七草粥の材料は何で代用できる?いつ食べるの?簡単に作れるレシピも!

この記事は3分で読めます

こんにちは。

 

寒い日が続きますが、風邪などひいていないでしょうか?

 

私は風邪かな?と思ったら

ただ眠いだけだったということがありました。

 

冬ってなぜかやたら眠くなるんですよね。

朝なんてなかなか起きられないし。

あれって何でなんでしょう?

 

それはまあさておき、本日1月7日は七草粥(がゆ)を食べる日ですね!

 

といっても食べたことがないのですが。。。

 

今って七草粥のセットが売っているみたいですが、

そもそも七草って普段食べない植物だし、

なんか抵抗ある・・・

って人は他にもいるんじゃないでしょうか?

 

なので今回は、どういったものが七草の代用にできるのか

調べてみました!

スポンサードリンク

そもそも七草って何?

七草粥を食べる理由って、

一年の無病息災を願うためなんですって!

 

七草といえば、

「春の七草」と「秋の七草」がありますが、

1月7日に食べるのは春の七草ですね。

 

その春の七草はこちら↓

・セリ ・ナズナ ・ゴギョウ

・ハコベラ ・ホトケノザ

・スズナ ・スズシロ

 

小さいころこれを覚えたって人もいるかと思います。

 

でもこれらって、普段食べることってないですよね?

そもそもこの時期以外に売っているところを見ないし、

むしろスーパーよりもその辺の道端で見かけるようなものです。

 

悪い言い方かもしれませんが、

「雑草」

というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

 

これらの代用には何が使えるのでしょうか?

 

七草の代わりに使えるもの

なぜ七草を食べるの?

先ほど七草粥を食べる意味は無病息災を願うためと

書きました。

 

そもそも七草粥を食べる風習が始まったのって

平安時代や室町時代って言われているんですよね。

 

それが現代までずーっと続いているんです。

 

ということは、少しくらい現代の食物に変えてもいいと思いませんか?

 

みなさんお粥を食べるときを想像してみてください。

大体お粥を食べるときって、病気の時じゃないですか?

 

つまり、お粥=胃に優しい食べ物

とされているんですね。

 

年末年始にご馳走をたくさん食べて疲れた胃を

七草粥で休ませてあげましょう

ってことなんだと思います。

 

あと、昔はおせち料理ってお正月に料理を作らなくても

いいようにするための保存食扱いだったので、

そのおせちでは取れない栄養素(ビタミンなど)を

補給するための意味もあると思います。

 

現代風はこれ!

というわけで私は、

 

春の七草が苦手or手に入らなければ、

身近な野菜を使えばいいじゃない。

 

という結論に至ったのです。

 

葉物野菜ってたくさんありますよね。

小松菜、ホウレンソウ、大根の葉、春菊、三つ葉

などなど、

好きなものを好きなだけ入れてしまえばいいと思います。

 

七草セットを買ってしまうのが一番楽ですが、

オリジナルを作る場合7種類も用意するのは大変ですからね。

 

大事なのは、七草粥は本来どういうものから作られていて、

どういう意味があって食べるのかを理解することだと思います。

スポンサードリンク

いつ食べるべき?

もともと七草粥は、前日の1月6日の夜に

材料となる七草の下ごしらえを始め、

当日(1月7日)の朝に食べていたそうです。

 

しかし、現在は人によって生活スタイルが様々なので

同じようにするのは難しいですよね。

 

なので、食べる時間はあまり気にしなくてもいいと思います。

 

そもそもこの慣習を今でもやっている人って、

どれくらいいるのでしょうか?

 

七草粥食べるぞー!っていう気持ちがあるだけでも

いいことだと思います。

 

七草粥って何?どの日に食べるの?

っていう人もきっといるでしょうしね。

 

簡単七草粥レシピ!

さて、七草粥のレシピについてですが、

普通のお粥を作るのとほぼ同じで、とても簡単にできますよ!

 

■材料

・ご飯 1杯分

・七草の代用野菜 80gくらい

・顆粒だし 小さじ1

・水  3カップ

 

七草の量はあまり気にしなくていいです。

お好みの量でOKです。

 

■作り方

1.鍋にご飯とだし、水を入れ、煮立たせる

2.代用野菜を塩ゆでにし、水気をしぼり、食べやすい大きさにカットする。

(面倒な時はレンジでチンでもOK)

3.1に2を加え、ひと煮立ちさせたら完成!

 

おだしがきいていて美味しいですよ~

 

まとめ

昔の慣習って忘れられていくものも多いですが、

食べることに関しては覚えている人が多いですよね(笑)

 

どんな慣習なのか、なぜこれをするのかという意味も含めて

後世に伝えていきたいですね。

 

アレンジしている場合は元々のものがなんなのかということも

忘れずに教えないといけないですね。

 

みなさんがこの一年、健康に過ごせますように!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。