母になる(ドラマ)の誘拐犯は誰?理由は?麻子(小池栄子)との関係は何?

この記事は3分で読めます

こんにちは。

 

4月も中旬に近づき、
春ドラマが続々とスタートします。

もうすでにスタートしているものもあれば、
月末にスタートするものもあり、

気になるドラマはいつからだっけ??
となってしまうんですが、
みなさんはそんなことありませんか?

 

春ドラマも冬ドラマに引き続き、
気になる作品がたくさんあります。

今回はミステリー要素を含んだものが
多いという印象です。

どんな謎が解き明かされていくのか、
とても楽しみです!

 

さて!今回の話題は
2017年4月12日から放送が始まる新ドラマ
「母になる」(水曜22時~日本テレビ)
についてです!

このドラマでは、沢尻エリカさんが主演を務めます。
沢尻さんが出ているドラマを見るのって
個人的にはすごく久しぶりです。

 

このドラマでは、なんと第1話から
沢尻さん演じる「結衣」と
藤木直人さん演じる「陽一」さんの息子、
「広」(吉武歓/道枝駿佑)が誘拐されてしまいます。

この誘拐犯は一体、誰なのでしょうか?

関連記事:母になるの子役の演技が棒過ぎて下手すぎる?

スポンサードリンク

母になるあらすじ

まずは母になるのあらすじを
さらっとまとめてみました。

 

書店員の結衣と大学非常勤講師の陽一が出会い、
二人は結婚。

子どもにも恵まれ、
息子の広と家族3人で幸せな生活を送っていた。

 

しかし、3歳になった広は、
幼稚園の帰り道で
何者かに誘拐されてしまう。

川で広の衣服が発見されるが、
広の姿はなかった・・・

 

9年後、結衣と陽一は離婚し、
結衣は広が生きていることを信じながら
一人で静かに暮らしていた。

そんなある日、
児童養護施設から結衣の元へ
広が見つかったとの連絡が入った。

 

しかし、広には母と慕う女性がおり、
結衣と広の間には心の距離があいていた・・・

 

この広が母と呼ぶ女性が
小池栄子さん演じる「門倉麻子」です。

彼女はいったい何者なのでしょうか?

スポンサードリンク

誘拐犯は誰?麻子との関係は?

麻子は一人暮らしをしており、
仕事を終えて帰ってきたところで
隣の部屋から小さな男の子の声を聴いた・・・

というシーンがあります。

 

ということは、隣の部屋の住人によって
誘拐されていた広を保護し、
7年間育て続けたということになりますよね。

 

この記事を書いているのはドラマの放送前なので、
詳しい経緯は分かりませんが、
なぜすぐに警察などに連絡をしなかったのでしょうか?

 

麻子は「どうしても母親になりたかった女性」
という紹介文があったので、
他人の子でもいいから、
子どもを育てたかったということでしょうか?

この辺のことは
ドラマが始まってみないと分かりませんね。

 

あらすじを見る限りでは、
麻子が誘拐したという感じではなさそうです。

もし保護したことを誰にも告げずに
育て続けたというのなら、
誘拐したのと同じような扱いになりそうですが。。。

 

誘拐犯がどのような理由で広を誘拐したのかも
気になりますよね。

現在分かっている登場人物の中に
犯人はいるのでしょうか?

まだまだ謎が多いので、
これからの展開に注目です。

 

※追記

ドラマを見ていたら、陽一の教え子である
怪しい学生(ワタライスズキ)が登場しましたね!
この人が犯人でした。

陽一に恨みがあっての犯行で、
最後は自殺という衝撃的な展開でした。

まさか第一話からこんなことになるなんて・・・
重すぎる・・・

 

まとめ

今回はドラマ「母になる」について
記事を書かせていただきました!

まだ始まったばかりのドラマなので、
謎が多いですね。

 

息子の誘拐という衝撃的なスタートで始まり、
母と子の失われた時間をどうやって取り戻していくのか?

という展開もどんな風になっていくのか
気になりますね。

 

誘拐されたのが3歳だと、
本当の両親と過ごした記憶はほとんどないだろうし、
育ての親が自分にとっての親だと
子どもは思ってしまうかもしれませんね。

 

小池さん演じる麻子は、
一体どんな気持ちで広を育ててきたのでしょうか?

そして、家族の運命を狂わせてしまった
誘拐犯は一体誰なのか?
一体何のために誘拐したのか?

 

ヒューマンドラマでありながら
ミステリー要素も含むドラマ「母になる」。

どんな結末を迎えるのか
とても楽しみです!

スポンサードリンク



この記事を読んだ方にオススメの記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。