台風18号2017大阪(近畿地方)上陸の可能性や進路は?最新米軍予想も!

この記事は2分で読めます

こんにちは!かっぱぺんぎんです。

 

 

最近喉が弱くなったみたいで、
暇なときにちょっと歌を歌うだけで
喉が痛くなってしまいます。。。

一昨日ちょっと歌っていたら
今日もまだ喉が痛い。。。

 

何かをするたびに体の回復が遅くなっていっているのを
年々感じるんですよねー。

というか、今の年でこんなに衰えを感じていたら
倍の年齢になった時どうなってしまうのだろう。。。

考えたくないなー(笑)

 

 

さて!今回の話題は、
2017年9月10日に発生した
台風18号についてです!

当初は日本には来ないだろうと思われていた台風が、
ここにきて日本横断の予報に!!

 

この台風の進路や近畿地方に与えると予想される影響について
まとめてみました!

スポンサードリンク

台風18号について

今回発生した台風18号に関する基本情報は
以下の通りです。

 

名前:TALIM(タリム)
進行方向:北北東
速さ:ゆっくり
中心気圧:935hPa
最大風速:中心付近で50m/s
最大瞬間風速:70m/s

 

 

台風は勢力を強めながら移動しており、
2017年9月15日午前9時現在は
東シナ海に位置しています。

 

日に日に勢力が強くなっています。
移動速度も遅くなっているし、
早く温帯低気圧に変わるといいのですが・・・

進路はどのような予想がされているのでしょうか?

 

進路予想は?近畿地方への影響は?

以下が米軍予想の台風進路図です。

出典:米軍予想

 

気象庁の予想はこちら↓


出典:Twitter

 

 

当初は中国大陸方面へまっすぐ抜けていくという
予想となっていましたが、
12日朝になってから
本州の方へ進路を進めるのではないかという予想に変わりました。

 

そして、新しい台風情報が発表されるたびに
カーブの角度が急になっていき、
日本列島を横断していく形に・・・

どうしてこんな風に変化するのか不思議です。。。

 

予報は更新されるたびに変わるので
必ずしもこのような進路になるとは限りませんが、
台風に対する警戒をするに越したことはありません。

 

現時点での進路予想では、
近畿地方に最接近・上陸する可能性がかなりあり、
9月16日~17日頃が要注意となっています。

日本海側に向かって真っすぐ進路をとると予想されており、
兵庫、大阪、京都、滋賀あたりは直撃に対する
警戒が必要です。

 

3連休の天気が悪い予報なのは
この台風のせいなのでしょうか。

2017年はたださえ休みが少ないのだから、
連休の時くらい晴れて欲しいですよね。。。

 

もし台風が温帯低気圧に変わらずに接近してきた場合、
強い雨や風にはご注意ください。

 

今後また進路が変わって上陸する可能性もあるので
最新情報はこまめにチェックしてくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は台風18号についてまとめてみました!

 

今年の台風は嫌な進路を取ることが多いですねー。
意外な台風が日本を横断する形になるパターンで
困ったものです。。。

 

台風がくると予想されている日まで
まだ数日あるので、
この間に勢力が弱まり温帯低気圧に変わるといいですね。

 

予報が再び大きく変わる可能性もあるので、
台風情報は今後も要チェックです。

スポンサードリンク



この記事を読んだ方にオススメの記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。