山口桂の年収はどれくらい?オークションスペシャリストになる方法は?

この記事は3分で読めます

こんにちは。

今日は冷えましたね!
もうすぐ4月になるのに、
暖かくなったり寒くなったりの
繰り返しですね。

 

確か数年前にもこんな感じの
気候の時があった気がします。

4月になってからも雪が降って、
ダウンを着て外出した思い出。

寒いのは苦手なので、
早く暖かくなってほしいです。

 

さて!今回の話題は
2017年3月27日に放送される
「プロフェッショナル 仕事の流儀」(月曜22時25分~NHK)
に出演する

「山口桂」さんと彼のお仕事についてです!

山口さんは一体どのような人物なのでしょうか?
調べてみました!

スポンサードリンク

山口桂プロフィール・経歴

名前:山口桂(やまぐち かつら)

生年月日:1963年生まれ

出身地:東京都

学歴:暁星学園→立教大学文学部卒

出典:artscape blog

山口さんは大学卒業後に
広告代理店に就職し、
1994年にクリスティーズ・ジャパン入社に入社しました。

そこでは取締役副社長にまで出世したそうです。
昔から有能な方だったということが
経歴から感じられますね!

 

さらに、2000年からは
クリスティーズ・ニューヨーク日本・韓国美術部
ヴァイス・プレジデント/シニア・スペシャリスト
として勤務しています。

ヨコ文字が多くて長い肩書ですね。
どんな役職なのかいまいち理解できません。

 

ヴァイス・プレジデントとは、
海外(特にアメリカ)の企業や法人および、
その日本支店もしくは子会社等において、

法人の代表者であるプレジデントを
補佐または代理する役員のことだそうです。

ようはすごく偉い立場にある人だということ
ですね!

 

2007年から現在の職務である
シニア・ヴァイス・プレジデント及び
日本・韓国美術部門インターナショナル・ディレクター

を務めているんだそうです。

 

経歴を見るとすごく難しそうな
お仕事をしているイメージがありますが、
実際の仕事内容は
どんなものなのでしょうか?

スポンサードリンク

オークションスペシャリストとは?

山口さんが務める
オークションスペシャリストとは、

この世に存在する美術品の中から、
本物を見極め、最高の価値があるものだけを
選び抜く人のことです。

 

山口さんは2008年のオークションにて
伝運慶作大日如来像(現真如苑蔵)を
1430万ドルで売却することに成功しています。

これは日本古美術品としての
オークション史上世界最高額を記録したんだそうです。

 

1430万ドルって想像もつかないほどの大金です。
購入した人もすごい・・・

 

美術品と言えば本物そっくりの偽物が
出回っている世界です。

その中で本物を探し当て、
さらに価値のあるものをよりすぐるとなると
かなり高度な目利きが要求されます。

長年の経験と、
美術品の知識が試されるお仕事ですね。

 

オークションスペシャリストになるには?年収はどれくらい?

山口桂さんの場合

山口さんの場合だと、
オークションスペシャリストになるにあたって、
クリスティーズ・ジャパンに入社しています。

他にもオークション会社というのは
たくさんあって、
おそらくそこで経験を積むことにより、
オークションスペシャリストになれるのだと思います。

 

求人はある?

クリスティーズではどのような人材を募集しているのか
調べてみたのですが、

今は求人を出していない、
もしくは公募していないのか
求人情報を見つけることが出来ませんでした。

 

なので、年収もどれくらいなのか
分かりませんでした。
ごめんなさい。

 

しかし、山口さんのように
高額な美術品をオークションに出せるレベルになると、
ものすごくお給料をもらっていそうですよね。

ただ、それには本物を見分けることが出来る目や知識が
必要であり、
決して楽な仕事ではないはずです。

 

世の中にはこんなお仕事もあるんだと
勉強になりました。

 

まとめ

今回は山口桂さんと
オークションスペシャリストについての記事を
書いてみました!

 

みなさんはこのようなお仕事が存在するということを
ご存じだったでしょうか?

私はプロフェッショナルの予告を見て
初めて知りました。

 

数多に存在する美術品の中から
本物、さらに高い価値を持つものを
見極めるというのは
まさに宝探しですよね。

素人がいきなりやろうと思って
出来る仕事ではないということが
伝わってきました。

 

オークションと言えば
ヤフーオークションなどで
今は一般人でも気軽に利用できるものに
なっていますが、

山口さんが活躍しているような
こんな世界もあるんですね・・・

駆け引きとかも難しそうです。

 

山口桂さんの今後のご活躍を
心よりお祈り申し上げます!!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。