岐阜廿原(つづはら)ええのおでいちご狩り!開園期間やアクセスは?

この記事は2分で読めます

こんにちは。

12月といえば、クリスマスケーキ

を食べるという方も多いのではないでしょうか?

 

クリスマスケーキに欠かせないのが

彩り鮮やかなイチゴですよね。

 

イチゴをたくさん食べたい!!

イチゴ大好き!

という人は、イチゴ狩りに出かけるということも

あるんじゃないでしょうか?

 

イチゴ狩りといえば、1月から始まる所が

一般的です。

 

しかし、岐阜県にある

廿原観光農園(廿原ええのお)

では、12月からイチゴ狩りを楽しむことができるんです!

 

今回はこの廿原ええのおについて

ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

廿原ええのおとは

岐阜県多治見市廿原町にある有限会社。

38名の農家が一括営農しています。

周辺地域の都市化が進んでいる中、

昔ながらの農村らしさが残る里山環境を

次世代に引き継いでいくことを目標にしておられます。

 

農産物作りにもこだわりがあり、

生産者の顔が見える、地産地消型農業をはじめ、

安全・安心品質を追求した

低農薬、減化学肥料での生産を行っています。

 

イチゴの品種は何?

廿原ええのおのイチゴ狩りで採れるイチゴの品種は

”章姫”

です。

 

章姫の特徴

章姫とは、「久能早生」と「女峰」の交配によって生まれた

静岡県の萩原章弘氏が育成したイチゴです。

名前は、萩原さんの名前が由来となっています。

 

見た目は長めの円錐形で大きめ。

果皮はやわらかめで、酸味が少なく

甘くてジューシーです。

 

収穫ポイント

章姫の色は、鮮やかですが、

色味が濃いわけではありません。

なので、色の濃さで見分けるのではなく、

全体が色づいており、香りがするものを選びましょう。

 

また、やわらかい品種なので、

押しつぶさないように気をつけましょう。

スポンサードリンク

イチゴ狩りはいつから?

イチゴ狩りの予約受付は、2016年12月5日現在、

既に始まっています。

ただし、12月の土日は既に満園になっており、

好天候が続けば予約できる可能性があるということです。

予約制なので、予約は忘れずに!

予約方法

電話の場合

090-4262-4115(予約専用の番号です)

受付時間:9:00~17:00

ネットの場合

http://tuduhara.com

 

入園料金

一般(中学生以上)      1,700円

小学生          1,200円

幼児(4歳~小学生未満)1,000円

 

春料金(5月7日以降)

一般(中学生以上)      1,200円

小学生             900円

幼児(4歳~小学生未満)   700円 

 

営業時間

12月上旬~5月中旬まで

定休日:毎週金曜日、12月31日~1月2日

※12月30日(金)は営業

備考

・車椅子可

・ペット入園禁止

 

アクセス

所在地:岐阜県多治見市廿原町472-1

・自動車の場合

中央自動車道多治見ICから、国道19号経由

または、同248号経由で県道を経て約20分。

※駐車場約80台

 

・バスの場合

JR中央線の古虎渓駅-廿原ええのお

(2月から運行)

 

まとめ

廿原ええのおはただイチゴ狩りをしたい!

という人だけでなく、

自然を感じながらのんびりと過ごしたい!

という人にもおすすめの農園です♪

 

夏にはブルーベリー狩りを楽しむこともできます。

 

廿原ええのおのイチゴはインターネット販売も行っているので、

この農家さんのファンになった人はぜひ利用して見てはどうでしょうか?

 

また、この農園では、不耕起米という、

田んぼを耕すことなく、農薬も肥料も使わないで

イネを作っています。

皇居に献上されたこともあるお米です。

インターネットでも販売しているので、

興味がある人はぜひチェックしてみてください♪

 

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。