山田哲人のWBCホームランの動画はある?なぜキャッチしたらダメなの?

この記事は2分で読めます

こんにちは。

花粉のせいか目が少しかゆいです。
今日はずっと部屋を閉め切っていたのに
なぜだろう。

早く花粉のピークが過ぎ去って欲しいです。
辛い辛い。

 

さて、今回の話題はWBC2017についてです!

開幕前から大谷翔平選手の出場辞退などで
なにかと話題になっていましたが、
開幕後も大きな話題を呼んでいます!

スポンサードリンク

幻のホームラン動画

事件が起きたのは
2017年3月7日のキューバ戦。

なんと山田哲人選手がホームラン!
を打ったと思ったら・・・

なんと観客席の子供がボールをキャッチ!

判定は二塁打となり、
幻のホームランになってしまったのです・・・

その動画がこちら↓

出典:Twitter

ナイスキャッチですね少年。
良い笑顔です。
ホームランの演出がされているにもかかわらず、
判定は二塁打。

これはどのようなルールによるものなのでしょうか?

スポンサードリンク

ホームランボールはキャッチしたらダメなの?

山田選手が打った後、
大勢のファンが大喜びしていますよね。
みなさんホームランになったと思っていたことでしょう。

野球のルールを知らない人にとっては
なぜホームランにならないの?
と思った方も多いはず。

 

これは規則で決められていることであり、
観客がボールをキャッチしてしまった場合は
客による妨害とされるようです。

こうなった時審判は、
この妨害がなかったらどうなっていたのか
という事を考えて判定をします。

 

今回のようなケースなら
2ベースかホームランの判定になると
思われますが、
残念ながら2ベース判定になってしまいましたね。

過去にも似たような事例があったようです。↓
Yahoo!知恵袋

 

フェンスを越えたボールを
外野手が撮った場合はホームランとならず、
アウトになるそうです。

 

ルールを知らないと
混乱してしまいますよね。

ホームランになるかもしれない!
というギリギリのボールが飛んで来たら
キャッチしたくなる気持ちは分かりますが、
ぐっとこらえる必要があるんですね。

 

まとめ

山田選手のバッティング、見事でした!
しかし、判定は残念ながら2ベース。

キャッチしたのがファンであるということから、
怒るのも心苦しいだろうな~と思います。

ホームランボールが欲しいという気持ちは
分からなくもありません。

過去にも同じような事例があったので、
「ファールボールにご注意ください」

というアナウンスのように、

「ホームランボールはキャッチしないでください」
というアナウンスも必要かもしれませんね。
(もうあるのかしら?勉強不足でごめんなさい)

 

今回は思いがけないアクシデントがありましたが、
まだまだWBCは始まったばかりなので、
今後どんなプレーを見ることが出来るか楽しみですね!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。