カレン・チェン(フィギュアスケート)の身長やコーチは?家族情報も!

この記事は3分で読めます

こんにちは。

今日はおやつにプリングルズの
サルサ味というものを食べてみました。

美味しかったのですが、結構スパイシーで
たまに喉にくることがあります。
飲み物を飲みながらだと大丈夫!

みなさんも興味があれば食べてみてください。
期間限定商品らしいです。

 

さて、今回の話題はフィギュアスケートについてです!
2017年2月16日から四大陸選手権が始まります。
今までにも注目選手を紹介させていただきましたが、
この記事で紹介させていただくのは「カレン・チェン」選手です!

他の選手に関する記事はこちら!↓
ガブリエルデールマン

ケイトリン・オズモンド

マライア・ベル

エリザベート・トゥルシンバエワ

エフゲニア・メドベージェワ

アンナ・ポゴリラヤ

マリア・ソツコワ

彼女は一体どのような選手なのでしょうか?

スポンサードリンク

カレン・チェン プロフィール

名前:カレン・チェン

生年月日:1999年8月16日(17歳)

出身:アメリカ

身長:151cm

出典:フジスケ

チェン選手は4歳からスケートを始め、
2015‐2016シーズンにシニアへ転向しました。

フィギュアの選手は幼いころからスケートを始めている方が多いですね!
やはり経験の長さが強みとなっているのでしょうか。

まだ若い選手なので、今後どこまで成長するのか楽しみです!

 

経歴紹介

チェン選手の主な成績について
一部ですがご紹介したいと思います。

2011‐2012
全米選手権 優勝(ノービス)

2012‐2013
全米選手権 4位(ジュニア)
ガルデナスプリング杯 優勝(ノービス)

2013‐2014
世界ジュニア選手権 9位

2014‐2015
全米選手権 3位
世界ジュニア選手権 8位

2015‐2016
全米選手権 8位
四大陸選手権 12位

2016‐2017
全米選手権 優勝
グランプリシリーズNHK杯 6位

2013‐2014シーズンの全米選手権は
足首の怪我のために棄権しています。

昨シーズンから今シーズン前半までは
スケート靴が合わないという問題を抱えていましたが、
今シーズンの全米選手権で見事優勝を果たしています。

 

パーソナルベストは
トータル:179.39
ショートプログラム:64.46
フリー:121.11
であり、トータルとフリーは2016年の大会で
ベストを更新しています。

今年1月の全米選手権では非公式記録ではありますが、
トータル214.22点を出しました。

この調子で四大陸選手権に臨めば、
さらに素晴らしい演技を見せてくれるのではないかと
期待ができる選手です。

スポンサードリンク

コーチや振付師は誰?

コーチはタミー・ギャンビルさんと、
ヴァンサン・レステンクールさんです。
アメリカの選手を中心に指導している方のようです。

振付師はジョナサン・カサーさんです。
彼は元シングルの選手だったそうです。

注目選手として名前が挙がる選手のコーチや振付師って、
メダルを何度も獲得したことのある選手の指導を行ったことがある
という人がほとんどですが
チェン選手の場合はそうではないようですね。
(もし間違っていたらごめんなさい)

チェン選手が今後も活躍を続ければ、
アメリカ以外の選手の指導も行うようになるかもしれませんね!
(もしすでに行っていたらごめんなさい。私の知識不足です。)

 

両親や家族について

カレン・チェン選手のご両親は台湾出身なんですって!
アジアっぽい顔立ちと名前だな~と思ったら
そういうことだったんですね!

同じく今シーズンの全米選手権で優勝を果たした
男子シングルのネイサン・チェン選手と兄弟なの?
と思いましたが、どうやら違うようです。

 

 

出典:Twitter

↑こちらがカレン・チェン選手。
まだ少女の面影が残る容姿ですね。
アジアン・ビューティーという感じなので、
今後は大人っぽくなっていく容姿にも注目です!

 

まとめ

アメリカにこのような将来有望な選手がまだいたなんて!
今活躍されている選手って、
まだまだ伸びしろがたくさんある方ばかりですよね。

どこまで成長していくのかがとても楽しみです!

カレン・チェン選手はスケート靴が足に合わないという問題を
抱えているとの情報がありましたが、
四大陸選手権ではその問題がクリアされているのか気になりますね。

最高のコンディションで、最高の演技をしてもらいたいです!

頑張れ!カレン・チェン選手!!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。