ネイサン・チェン(フィギュア)の身長や両親について!コーチや振付師も!

この記事は2分で読めます

こんにちは。

今日はいい天気で、
お散歩をするのにとてもいい感じです!

こんな日は外でのんびりと過ごしたいものです。
春物の服を買いに行くのもいいな~

やりたいことがたくさんあります!

 

さて、今回の話題はフィギュアスケートについてです!
現在四大陸選手権が開催されており、
昨日は三原舞依が優勝を決めましたね!
本日の男子フリーも楽しみです!

今回ご紹介するのは「ネイサン・チェン」選手です!
日本人選手のライバルになること間違いなしの選手ですが、
彼は一体どのような選手なのでしょうか?

スポンサードリンク

ネイサン・チェン プロフィール

名前:ネイサン・チェン

生年月日:1999年5月5日(17歳)

出身:アメリカ

身長:165cm

出典:フジスケ

チェン選手の両親は中国からの移民なので、
中国系アメリカ人ということになります。

今シーズン(2016‐2017)にシニアデビューしたばかりで、
4種類(4ルッツ、4フリップ、4サルコウ、4ループ)
の4回転ジャンプを跳ぶことが出来ます。

2016年のNHK杯では4フリップ‐3トウループのコンビネーションジャンプを
ISU公式大会において史上初の成功を決めています。

今男子フィギュアは「真四回転時代」と言われていますよね。
まだ若い選手なので、これからどこまで成長するのか
とても楽しみです!

 

経歴紹介

チェン選手は3歳からスケートを始めました。

一部ですが、これまでの戦績を以下にご紹介します。

2009‐2010
全米選手権 優勝(ノービス)

2010‐2011
全米選手権 優勝(ノービス)

2011‐2012
全米選手権 優勝(ジュニア)
ガルデナスプリング杯 優勝(ノービス)

2012‐2013
全米選手権 3位(ジュニア)
ジュニアグランプリシリーズオーストリア 優勝

2013‐2014
全米選手権 優勝(ジュニア)
世界ジュニア選手権 3位

2014‐2015
全米選手権 8位
世界ジュニア選手権 優勝

2015‐2016
全米選手権 3位
ジュニアグランプリファイナル 優勝

2016‐2017
全米選手権 優勝

優勝を果たした2016-2017シーズンの全米選手権では、
非公式記録ですが総合得点318.47点という
今シーズン世界最高得点を出しています。

パーソナルベストは以下の通りです。

トータル:282.85
ショートプログラム:103.12
フリー:197.55

ショートプログラムのベストは
今回の四大陸選手権で出したものです。
これはフリーも記録更新が期待できますね!
どんな演技を見せてくれるのかとても楽しみです!

出典:Twitter

現在多くのフィギュアファンから注目を集めている
ネイサン・チェン選手。
これからも見逃せない選手ですね!

スポンサードリンク

コーチや振付師は誰?

コーチはラファエル・アルトゥニアンさんと、
ナディア・カナエワさんです。

アルトゥニアンさんは
浅田真央選手やジェフリー・バトルさんの指導経験があり、
カナエワさんは振付師も担当しています。

もう一人の振付師はマリナ・ズエワさんです。
彼女は安藤美姫さんや中野友加里さんの振り付けを担当したことがあります。

これまでに実績を残した選手を指導してきた方から
指導されているということは、
チェン選手もまだまだ成績を伸ばしてきそうです!

 

まとめ

男子フィギュアは毎年話題が尽きませんね!
どんどん進化しているスポーツといった感じでしょうか。

次から次へと新星が現れるので、
どの大会も目が離させません。

世界のレベルがどんどん高くなっていっているので、
日本選手も置いて行かれないように頑張ってもらいたいです!

まずは今回の四大陸選手権、
チェン選手がこのまま優勝を決めるのか、
日本人選手が逆転優勝するのか
とても気になります!

頑張れ!ネイサン・チェン選手!!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。