山下健(豆腐職人)の年収や経歴について!売上はどれくらい?

この記事は3分で読めます

こんにちは。

今物凄く眠いのですが、
もう夕方なので今から寝るのもなー、
という状態。

中途半端な時間に寝てしまうと
夜眠れなくなってしまいませんか?

それで夜寝るのが遅くなると
朝起きられなくなるっていう。

 

こんないい加減な生活していたら
いけないですよね。

もっとシャキッとしたいと思います!

 

さて!今回の話題は
2017年4月3日に放送される
「プロフェッショナル 仕事の流儀」(月曜22時25分~NHK)
に出演する

豆腐職人の「山下健」さんについてです!

彼は一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

山下健プロフィール・経歴

名前:山下健(やました たけし)

生年月日:1954年 62歳 ※2017年4月時点

出身地:埼玉県所沢市

出典:山下とうふ店 公式サイト

山下さんは「山下とうふ店」の5代目豆腐職人です。
このお店、なんと創業が明治5年
145年も続いているんです。

 

若いころは家業を継ぐことが嫌だと思っていた
時期もあったそうですが、
現在は豆腐作りに生きがいを感じる
一流の職人として活躍しています。

 

年間20種類以上の大豆を使用して
豆腐作りに励んでおり、

今までに豆腐にした大豆の種類は
150種類に及ぶんだとか。

 

大豆にはこだわりをもっており、
希少種を研究所から取り寄せ、
無農薬・無化学肥料で自家栽培するという
徹底ぶり。

こうして出来上がった「かむろとうふ」
は多くの美食家に愛されているんですって。

 

一度でもいいから山下さんが作った
豆腐を食べてみたいです!

スポンサードリンク

売上はどれくらい?

価格や販売について

山下さんの豆腐は
本店からと通販の2通りの購入方法があります。

豆腐の他、湯葉や油揚げなども
販売しています。
価格は70~1500円でした。

 

豆腐は330gで
300円のものと500円のものがあります。

330gでこの値段って
かなり高価ですよね!

私が普段買っている豆腐が
8個くらい買えちゃいます。

どんな味や食感なのか
ますます気になります。

 

購入に関しては山下とうふ店の
公式サイトをご覧下さい↓
山下とうふ店 公式サイト

 

売上を計算してみたら・・・

豆腐は自家農園産大豆使用して
作られたものを販売しているようです。

年間2~3トン収穫されたものを、
一日60~90丁相当になるように
毎日計画的に使う量を決めているんだそうです。

 

売上がどれくらいあるのかは分かりませんでしたが、
自家農園産の豆腐だけの売り上げを
ざっと計算してみても数千万円はありそうです。

大豆の持ち込みによる
委託製造というものも行っているようなので、
かなり売り上げはある気がします。

 

どこの誰だかも分からない
素人の作る豆腐ならこの値段で売れたり、
製造を依頼されることはないでしょう。

熟練された腕を持つ職人が作る豆腐だからこそ
需要があるのでしょうね。

 

年収はどれくらい?

売上に対して年収はどれくらいあるのだろう?
と考えてみましたが、

大豆栽培にはかなりの設備投資費用が
かかると考えられますし、

豆腐に加工する際に使用するものも
メンテナンスなどで
結構お金がかかるんじゃないかな?

と思います。

 

そうなると、手元に残るお金って
どれくらいになるんですかね・・・

全く予想できませんが、
山下さんは豆腐作りに生きがいを感じ、
誇りをもってしていることなのだから
自分の収入はそこまで気にしていないんじゃないのかな
と思いました。

 

自分の懐に入るお金がたくさんあるのならば、
豆腐作りに投資していそうなイメージがあります。

 

 

まとめ

今回は豆腐職人の山下健さんについて
記事を書かせていただきました!

一流の職人が作った豆腐って
どんな味なんだろう?
とすごく気になります。

 

家業だから嫌々継いだわけではなく、
生きがいをもって豆腐作りをしている
というところが
まさに職人!って感じですね。

 

年を重ねるにつれ、
大豆栽培に関しては特に
体への負担が大きくなっているのではないかと思います。

これからも元気に美味しい伝統ある豆腐作りを
続けてもらいたいです!

 

山下健さんの今後のご活躍を
心よりお祈り申し上げます!

スポンサードリンク



この記事を読んだ方にオススメの記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。