ホンダ新型N-BOXの価格や燃費は?内装や乗り心地の感想まとめ!

この記事は10分で読めます

こんにちは。かっぱぺんぎんです!

 

みなさんは現在どのような車に乗っていますか?

我が家は今マニュアル車しかなく、
オートマ限定免許しか持っていない私は
車の運転が出来ないという状態・・・

 

せっかく免許を取ったのに
もう数年もまともに乗っておらず、
身分証明書としか機能していなかった免許証。。。

そろそろ貯金もたまってきたし、
新しい車が欲しい!という欲が出てきました。

 

そこで、今回は私の車の購入記録について
書いていきたいと思います!

※最初の方は日記みたいなものなので、
いらない人は読み飛ばしてくださいね。

スポンサードリンク

スライドドアの車が欲しい!

ダイハツとスズキで悩む

我が家で借りている駐車場は
決して広いとは言い難く、

場所によってはドアを開けるのが非常に
厳しいという状況であったため、
新しく買う車はスライドドア!
と決めていました。

 

また、維持費が安いからという理由で、
軽自動車を希望。

そこで最初に候補に挙がったのが
以下の車でした。

 

・ダイハツ タント
・スズキ スペーシア

 

軽自動車と言えばダイハツかスズキの
イメージだったので、
まずはこの二つに絞りました。

しかし、タントはそこらじゅうで見かけるので
「なんだかつまらない」
という理由で候補から外れることに。

 

そこで、スペーシアを見にスズキのディーラーへ。

そうしたら
「スペーシアの新車を買うなら、ソリオの方がいいですよ!」
と勧められました。
どちらも試乗をさせてもらいましたが、
一度ソリオに乗ってしまったら
スペーシアには戻れなくなってしまいました・・・

 

しかし、ソリオは値引き後の価格が
コミコミで約230万円。

予算は200万円だったので、
とりあえずスズキは保留に。。。

 

N-BOXとの出会い

車を買う!と決めてから、
よその車を観察する癖がついた私。

「あの色良いなー」
とか、

「あの車かっこいいなー」
とか思いながら観察していたある日。

 

「あの車スライドドアの軽じゃん!!」
これがN-BOXとの出会いでした。

ホンダの車はノーマークだったので、
N-BOXを見たときはびっくりしましたね~

日本で一番売れている軽なのに
知らなかったというのは、
かなりの勉強不足でした。。。

うちの近所では
ほとんど見かけなかったんですよね、N-BOX。
(タント率が圧倒的に高かったのです)

 

N-BOXの存在を知ってからの行動は早かった。
週末早速ホンダのディーラーへ行きました!

 

新型N-BOXとこれまでのN-BOXの違い

「N-BOX見せてください!」
的なノリでホンダのディーラーを訪れたところ、

「今日から新型の予約を受け付けているんですよ!」
とのお返事が。

 

軽で一番売れている車ということしか
知らずに訪れたので、
フルモデルチェンジした新型が
8月末に出るということを
この時知ったのです。

 

そこで説明してもらった、
新型N-BOXの特徴についてまとめてみました!

 

ターゲットは主婦!

新型N-BOXは、
主婦層をターゲットにして作られているとのこと。

確かにノーマルタイプは
やや曲線的になり、
顔も可愛らしい感じになりました。

ボディカラーも女性が好みそうな
優しい感じの色が多く、
内装もベージュ系で明るい感じです。

 

一方で、カスタムは
男性をターゲットにしている感じですね。

顔はキリっとしていて、
ボディカラーは濃い色が多く、
内装は黒系で統一されています。

 

スーパースライドシートを設置!

N-BOXのシートは、
ベンチシートとスーパースライドシート
の2種類があります。
(グレードによって仕様が違います)

このスーパースライドシートというのは、
助手席の座席が通常よりも後ろに下がるというもの!

 

このメリットは、
2列目に座っている人とコミュニケーションがとりやすくなったり
(チャイルドシートに座る子供をあやすときに便利)、

車外に一度出ることなく
1列目と2列目の移動が出来たりするということ。

主婦にとってはかなりありがたい機能なんじゃないかな~
と思います!

