う仕事をしているのかは分かりませんでした。

 

まだ定年を迎えていないので、
いい仕事に巡り合えているといいなと思います。

 

まとめ

今回はマツコの知らない世界に出演する
つきじろうさんとなべひろさんについて
記事を書かせていただきました!

 

食レポブログと言えば、
「フォーリンデブ はっしー」さんが
有名ですが、

この2人ははっしーさんとも親交があるようで、
はっしーさんのブログに登場していたことも
ありました。

同じ趣味を持つ人の輪って
どんどん広がっていくんですね~

 

それにしても、築地での食事、
とても美味しそうです!

築地は今移転問題でいろいろと
揉めていますが、どうなるんですかね?

 

私も一度でいいから
築地グルメを堪能したいなと思いました。

 

つきじろうさんとなべひろさんの
今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。