台風22号2017東海地方上陸の可能性や進路は?最新米軍予想も!

この記事は3分で読めます

こんにちは!かっぱぺんぎんです。

 

 

気がつけば10月もあと1週間で終わりですねー
つい最近夏が終わった気がするのに、
もう冬が近づいてくるとは。。。

私が寒いの苦手というのもあるかもしれませんが、
1年って暑いと感じる時期よりも
寒いと感じる時期のほうが長い気がする。

 

現時点でもかなり寒く感じるのですが、
雪が降るレベルの寒さになったら
もう冬眠してしまいたい(笑)

そう思ってしまうくらい、私にとって
冬という季節は苦手なものなのです。

 

さて!今回の話題は、
台風22号についてです!

台風21号がやっと過ぎ去り、
これで穏やかな日常に戻れると思ったのも束の間、
早くも台風22号のたまごが出来たとの情報が!!

 

何・・・だと・・・

と思わざるを得ない。

今年の台風はまだ終わっていなかったのか。

 

この台風の進路や、
東海地方に与えると予想される影響について
まとめてみました!

スポンサードリンク

台風22号について

今回発生した台風22号に関する基本情報は
以下の通りです。

名前:SAOLA(サオラー)
進行方向:北
速さ:20km/h
中心気圧:975hPa
最大風速:中心付近で30m/s
最大瞬間風速:45m/s

 

ちなみにサオラーとは、
ウシ科の動物「ベトナムレイヨウ」
のことを示しており、

もともとのサオラーの意味自体は
ベトナムのタイ族の言語で「紡錘形」
なんですって!

角の形からこの名前がついたと言われています。

 

この名前を聞いてレスリングの吉田沙保里選手を
思い浮かべた方もいるようですが、
彼女のように強い台風になってもらうのは
困る。。。


出典:Twitter

 

熱帯低気圧のたまご状態から注目されていましたが、
ついに台風になってしまいました。

 

2017年10月28日午前10時現在は
那覇市の南南東約70kmに位置しています。

 

今後もこの台風情報には要注意です!

進路などもチェックしてみましょう!

 

進路予想は?東海地方への影響は?

以下が米軍予想の台風進路図です。

出典:米軍予想

 

出典:Twitter

現在の進路予想だと、
日本列島の中心部に食い込むようなコースになっていますね。

もしもこの通りに台風が来たら
東海地方に上陸する可能性もあります。

予報円が大きくかぶると想定される
愛知・静岡あたりは特に要注意です。

 

もしもこの台風が発達して
日本に接近する場合、
東海地方への最接近は10月30日頃になりそうです。

また週末にくるのか・・・

 

ちなみに現時点の週末の天気予報は、
雨となっています。

今後の台風の進路次第では、
天気にも大きな変化が出るでしょうね。

 

29日朝までの降水量は
100ミリと予想されています。

また、暴風は29日昼から30日未明まで、
大雨は29日朝から30日未明まで
警戒した方がいいでしょう。

 

今年の台風は週末接近率が
以上に高い気がする・・・

 

できれば進路を大きく外れて、
日本に影響が出ないといいんですけどね。

今後も台風情報は要チェックです!

スポンサードリンク

まとめ

今回は東海地方における
台風22号の影響についてまとめてみました!

 

まさか10月の終わりに
立て続けに台風が発生するとは・・・

東海地方は台風21号がきた時に
かなりの大雨に見舞われたので、
できれば22号の接近・直撃は避けたいところですね。

 

最新情報が分かり次第随時更新します。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方にオススメの記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。