餃子フェス仙台2017の値段や開催場所は?日程やアクセスについても!

この記事は3分で読めます

こんにちは!かっぱぺんぎんです。

 

みなさんは食べ物のフェスって行ったことがありますか?
有名なものだと肉フェスですかね。

 

ちなみに私は行ったことがありません。
というのも、会場が遠いから。。。

 

食べ物系のフェスの広告を見るたび

「行ってみたい!」

と思うんですが、
「遠いからやっぱいいや・・・」

って思ってしまい、
結局行かないっていう。

 

地元でやらないかなー
と淡い期待をしています(笑)

 

さて!今回の話題は、仙台で行われる
”餃子フェス SENDAI 2017”
についてです!

東北地方初の開催となるこの餃子フェスに関する情報を
まとめてみました!

スポンサードリンク

開催日時はいつ?

これまで東京、大阪など
各地で行われてきた餃子フェス。

累計来場者数は約40万人という人気イベントですが、
今まで東北での開催はなく、
今回が初めてなんですってね。

 

餃子好きな人は全国各地にいますから、
今回の仙台での開催に喜んでいる
東北地方民はたくさんいると思います。

 

気になるフェスの開催日程は、
2017年9月14日(木)~18日(月・祝)
11:00~20:00

です。

5日間の開催となるので、
ぜひ都合の合う日を見つけて
参加してみてください!

 

会場はどこ?

「餃子フェス SENDAI 2017」が行われる会場は、
”榴岡(つつじがおか)公園”です。

私はここに行ったことはありませんが、
写真を見てみるとすごく大きくて綺麗な公園ですね!

駅からも近くアクセス良好で、
気軽に訪れやすい場所なのではないでしょうか。

 

◆榴岡公園

住所:宮城県仙台市宮城野区五輪1丁目
アクセス:
・電車→JR仙石線「榴ヶ岡駅」下車 徒歩3分
・バス→仙台駅18番旭ヶ丘駅行、鶴ヶ谷七丁目行、50番小鶴新田行、51番岩切行、「原町一丁目」下車

料金はいくらかかるの?

餃子フェス会場への入場料は無料です。

しかし、料理を食べるためには
1枚600円(税込)の食券を購入する必要があります。

 

食券を買って、
好きなお店で食事と交換する
というシステムですね。

ちなみに2016年は、
ドリンクとオフィシャルキッチンのみ
現金の使用が可能だったそうです。

 

食券は会場で購入することができ、
電子マネーを利用することもできるそうです。

 

決して「安い!」とは言えない価格ですが
(高いと感じる人もいるかも・・・)、

いろいろな餃子を食べることができるというのが
このフェスのポイントですね。

 

何人かの人と一緒に行って、
シェアしあうというのもいいかもしれません。

そうすればあまりお金をかけずとも、
複数の種類の餃子を楽しむことができます!

 

チケットは事前にローチケHMVでも購入することができるので、
チケットを当日買うのが面倒、早く食べたい!
という方はこちらで買っておくといいですよ★

並ばずに商品を購入できる、
ファストチケットも販売中です!

ローチケHMVはこちらからどうぞ↓
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

スポンサードリンク

どんなお店が出店するの?

2017年の出店店舗情報は
まだ出ていなかったのですが、
今年は女性目線の餃子を豊富に取りそろえるようです!

 

具体的には、
昨年大流行したパクチーを使ったもの、

どんな食材とも相性が良く、
好きだという人も多いチーズ

においが気になるニンニクやニラを使わないもの
などです。

 

さらに、食事の写真をインスタグラムなどに
アップする人が非常に多いですよね。

そういう人向けに、
見た目にもこだわった餃子も
販売するようです!

 

バラエティ豊かな餃子を
餃子フェスで楽しんできてくださいね♪

 

どんなお店が出店するかは、
餃子フェスの公式サイトにアップされると思います。

餃子フェス公式サイトはこちら↓
https://www.gyo-zafes.jp/

 

まとめ

今回は餃子フェス SENDAI 2017について
まとめてみました!

 

東北での餃子フェスは今回が初めてだということで、
かなりの人が訪れるのではないでしょうか?

しかも、3連休中に開催されるので、
土曜日~月曜日はかなり混雑すると予想されます。

もしかしたら、
東北旅行のついでに
餃子フェスにも参加するという方も
いらっしゃるかもしれませんね。

 

今回の仙台での餃子フェスが成功すれば
今後も東北での開催が期待できるのではないでしょうか?!

餃子フェスに興味がある方は、
ぜひこの機会に訪れてみてくださいね♪

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。