湯~とぴあ宝(スーパー銭湯)の混雑状況や料金は?営業時間や駐車場情報!

この記事は3分で読めます

こんにちは。

みなさんは銭湯って好きですか?
今「せんとう」って打ったら「戦闘」って変換されましたよ。
全然違う意味になっちゃう(笑)

それはさておき、私はあんまり銭湯に行ったことがありません。
近所にないから行く機会がないというだけですが。

銭湯ってお風呂に入る場所というイメージでしたが、
最近の「スーパー」銭湯はいろいろなことができるんですってね!
中にはスーパー銭湯で一日過ごせるという人もいるんだとか。

今回はそんなスーパー銭湯の中から「湯~とぴあ宝」についてご紹介します!
ここは2017年2月3日に放送される「PS純金」(金曜夜7時~中京テレビ)でピックアップされます。

いったいどんなところなのか見てみましょう!

スポンサードリンク

湯~とぴあ宝について

湯~とぴあ宝は名古屋市にあるスーパー銭湯です。
公式サイトでは「スパリゾート」と書かれています。

お風呂は30種類、サウナは8種類もあり、
この辺りでは最大級の規模を誇ります。

入浴施設以外も充実しており、

・映画
・カラオケ
・図書館(マンガ・雑誌)
・ゲームコーナー
・麻雀
・卓球
・フィットネス
・食事 など

↑これらを楽しむことが出来ます!
日替わりイベントも開催されており、
特に1枚200円で参加できるビンゴゲームは豪華な景品もあり
大人気のイベントです。

詳しくは公式サイトをチェックしてみてください↓
湯~とぴあ宝公式サイト

 

営業日時はいつ?

営業時間は年中無休の24時間営業です。
ただし、施設によっては営業時間が限定されているところがあり、
お風呂は清掃時間中は入れません。

詳細は公式サイトをご覧ください。

スポンサードリンク

利用料金はいくら?

入館料は日や時間によって異なります。
自分のスケジュールに合ったプランを利用しましょう!

通常プラン

◆通常終日(6:00~深夜2:00)
・大人(13歳~)平日 1,760円/土日祝 1,980円
・小人(4~12歳) 580円
・幼児(~3歳) 無料

◆夕方お得タイム(17:00~深夜2:00)
・大人(13歳~)平日 880円/土日祝 990円
・小人(4~12歳) 480円
・幼児(~3歳) 無料

◆深夜割増料金(深夜2:00~)

・大人(13歳~) 1,840円
・小人(4~12歳) 1,840円
・幼児(~3歳) 無料

通常プランの場合はタオルと館内着がセットになっています。(小人は+320円で利用可)
深夜2時以降も利用する場合は、
通常終日料金または夕方お得タイム料金に深夜料金がプラスされます。

 

朝風呂タイム

AM6:00~AM11:00の間に利用した場合に適用されるプランです。
タオル、館内着はセットになっていないのでご注意を。

・大人 650円
・子供 480円

料金は平日、土日祝で一緒です。
11:00以降も滞在した場合は追加料金がかかります。

 

平日限定お昼寝タイム

午後に少しだけゆっくりとしたいという方向けのプランです。
適用時間はAM11:00~PM16:00で、
こちらもタオルと館内着はセットになっていません。

・大人 780円
・子供 480円

16:00以降も滞在した場合は追加料金がかかります。

 

他にも割引などが使える場合があるので、
詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

混雑状況について

湯~とぴあ宝は特別混雑しているという口コミはありませんでした。
ただ、休日は図書館の利用者が多いようです。
おそらく無料でマンガが読めるからでしょうね。

また、お食事処である「おたから亭」ではイベントが行われるので、
食事で混む時間を外しても、今度はイベント参加者で埋まるようです。

空いているときにご飯が食べたいという場合は
イベントが行われる時間をチェックしておいた方がいいでしょう。

 

駐車場やアクセスについて

湯~とぴあ宝は無料駐車場500台が完備されており、
24時間駐車も可能です。

また、JR笠寺駅から徒歩7分
金山駅からの無料送迎バス(約30分)もあるので、
アクセスはいいと思います。

湯~とぴあ宝住所:名古屋市南区前浜通1-9

まとめ

今どきのスーパー銭湯ってすごいんですね!
まさかこんなにも施設が充実しているとは思いませんでした。

お風呂に入るのが好きで、のんびりゴロゴロしたいという人には
最高の場所ですよね。

PS純金では200円ですき焼き定食が食べられると紹介されていましたよね。
探せばまだまだお得なサービスがあるんじゃないかと思いました。

みなさんもぜひ一度、湯~とぴあ宝に行ってみてはどうでしょうか?

 

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。