 

Honda SENSING搭載!

新型N-BOXは、
ホンダの軽自動車としては初の
ホンダセンシング搭載車
となります。

以下がその機能です。

 

・衝突軽減ブレーキ

・誤発進抑制機能

・歩行者事故軽減ステアリング
(歩行者の方へハンドルが曲がらないようにする機能)

・路外逸脱抑制機能

・ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
(車間を一定に保つ機能)

・LKAS(車線維持支援システム)

・先行車発進お知らせ機能

・標識認識機能

・後方誤発進抑制機能

・オートハイビーム

 

私のような運転が苦手な人にとっては
非常に嬉しい機能です。

出来ればこの機能のお世話になるような
危険な運転はしないようにしたいものです。

お守り代わりとしてついていると安心ですよね♪

 

グレードによっては、
ホンダセンシングを搭載しない仕様もあるとのことです。

 

その他の特徴

聞いた話だと、
新型N-BOXは他に以下のような特徴があるとのことです。

 

・ボディーが硬い!普通車基準の強度!
→日本の車で一番硬いボディーだそうです

・シートが分厚い!
→乗り心地が改善されているそうです

・走っているときの音が静か

・軽自動車のわりに走りがパワフル
(70か80キロくらいまでは、
普通車よりも早く加速するそうです)

 

 

私は車の知識がほとんどない素人なので、
もしかしたら実際の意味とは異なって解釈しているかもしれません。

なんとなくこんな感じなんだ
くらいで受け取ってもらえれば幸いです。

 

さらにノーマルとカスタムでは、
外観の見た目以外に以下のような違いがあります。
(個人的に見つけたもの)

・メーターのデザイン

・シートの素材

・ホイールの大きさと素材
→ノーマルは14インチスチール、カスタムターボは15インチアルミ
(カスタムターボなしは14インチアルミだそうです)

・オートエアコン(カスタムのみ)

・スピーカー数
→ノーマルは4、カスタムは8

・フォグランプの有無(カスタムのみ有)

 

シートヒーターは、
どちらも4WDのみについています。

スポンサードリンク

価格はどれくらい?値引きは?

ノーマルとカスタムでは、約20万円の価格差があります。

ノーマルが約140~175万円(税込)で、
カスタムが約170~200万円(税込)です。

※2WDの場合、4WDは+15万円くらい。

ツートンカラーは+5万円くらいです。

 

値引きは発売から半年くらいは難しいと言われました。

例えば、コミコミで182万円だった場合、
180万ピッタリにするのが限界だそうです。

まあ、新車だから仕方ないか~

 

オプションを付けたら
ノーマルでも200万円くらいになりそうですね。

安全装置が充実しているとはいえ、
軽自動車ってこんなにするのね・・・

 

燃費はどれくらいなの?

燃費に関する情報は以下の通りでした。

NAモデル27.0km/L
ターボモデル25.6km/L

 

旧型がNAモデル25.6km/L、
ターボモデル23.8km/Lなので、

80kgの減量に成功したということもあって
燃費は向上しているようです!

 

ただ、スペーシアなど、
他のメーカーの軽と比べるとやや劣るようです。

あとは運転する人次第ですかね。
実燃費がどれくらいになるのか楽しみです!

 

納車時期はいつ?

新型N-BOXは2017年8月31日発売で、
現時点(2017年7月10日)では
納車は最速で9月1週目とのことでした。

とはいえ、この最速の納車もあと1枠で、
次が2週目の2枠と、
1週間ずつずれていくようです。

 

今はまだ発売前であり、
予約受付が始まったばかりなので、
すぐに購入すれば2~3ヵ月で納車できそうです。

 

ただ、今回の新型N-BOXは
クローズドの試乗の段階でかなり評判がいいらしく、
ホンダの社員さんも

「これは売れる!!」

と、かなり自信があるそうです。

 

フルモデルチェンジなので
不具合が出ないか少し不安はありますが、
発売後に問題がなければ
かなり売れそうですよね!

