台風18号2017名古屋三重(東海)上陸の可能性や進路は?最新米軍予想も!

この記事は3分で読めます

こんにちは!かっぱぺんぎんです。

 

今日は水曜日です。
1週間で一番だるい日ですねー。

今度の土日月は3連休なのが唯一の救いです(笑)

 

でも、欲を言うと
月曜祝日の連休よりも、金曜祝日の方連休の方が
好きなんですよね。

火曜日から仕事スタートだと
めちゃくちゃ違和感があって、
曜日感覚が狂ってしまう。。。

 

祝日があること自体がありがたいですけどね。
2017年は休みが少ないので、
よりそのありがたみが感じられます。

 

 

さて!今回の話題は、
2017年9月10日に発生した
台風18号についてです!

当初は日本には来ないだろうと思われていた台風が、
まさか日本横断の予報に!!

 

この台風の進路や近畿地方に与えると予想される影響について
まとめてみました!

スポンサードリンク

台風18号について

今回発生した台風18号に関する基本情報は
以下の通りです。

 

名前:TALIM(タリム)
進行方向:北北東
速さ:ゆっくり
中心気圧:935hPa
最大風速:中心付近で50m/s
最大瞬間風速:70m/s

 

 

台風は勢力を強めながら移動しており、
2017年9月15日午前9時現在は
東シナ海に位置しています。

 

日に日に勢力が強くなっています。
しかし、勢力が強くなるにつれ移動速度も遅くなっているし、
温帯低気圧に早く変わってくれるといいのですが・・・

進路はどのような予想がされているのでしょうか?

 

進路予想は?東海地方への影響は?

以下が米軍予想の台風進路図です。

出典:米軍予想

 

気象庁の予想はこちら↓


出典:Twitter

 

 

この台風が発生したばかりのころは
中国大陸方面へまっすぐ抜けていくという
予想となっていましたが、
12日の朝に本州の方へ進路を進めるのではないか
という予想に変わりました。

 

そして、新しい台風情報が発表されるたびに
台風の進路はカーブが急になっていき、
日本列島を横断していく形に変化したのです。

まるで狙ったかのような急カーブと進路ですよね。
こんなことってあるんですねー。

 

進路予想は更新されるたびに変わるので
必ずしもこのような進路になるとは限りませんが、
台風に対する警戒をするに越したことはありません。

 

現時点での進路予想では、
東海地方に最接近・上陸する可能性があり、
9月17日頃が要注意となっています。

日本列島の南側を通ると予想されていたのがまた変わり、
日本海側に抜けるような進路が予想されました。

 

そのため、東海地方全域に台風の警戒が必要です。
特に岐阜県は台風が直撃する可能性があります。

 

3連休の天気が悪い予報なのは
この台風のせいなんですかね?

よりによって連休中にくるとは
なんて都合の悪い。。。

 

もし今後も台風が温帯低気圧に変わらず、
接近してきた場合には強い雨や風にはご注意ください。

 

今後また進路が変わって上陸する可能性もあるので
最新情報はこまめにチェックしてくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は台風18号についてまとめてみました!

 

今年発生した台風は来ないと思ったら
来るというパターンが多いですね。

大きく曲がって日本を横断する形に
よくなっていますが、
これってどういう現象が関わっているんだろう???

雨の日も多いし、
例年とは違った気候って感じがします。

 

台風がくると予想されている日までには
まだ数日あるので、
この間に勢力が弱まって温帯低気圧になってくれるといいですね。

 

予報が再び大きく変わる可能性もあるので、
台風情報は今後も要チェックです。

スポンサードリンク



この記事を読んだ方にオススメの記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。