笑う招き猫(ドラマ)あらすじと最終回ネタバレ!内容は原作と一緒?

この記事は3分で読めます

こんにちは。

今日は10分くらい仮眠を取るつもりが、
気が付いたら1時間寝てしまっていました。

いつもだったら
すぐ目が覚めるのに、
どうした自分!(笑)

 

そのせいで今日やりたかったことが
全然出来ませんでした。

今からちょっとでもやろうと思います。
しかし、寝すぎたせいか頭が痛い(笑)

 

さて、今回の話題は
ドラマ「笑う招き猫」についてです!

2017年早々に話題を呼んだ
清水富美加さんが主演を務めるこのドラマ、
一体どんなストーリーなのでしょうか?

ネタバレが嫌だという方は
後半は読まないようにしてくださいね!

スポンサードリンク

ドラマの放送はいつ?

ドラマ「笑う招き猫」(全4話)の放送日程は
以下の通りです。

MBS

3月19日(日)放送開始
毎週日曜 深夜0時50分~
※初回は深夜1時5分~(予定)

 

TBS

3月21日(火)放送開始
毎週火曜深夜1時28分~
※初回は深夜1時45分~(予定)

 

映画は2017年4月29日(土・祝)
に公開されます。

映画公開前に放送されるドラマ版は
一体どのような内容なのでしょうか?

 

ドラマのあらすじ

ヒトミ(清水富美加)アカコ(松井玲奈)
は漫才コンビ「アカコとヒトミ」
として活動をしている。

出会って7年、
コンビを組んで5年、
二人は27歳になっていた。

 

売れないまま時間だけが過ぎる日々。

二人はブレイクのきっかけを作るため、
ネット動画サイトに
動画を配信することを日課にしている。

 

幼馴染の蔵前真吾(落合モトキ)
大島洋次(荒井敦史)
制作を協力してもらっているものの、
再生数はなかなか伸びない・・・

 

そんな中ヒトミは、
漫才の練習中に泥酔してしまった
アカコにドッキリを仕掛けることに・・・

 

これが第1話のあらすじです。
一体ヒトミはどんなドッキリを仕掛けるのか?!

二人は売れることが出来るのか?!

とても気になるストーリーですね。

スポンサードリンク

原作との違いは?最終回はどうなる?

※ここからは原作のネタバレを含みます。
知りたくない方は読まないようお願い致します。

 

 

ドラマ版の笑う招き猫、
最終回はどうなるのでしょうか?

ちなみに原作をざっくりと
まとめると、こんな感じです。

 

 

努力の甲斐あり、二人は徐々に
人気や知名度が上がっていきました。

そんな中、二人にテレビ出演の仕事が
舞い込んできました。

 

テレビでの二人の扱いは漫才師というよりは、
「タレント」。

アカコはお笑いタレントとして売れることを
期待していましたが、
ヒトミは漫才師として舞台に立つことを
望みました。

 

二人は方向性の違いによって、
次第に喧嘩をすることが増え、

仕事仲間としてだけでなく、
友情までもが崩壊しそうなほどの
危機に立たされます。

 

最終的には
「舞台で漫才を続ける」

という結論を出し、
二人はこれからもコンビとして
活動を続けていく。

といった感じのラストになっています。

 

どうやって仲直りしたかは書かれていません。
ここは読者の想像にお任せします!

といったところでしょうか。

ドラマや映画だったらやりそうですけどねー。
この辺りを一番の見せ場に持ってきそうな予感。
どうなるのかなー。

 

ドラマでは一体どのようなラストを
迎えるのか?!

放送されてからのお楽しみですね。

 

まとめ

清水富美加さんの引退騒動で
一時は代役やお蔵入りの可能性もあった
「笑う招き猫」ですが、

なんとか放送できるようで
良かったですよね。

 

これが女優「清水富美加」としての
最後の作品になるのでしょうか?
ファンは要チェックですね!

 

笑う招き猫は漫才師の女性コンビが
主役のストーリーなので、

清水さんと松井さんが
どこまで役にハマれるのかというところも
見所の一つですよね!

 

ドラマ版は全4話という短いものですが、
どんなストーリーになるのか
今からとても楽しみです!

スポンサードリンク


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。