そうなると納車時期もかなり遅くなりそうです。

 

ホンダはひと月の注文受付数が
県ごとに割り当てられているそうなので、

割り当ての数に対して購入希望者が多い県は
納車時期が遅くなるかもしれませんね。

 

※2017年10月8日追記

現時点での納車時期は、
年内は厳しいかもといった感じらしいです。

最短で3ヶ月位ですかね?
購入を考えている方は早めに申し込んだほうが良さそうです!

 

実際に購入してみた感想

新車を実物を見もせず、試乗もせず購入するのは、
私にとってなかなか勇気がいることなのですが、
新型N-BOXはかなり良さそうだということを信じて
購入を決めました!

 

見積もりなどが出ましたら、
追記したいと思います。

 

購入を決めたタイプ

購入する予定のものは
ノーマルタイプのG・EXターボです。

見た目はカスタムの方が好みなのですが、
+20万円出してカスタムにするのなら、
そのお金でオプションを付けようという結果に至りました。

(あと気に入ったカラーがカスタムにはなかった・・・)

 

ターボにすると燃費は悪くなりますが、
どうせ週末の街乗りがほとんどだし、
少しでもパワーがある方がいいよねってことで採用。

 

コミコミで200万円になんとか抑えたいものです。
9月中に納車されるといいな~!!

 

見積もりの結果と値引きについて

モータースから購入することにし、
見積もりをいただきました。

車体+オプション等で
約205万円。

 

希望ナンバーはなしにしたので、
ここから約1万円を引いて
約204万円になりました。

 

コメントで
「最低10万円の値引きを約束してもらえた!」
という方がいましたが、

私の場合は200万円ちょうどにできるかどうか
というところだそう。

もし200万円ぴったりになったら、
約4万円の値引きですね。

 

まさか軽で200万円払うことになるとは、
1ヵ月前は思いもしませんでしたね~

時代は変わったもんだ。。。

 

 

また、オプションで
コーナーセンサーを付けたかったのですが、
ホンダセンシング搭載車には
付けられない
とのこと。

実家の車がコーナーセンサーつけてて、
すごく便利そうだったのになあ。。。

残念すぎる。。。

 

ホンダセンシングって
近くに何か物があったときどう反応してくれるんだろう。

これは乗ってからのお楽しみ(?)
ということになりそうです。

 

納車時期

車が入ってくるのは9月1日なのだそうですが、
手続きの関係で、
納車できるのが9月10日ごろになりそう
との説明を受けました。

車買うのって大変ですね・・・

 

 

乗ってみた感想!

ついに新型N-BOXが我が家にやってきました!
早速乗ってみたので、その感想を書いていきたいと思います。

 

良かった点

◆中が広い

最初に車内に乗り込んでみて思ったのは
「広い!!」ということ。

身長約150cmの私の場合、
少し背を曲げれば十分立つことができます。

 

また、前後のシートの位置にもよると思いますが、
納車されたばかりの状態では
後部座席で足を伸ばすことができ、
快適に座ることができました。

 

そして、スーパースライドシートによって
前後の席の移動が楽々です。

外に出ることなく車内の移動ができるのは、
特に雨の日だとそのありがたみが分かりました。
(納車日が雨だったので・・・)

 

運転席と助手席はフルフラットまではいかないけれど、
かなり倒れるので車中泊もできそうです。

 

◆加速が良い!

購入前に受けた説明通り、
加速が非常にスムーズで
スピードを出している感じがあまりないです。

うちの場合はターボ付きということもあるかもしれませんが、
山道もすいすい上ることができました。

 

走っているときの音もほとんどなく、
非常に静かなのも良かったです。

ブレーキもよく効いて、
停車も問題ありません。

 

◆メーターなどが見やすい!

以前のN-BOXは、
メーターが運転席からしか見えないような
筒状で、奥行のあるデザインだったと思いますが、

新型N-BOXは助手席からも見ることができるくらい
オープンで見やすいデザインになっていました。

 

また、メーターの横にナビや標識の簡易的なガイドが表示されるので、
ナビ本体を見なくても良く、
少ない目線移動でチェックできるのが良かったです。

かっぱぺんぎん
実家では普通車ばかりだったから軽自動車のことをよく知らなかったけれど、
新型N-BOXは乗り心地良く、小回りも利いて運転もしやすい!
良い車だと思います!

