上野正彦(元監察医)の経歴や年収について!著書や講演会情報も!

この記事は3分で読めます

こんにちは。

 

今日はとてもいい天気で、
風も気持ちいです。

こんな日は「外を歩き回りたい!」
と感じますが、
やらなくてはならないことがあるので、
断念しました。

 

明日は出歩く予定ですが、
天気がちょっと怪しいんですよね。

なかなか自分にとって都合よく
天気は変化しないようです。。。

 

天気に限ったことではありませんが、
その時にしかやれないことってありますよね。

「思い立ったが吉日!」なんて言葉もあるくらいですし、
与えられた時間やチャンスは大事にしなきゃいけないな~
と感じました。

 

さて!今回の話題は
2017年4月28日に放送される

「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜19時56分~TBS)
に出演する「上野正彦」さんについてです!

 

今回の金スマはスペシャル版で2時間の放送になります。
これは内容が濃そうですね!楽しみです。

上野さんはこれまでにもこの番組で取り上げられることが
ありましたが、
あらためてどのような人物なのかまとめてみました!

スポンサードリンク

上野正彦プロフィール・経歴

名前:上野正彦(うえの まさひこ)

生年月日:1929年1月1日(88歳)

出身地:茨城県

学歴:東邦医科大学→日本大学医学部法医学教室

出典:Wikipedia

上野さんは法医学の専門家で、
元東京都監察医務院長を務めた経験があります。

 

法医学は、犯罪捜査や裁判などで必要とされる
医学的事項に関する研究をする学問です。

実務では司法解剖や、DNA型鑑定、精神鑑定などを行います。

 

上野さんがこれまでに解剖した遺体は5000体以上、
検死は20000体以上なんですって。
そんな実績から、「死体の専門家」とも言われています。

 

上野さんは北村晴男弁護士の相棒ともいえる存在で、
共に協力し合うことで
これまでにいくつもの事件の真相を暴いていきました。

 

彼らの活躍をテレビで見るたびに、
「こんな推理小説のような話が現実にあるんだ!」
と驚かされましたね。

 

事故死に見せかけた殺人や、
殺人に見える自殺などを、
上野さんの力によって解決していく話は
聞いていて本当に面白い!

上野さんがいなければ犯人が無罪、
逆に冤罪になってしまう可能性があったと思うと、
恐ろしくも感じます。

 

 

日本は変死体の司法解剖の数が他国と比べてとても少なく、
数パーセントしか行われていないとされています。

この話を聞くと、見逃されている事件って
たくさんあるんじゃないかと考えられますよね。

この低い数字は、法医学者の数が少ないというのも
理由の一つだそうです。

 

上野さんの活躍が、
法医学者をや増やすきっかけになればいいなと思います。

 

年収はどれくらい?

法医学者(監察医)ってどのくらいのお給料がもらえるのか、
皆さんはご存知ですか?

「医者」とつくくらいなのだから、
高給取りなのかと思われるかもしれませんが、
実は医学界で一番お給料が少ないと言われています。

 

仕事内容が3K(危険、汚い、臭い)であり、
法医学者が少ないのはこれが原因とされています。

だから上野さんのように仕事に熱意を持っている人しか
残らないんですって。

 

そんな法医学者の年収は約700万円と言われています。

皆さんが良くイメージする医者の平均年収が
2000万円前後ということを考えると、
3分の1くらいしかありません。

 

せっかく医者になったのに、
仕事がきつくて給料は安い。

おまけに世間に言いにくい職業なので、
なりたがらない人が多いのも分かるような気がします。

 

上野さんクラスになると、
本業の他に著書やメディア出演などの収入も入ってくるので
そこそこの年収にはなっていると思いますが、

この仕事の一番の原動力はお金よりも
情熱なんだろうなと感じますね。

スポンサードリンク

著書について

上野さんはこれまでに何冊もの本を執筆・出版しています。
日本推理作家協会の会員でもあるんですって。

 

一番有名な著書はベストセラーとなった「死体は語る」でしょうか。

出典:楽天ブックス
この本、昔話題になった時に読んだことがありますが、
分かりやすくサクサク読めてとても面白かったです。

死体の話はちょっと・・・と抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、
表現がマイルドなので、グロさは感じなかったと記憶しています。

 

これまでに出版された書籍は30冊以上

テレビを見て上野さんの仕事に興味を持たれた方は、
1度読んでみることをおすすめします。

 

講演会はいつ行われているの?

上野さんの名前で検索をすると、
「講演会」というキーワードが出てきます。

今でも講演会を実施しているのかな?
と思って調べてみたのですが、
ここ数年は講演会をやっていないみたいですね。

 

もしかしたら専門家向けの講演会は
今でも行っているかもしれませんが、

ネットで調べた限りでは最近の講演会情報は
ありませんでした。

 

テレビや書籍でこれまでの活躍を見ることが
できるだけでも十分面白いですが、
直接お話が聞けないのは残念ですね。

もし今後講演会が開催されたら、
参加できた人はかなりラッキーですね。

 

まとめ

今回は法医学者の上野正彦さんについて
記事を書かせていただきました!

 

北村弁護士とタッグを組んで事件の真相を明らかにする話は、
どれもとても面白いですよね。

現実に起こった事件なのだけど、
創作の世界のような出来事というのが
まるでドラマを見ているようです。

 

弁護士や法医学者が実際どんなことをしているのかって
普段は気にしないし、分からないものなので、
こういった話を聞くことが出来るのは嬉しいですね。

 

明日は図書館に行く予定なので、
上野さんの著書を借りてこようかな~と思います。

 

上野正彦さんの活躍を見て、
法医学者を志す人が増えますように!!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。