完全個室バスの料金や安く乗る方法について!車内の設備は何がある?

この記事は3分で読めます

こんにちは。

 

みなさんは夜行バスって乗ったことがありますか?

 

私はないのですが、

狭い場所でずっとじっとしていなくてはならなかったり、

隣の人との距離が近くてストレスがたまるなど

安さの代償がつらいということをよく聞きますね。

 

そんな夜行バスが進化しているという情報を手に入れました!

その名も、

 

「完全個室バス!」

 

バスって元々そんなにスペースないのに

そんなことできるの???

と思いませんでしたか?

 

それを実現してしまったのだから驚きです。

このバスが一体どういうものなのか調べてみました!

スポンサードリンク

完全個室バスとは

どこの会社のバスなの?

この完全個室バスを実現したのは、「関東バス」です。

このバスの名称は

「DREAM SLEEPER(ドリーム スリーパー)東京・大阪号」

といいます。

運行開始日は2017年1月18日です。

 

走る区間は?席数は?

この完全個室バスは、夜行高速バスとして、

東京池袋駅西口と大阪なんば、両備バス門真車庫間を1日1往復するそうです。

 

現在の運行ダイヤは、

池袋22時50分発→なんば6時40分着→門真車庫7時30分着

 

門真車庫21時50分発→なんば22時40分発→池袋6時40分着

 

だそうです。

 

席数はなんと11席!!

普通のバスでは考えられない少なさですよね。

業界最小の席数なんですって。

 

これで利益を出そうと思ったら、

料金はとんでもなく高くなるのではないでしょうか?

 

料金について

気になるこの完全個室バスの料金は

なんと大人2万円!!(運賃9000円、座席料金1万1000円)

 

高いですね~

新幹線のグリーン車とほとんど同じです。

 

でも、こちらは宿泊を兼ねることができるということで

この高額設定をしたんだとか。

 

確かに新幹線+ホテル代だと高くつきますもんね…

いやしかし、やっぱり高いよ~

スポンサードリンク

バスの設備について

この個室バスの広さは幅約85cm、奥行き約160cm。

保安基準をクリアするために、

各部屋ごとにカメラがついているんですって。

 

でも、座席に座っていればカメラは起動しないそうです。

ずっと撮影されていたら個室の意味ないですもんね~

 

また、気になる就寝スタイルですが、

残念ながら椅子をフルフラットにすることはできないそうです。

奥行160cmじゃ厳しいですよね~。

 

しかし、その代わりに「ゼロ・グラビティシート」というものを

採用しており、まるで胎児がお腹の中にいる感覚で

横になることができるようです。

 

他にも設備がすごいです!

・全面カーペット敷き

・アメニティ完備(スリッパ、ミネラルウォーター、アイマスク、耳栓、歯ブラシなど)

・コンセント

・充電用USB

・車内Wi-Fi

・プラズマクラスターイオン発生機

・温水洗浄機能と水浄化機能付きトイレ

・独立パウダールーム

など

 

これは料金が高くなるのも納得ですね。

バスとは思えないくらい充実しています。

 

誰が乗るの?

この料金設定でどんな人が乗るの?

って思いませんでしたか?

 

ターゲットはビジネスマンと女性らしいです。

時間に追われるビジネスマンならまあ分かりますが、

女性で乗る人ってどういう人なんだろう・・・

 

今って夜行バスは女性客と男性客が隣り合わないように

配慮してくれるっていうし、

わざわざこの高い方の夜行バスに乗るんでしょうか。

 

お金持っている人だったら選ぶだろうけど、

庶民は乗らないだろうな~

 

ネタにするために乗るって人ならいそうですね(笑)

 

安く乗るためには?

個室バス乗ってみたいけど!高い!

もうちょっと安くならないの?

と思う方はたくさんいると思います。

 

2017年2月28日までは運行記念割引として

大人料金が2000円割引されるようです。

 

それでも1万8千円・・・高い・・・

 

このバスの切符が金券ショップに出回る日は

来るのでしょうか???

うーん。

 

イベントとかがあれば安く乗れる

キャンペーンをやるかもしれませんね。

 

あとこれが成功すれば他にも真似するところが出て、

価格が下がったりとかないかなぁ~

 

まとめ

完全個室バスは非常に面白そうですが、

やはり料金が気になりますね。

 

いったいどれくらいの人が利用するのか

楽しみです!

 

やっぱり初日は乗った人にインタビューとかするんですかね。

どんな人が最初に乗るのでしょうか・・・

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。