 

 

惜しかった点

◆収納が少ない&狭い

これは軽自動車だからというのもあると思いますが、
収納の狭さが特に気になりました。

車検証とかユーザーマニュアルって
助手席前にある収納スペースに入れるものだと
思っていたのですが、ここに入らない!!

車検証やマニュアルなど一式を
ブックカバーのようなものに
まとめて入れてもらったのですが、
これが入らなかったのはショックでした・・・

必要なものだけを取り出せば入るのかもしれませんが、
せっかく綺麗にまとめてもらったのになー
と思うと残念でならない・・・

 

そしてこれ以上広い収納スペースがあるわけではないので、
どこに保管するべきか迷い中。。。

 

※2017年9月19日追記
グローブボックス内にある謎の物体の位置を変えてみたら、
車検証・説明書一式がぴったり収納することができました!

良かった~

 

また、助手席の正面に小物を置けるスペースがあり、
広い部分と狭い部分で仕切られているのですが、
ここにティッシュケースを置こうとしたら
仕切りからはみ出る・・・

用意したティッシュが悪かったのか、
そもそもティッシュケースのための仕切りではないのか
分かりませんが、地味に残念。

 

あと、運転席のシートの後ろに
ビニール袋を引っかけることができるフックが一つありますが、
簡易的な机は新型にはありません。(前のN-BOXにはあった気がする)

助手席のシートの後ろにはフックすらありません。

現時点では後部座席を使わないのでいいのですが、
前はあった(気がする)のになんでなくしたんだろー?
と疑問。

 

◆ヘッドレストが傾きすぎ!

ちびな私がヘッドレストを一番低くした状態で座ると、
首がぐいっと前に押され、座り心地最悪です。

高さを変えてみたり、前後を逆にしてみたりしましたが
違和感がありすぎました。

 

試行錯誤した結果、
少しヘッドレストを上げ、隙間にタオルを詰め込むことで
快適な座り心地を手に入れることができました。

 

安全性を考慮した結果の構造とは分かっていても、
普段からあのヘッドレストの角度は
きついです。。。

そしてチビには適切な位置に持っていくのが
難しい・・・
ちなみに、後部座席のヘッドレストは
特に気にならなかったです。

 

うさたん

収納に数や広さを求める人には向いていないかも。
車検証&マニュアルセットどうしようかな・・・

ヘッドレストは他の車でも悩んでいる人が多いみたいだね。
安全のためとはいえ、あの角度はどうにかならないのかな~

その他気づいたこと

◆カーナビについて

純正の安いカーナビ(パナソニックじゃない方)を付けましたが、
操作が若干分かりにくいです。

 

また、ヤフーの無料ナビアプリと比較してみると、
やや遠回りの道を指定されます。

あと、到着予定時間が遅めに表示されます。
20分くらいずれがありましたね。
※こちらがスピード違反になるような速度で
走っているわけではありません。

 

太陽フレア騒動があった時期なので、
これが影響しているかどうかは不明。

 

◆シートについて

シートは厚みがあり、長時間乗っていても
疲れを感じることはほとんどありませんでした。

素材はアットホームな感じで、
高級感はないですね。(安っぽくもないですが)

ファミリー向けならこれで十分って感じです。

 

◆揺れについて

助手席、後部座席共に走行中の車の揺れは
特に気になりませんでした。

軽自動車って揺れるイメージがあったので、
これなら合格点ですね。

N-BOXのような形状の車だと
風に煽られるのが心配ですが、
こちらはまだ検証できておらず・・・

現時点では風による影響は感じてません。

 

◆ホンダセンシングについて

車道を走る自転車などをよけるときに
センターラインからはみ出ることがあったのですが、
「ピピピ」と音が鳴って
はみ出しを教えてくれました。

「おお、ホンダセンシング仕事してる!」
と、感動しましたね(笑)

 

ホンダセンシングは機能ごとにON・OFFのスイッチが
プッシュスタートボタンの近くにあります。

誤作動などの不具合は今のところありません。

 

燃費について

車に表示される燃費の仕組みがよく分かりませんが、
走れば走るほど表示の燃費が上がっていきました。

・納車されたばかりのころ→5km/L
・走行距離100km→13km/L
・走行距離200km→15km/L

 

あとガソリンが3分の2くらいあるので、
まだ伸びそうかな?

