アンナ・ポゴリラヤ(フィギュア)のコーチや振付師は誰?身長や成績も!

この記事は3分で読めます

こんにちは。

 

今日は最高気温が20度近くまで
上がると聞いていたのですが、

いまいち暖かさを感じない。
むしろ寒い!!

最低気温は5℃を下回るそうなので、
これからもっと冷えるんだろうなぁ・・・

 

いつになったら春の陽気になるのか!!

寒いのが苦手なので、
暖かくなる日が待ち遠しいです。

 

さて!今回の話題は
フィギュアスケート世界選手権2017
に出場する

「アンナ・ポゴリラヤ」選手についてです!
他の出場選手に関する記事はこちら!↓
ガブリエルデールマン

ケイトリン・オズモンド

カレン・チェン

マライア・ベル

エリザベート・トゥルシンバエワ

エフゲニア・メドベージェワ

マリア・ソツコワ

 

ポゴリラヤ選手は一体どのような人物なのでしょうか?
調べてみました!

スポンサードリンク

アンナ・ポゴリラヤ プロフィール

名前:アンナ・アレクセーエヴナ・ポゴリラヤ

生年月日:1998年4月10日(18歳)※2017年3月時点

出身:ロシア

身長:167cm

出典:Wikipedia

ロシアの選手は実力者が多いですが、
ポゴリラヤ選手は技術だけでなく、
表現力にも長けているのが強みです。

身長が高い分手足も長く、
観客の目をくぎ付けにする魅力を持っています。

10代とは思えないくらいの
大人びた顔立ちで美人ですよね!


出典:Twitter

 

経歴

ポゴリラヤ選手は2002年から
スケートを始めました。

2009年にはスポーツをしている子供が発症しやすい
オスグッド・シュラッター病という
骨軟骨炎を患いました。

 

その後は順調に実力をつけていき、
2015‐2016シーズンには世界選手権で
3位入賞を果たしました。

 

病気を乗り越えて、
ここまで成長するなんてすごいですよね!

きっとかなりの努力をしたんだろうと思います。
次に、ポゴリラヤ選手の主な成績を
まとめてみました!

スポンサードリンク

主な成績

2010‐2011
ロシアジュニア選手権 15位

 

2011‐2012
ロシアジュニア選手権 13位

 

2012‐2013
ロシア選手権 5位
世界ジュニア選手権 3位
ロシアジュニア選手権 6位
ジュニアグランプリファイナル 3位

 

2013‐2014
世界選手権 4位
ロシア選手権 8位
グランプリファイナル 6位

 

2014‐2015
世界選手権 13位
欧州選手権 3位
ロシア選手権 4位
グランプリファイナル 4位

 

2015‐2016
世界選手権 3位
欧州選手権 3位
ロシア選手権 3位

2016‐2017
欧州選手権 2位
ロシア選手権 4位
グランプリファイナル 3位

 

ロシアにはメドベージェワ選手という
強力なライバルがいるため、

優勝まであと一歩届かずという感じで
もどかしい思いをしているのではないでしょうか。

 

今シーズンはパーソナルベストを
更新しているので、
世界女王になる可能性は
まだ十分にあります。

世界選手権での活躍が楽しみです!

 

コーチと振付師は誰?

ポゴリラヤ選手のコーチは
アンナ・ツァレヴァ氏です。

ポゴリラヤ選手のコーチが怖い!!
ということは
以前から話題になっていましたね。

 

他の選手の指導は行っていないのか?
と思い調べてみたところ、
所属するスケートクラブでは多数の教え子
がいるようですが、

もっとも有名な教え子がポゴリラヤ選手
ということらしいです。

 

振付師は、ニコライ・モロゾフ氏と
ミーシャ・ジー氏です。

ニコライ・モロゾフ氏は
安藤美姫選手など
多数の名スケーターを育て上げたことで
有名ですよね!

 

ミーシャ・ジー氏は現役の
男子シングルの選手で、
自分自身の振り付けも行っていることで
有名です。

2016‐2017シーズンは
ポゴリラヤ選手のショートプログラムの振り付けを
担当しました。

 

名指導者によって作り上げられた
プログラムが
ポゴリラヤ選手によってどう表現されるのか
注目ですね!

 

まとめ

今回はフィギュアスケートの
アンナ・ポゴリラヤ選手について書いてみました。

 

ロシアは世界でもトップレベルの選手が
大勢いますが、
その中の一人がポゴリラヤ選手です。

高い技術力と表現力で
今も成長を続けています。

 

2017年の世界選手権では
どのような演技を見せてくれるのか
とても楽しみです!

 

アンナ・ポゴリラヤ選手の
今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます!

スポンサードリンク



この記事を読んだ方にオススメの記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。