カタログ燃費が25.6km/Lなので、
20km/L超えたいですねー。

 

ちなみに、200kmまで走ったこれまでの走行条件は、
・エアコンON
・信号が少ない田舎道。時々山あり。
・外の気温28~30℃くらい

今回はとにかくドライブがしたくて
田舎の方ばかり走っていましたが、
信号の多い街中心になるとまた変わりそうですね。

 

とりあえず、ガソリンの残量がギリギリになるころには
燃費がいくつになっているのか気になるところです。

 

※2017年10月8日追記
現在400kmほど走りましたが、
ガソリン給油までの平均燃費は16.9km/Lでした。

街乗りしているとなかなか伸びませんね。。。
運転者の技術の問題もあると思いますが、
もうちょっと良くなるといいなー。

 

かっぱぺんぎん
総合的な評価としては、
”非常に良い車”です!ホンダが自信作と言うのも納得!
まだ納車されたばかりなので、今後いろいろと思うことがあるかもしれないけれど
現時点では良い買い物をしたと思っています!
うさたん

新車に乗るのが約10年ぶりということもあり、
現在の車の進化には驚かされっぱなしだったね!

タイヤの向きが分かる表示は便利すぎる・・・!
バック駐車がめちゃくちゃ簡単にできてびっくりだよ・・・

かっぱぺんぎん
ドライブが楽しくなるな~♪


車買取サポーターの無料査定申込みプロモーション / エイド株式会社

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • かみちゃん
    • 2017年 7月13日

    初めまして((。´・ω・)。´_ _))ペコリ値引きの件ですが私はカスタムのターボEXの4WDパールホワイトとブラックの2トーンを予約しましたが、値引きは最低ラインでも10万は値引きします。と約束してくれました。ホンダディーラーではないですが
    交渉次第ではそれ位の値引きは可能かもしれませんよ?少しでも安くなると良いかなと思いコメントさせて頂きました((。´・ω・)。´_ _))ペコリ

    • かみちゃん
    • 2017年 7月13日

    因みに補足ですが、カスタムでもターボは15インチアルミ ターボ無しは14インチのアルミになるようです。純正カーナビは、メーカーオプションには無くディーラーオプションになるようですね!

      • かっぱぺんぎん
      • 2017年 7月13日

      かみちゃんさんコメントありがとうございます。
      補足までしていただき感謝です!

      最低10万円の値引きはすごいですね!
      良いお店で購入できて羨ましいです。

      私も結局ホンダディーラー以外で予約をすることにし、
      明日見積もり書をいただく予定です。

      少しでも安くなるように交渉頑張ってみます!(*‘∀‘)

        • かみちゃん
        • 2017年 7月14日

        こんばんは!少しでも安くなると良いですね(`・ω・´)キリッ頑張って下さいファイトー!ヾ(  ̄0)乂(0 ̄ )/イッパーツ!

        因みに聞いた話ですが、ツートンと単色は、生産ラインが違うらしく、ツートンのが、納車早いと聞きました。

    • ツカヤン
    • 2017年 9月12日

    新型N-BOX購入おめでとうございます。 当方 スペーシアカスタム ターボ 3年目です。
    N-BOXはホンダセンシングという安全装置と燃費が、私も気になっております。
    ターボ付きでL=15Kということで、これが20Kまで伸びるのか興味あるところです。
    スペーシアカスタムターボは 最低13K 最高21Kで、今年の夏は冷房を最大にしていたせいで
    L=14~15Kあたりでした。燃費に関しては、あまり変わりませんね、ホンダセンシングの 前車追従式オートクルーズは30kでキャンセルされるそうで
    街中では、あまり使えないと思いますが、 高速では、ありがたみが大だと思いますが、どんな感じでしょうか?
    後を追って、発売されるスペーシアも、当然、追従式オートクルーズは装備されるとは思いますが、30kでキャンセルよりも進んだ、全車速対応式だと一般道でも使えて便利になるでしょうね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。